2015年7月6日月曜日

ポエトリー アグネスの詩・最高の人生・摩天楼を夢みて・シーオブラブ・波、返し縫い

3/16

13時起床。
相原君がDVDを返しに来る。どうせ明日会うから無理しなくていいのに...。
昼食に100円のレトルトカレーを食べる。
メール連絡。
支払い、税務署、業務スーパーなど回りホルンへ。掃除、仕込みなど。
ナツも来てメニューの作業などする。
18時頃終了。
あゆみ、TSUTAYA、SEIYUなど回り帰宅、夕食。
瀬川君から昨日の録音が送られてくる。
創一君から電話でお誘いあり、急遽編集したCD-R "HOSOYA HOUSE"持参で細谷邸へ。
3時前まで楽しく歓談し帰宅。

**********

3/17

10時起床、即出勤。
防災会議の余波が今日も続いており昼は賑やか。
今日は外国人多く、アルゼンチン人の皆さんが、店内でかけていたAlmendraに大喜びして大合唱するさまは感動的だった。
ランチタイム過ぎは静か。パチーノ本読了し、蓮實を読む。
マヘル30周年を観に来たという方がご来店。
16:30創一君、相原君と一路山形へ出発。
18:30頃若干遅刻気味でフォーラム着、ちょうど上映が始まったところだった。場内は満席のため補助椅子を出してもらう。「ポエトリー」をフィルムで観る至福に浸る。
上映終了後、つげ忠男の漫画から抜け出てきたような、あるいは原田芳雄のような風貌のイ・チャンドンが、司会の林海象、通訳のヒ・ヨンリと共に登壇。あのイ・チャンドンが目の前に居るというだけで、どんなライブを観るよりも興奮する。
感動のうちに22時過ぎフォーラムを後にし、創一君のVHSデッキを探しに「お宝中古市場(おたちゅう)」に寄るが惨敗、さっさと仙台へ戻る。
0時頃ホルン着、興奮冷めやらず、コーヒー飲みしばし歓談。
3時前に散会。
遅い夕食を取り帰宅、即寝。

**********

3/18

10時前に起床。
今日もまずまず昼は忙しい。
夕方ナツ早退け。
大久君ご来店。
本儀さんご来店。
メール連絡。
閉店、帰宅。
夕食。
七針のアレンジ、大野さんとの共作「火火火」の仕上げとデモ録音達成。
作業終わって気付いたら外はどしゃ降り。
メール連絡。

**********

3/19

10時半起床、業務スーパー経由で出勤。
昼はまずまず。
ランチタイム過ぎ静かになり早退け。
ネットカフェでメール連絡、楽譜送信などまとめてやっておく。
イービーンズのレコード市覗き、郵便屋さんと行き会う。
SEIYU寄り帰宅。
エド・ソロモン監督「最高の人生」を観る。なかなか変なストーリー。ビリー・ボブ・ソーントンって割と好きな筈なのに、なぜかすぐに名前を忘れてしまうな。キルスティン・ダンストはやはり良かった。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
ジェームズ・フォーリー監督「摩天楼を夢みて」を観る。豪華キャストだが、これは間違いなくジャック・レモンがいかに素晴らしい才能の持ち主かを再確認するための映画。大きな役ではなかったけどアラン・アーキンも観られて嬉しかった。
日記更新、ようやく12月に入った。

**********

3/20

11時起床、ゆっくり出勤。
久美子さんご来店。
今日はかなり静か。
夕方ナツ早退け。
メール連絡。
仕込みに次ぐ仕込みでぐったりする。
閉店、帰宅。
夕食。
メール連絡。
ハロルド・ベッカー監督「シー・オブ・ラブ」を観る。なぜあんなに大ヒットして話題になったのかよく分からないが、アル・パチーノの調子が良かったのは分かる。イーストウッドで言えば「タイトロープ」「ルーキー」的な問題を含んでいる。
練習、追加の楽譜準備。

**********

3/21

9時過ぎ起床。
仙台駅のエスカレーターで長内さんと行き会う。
新幹線で東京へ。
地図を見て簡単だと思っていた七針へ、さんざん迷いつつ辿り着く。林谷さんと再会。
あゆ子、芦田君と合流し、すぐにリハを始める。途中、大野さんも交え練習。
斉藤さん、多田さんと我々で落ち着ける場所を探してジョナサン発見。8月の打ち合わせをしておく。
ex.砂漠の高橋さん、野田さんらご来場。
開演、最初は大野さん。ディキンスンの詩に曲をつけたという、サムピアノを使った非常に渋いパフォーマンス。斉藤友秋さんも加わっての合作「国土」なども音楽的にかなり水準が高く、多方向に伸びた枝のような大野さんの才能を再確認する。
続いて今井飛鳥さん。ピアノソロも素晴らしかったが、大野さんが再びヴォーカルで登場してからの演奏はかなり良いものだった。女性二人での交歓は、かつてのダグマー・クラウゼとマリー・ゴヤッティの恊働を想起させる。
最後は我々、le trio du yumbo。やり直し、変なミスを連発する。大野さんとの「火火火」や、あゆ子ドラムの「偉大なるサークル」、東京では初演となる「石が降る」を出来ただけでも良しとしよう。斉藤さんに「変な時のテニスみたいだった」と評される。
終了後、七針でしばし歓談。
帰りの地下鉄で高橋さん、アベミキさんと行き会い途中まで一緒になる。この二人が友達だったというのは不思議な縁を感じる。
地下鉄を乗り継ぎ芦田邸へ。遅い夕食を取り、あゆ子・芦田君としばし歓談。4時頃就寝する。

**********

3/22

7時起床。ひとり芦田邸を辞し、東京から新幹線で仙台へ移動。車中で少し寝る。
10時過ぎ仙台着、出勤。
買い物、掃除、仕込みなど。
「金子さん」監督の安田哲さんご来店、ワンダフルオファーあり。
睦子さんご来店。映画塾、イーストウッド、イ・チャンドンの話など。
閉店後、里ちゃん、久美子さん、卓さん、瀬戸さん、相原君集まり歓談。期せずして里ちゃん送別会となる。
恩寵という、ジャンルを超えた何かの話。
2時半散会、寒さに震えつつ帰宅、遅い夕食。

0 件のコメント:

コメントを投稿