2015年3月12日木曜日

カンパニーメン・ヴィオレッタ・偽りなき者・ブレージングサドル・彼女と僕のいた場所

11/10

13時起床。依然として頭痛あり、クミンをボリボリ食う。
パルコのレコード市へ行くが、買うもの無し。
タワーでThe Pop Group "Cabinet of Curiosities"を購入。
ダイエーで買い物し帰宅。
Pop Group聴きつつIGLOOの作業する。
ナツ帰宅。
「ゾン」試写と打ち合わせの件で卓爾さんと電話。東京へ行くことにする。
ジョン・ウェルズ監督「カンパニー・メン」を観る。ちょっといい部分があるとは思う。
あまりにやる事が山積しているので、すべて書き出して整理し、心を落ち着けて入浴する。

**********

11/11

10時起床、業務スーパー経由で即出勤。
昼は意外なる忙しさで目が回る。
13時前に店を抜けて、新幹線・埼京線で渋谷へ。
適当に入った店でキーマカレー。
映画美学校前で卓爾さんと合流。
初めて足を踏み入れた映画美学校には立派なシアターがあり、「ゾン」に関わっている皆さんと共に、卓爾さんがギリギリまでかけて新しく編集したバージョンの試写を観る。
MA室に移動し、小さなモニター画面で再度観る。2度通して観たおかげで、細かいアイディアが徐々に浮かんでくる。
23時過ぎ、卓爾さんと映画美学校を出て電車で桜上水へ移動。ひたすら映画の話をしながら卓爾さんのアパートへ。
あれこれ歓談しつつ、PCで映像を確認しながら「ゾン」音楽の打ち合わせ。
かなり細かい所まで詰めて話せて、有意義かつ楽しい一夜。気付いたら4時だった。

**********

11/12

7時起床。卓爾邸を辞し、超満員の京王線で新宿へ。
冬なのに汗だくで疲労しつつ都内を移動、新幹線で11時前には仙台に着く。
朝市経由で出勤。
長らく家出していたちよじだが、昨夜ひょっこり帰ってきたという。
今日も昼は仕込みも相俟って忙しい。
相原君ご来店。
ランチタイム後、早退けさせてもらう。
エヴァ・イオネスコ監督「ヴィオレッタ」を観始める。
あの「テナント」に出ていた美少女の映画だと思い頑張ったが、さすがに睡魔には勝てず、途中で断念して泥のように眠る。
0時過ぎにナツに起こされ起床。
メール連絡。
遅い夕食。

**********

11/13

9:30起床、業務スーパー経由で即出勤。
午前中から仕込みしまくる。
若生さんご来店。
昼はまずまず賑わう。
15時頃に早退け。
「ヴィオレッタ」を最後まで観る。疲れる映画だった。
「ゾンからのメッセージ」に集中的に取りかかる。20時頃大まかな作業が完了。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
楽譜の清書と転調。
メール連絡。
ヴィンターベア「偽りなき者」を観る。これも傑作。優等生的で、欠点が無いのが欠点なような気さえしてくる。女の子が微妙に小動物っぽい変な造作なのがいい。
ナツが新作ブローチを「有名なカルト映画のスチールを思い出して作った」と言うので何かと思ったら、「スコピオ・ライジング」だった。

**********

11/14

10時過ぎ起床、即出勤し仕込みに精を出す。
今日もなかなか忙しい。
明日に備えての仕込み6連続で疲労。
ナツ夕方早退け。
メール連絡しつつ仕込み。
森君ご来店。
閉店後、須貝さんのバンド「儚きの瞬間」の練習のためケーズスタジオへ。
須貝さん、猿田君、瀬戸さん、濱田さんと合流し0時まで練習。キーボードを借りてもらったが、どう弾いても音が面白くならない。
駅前TSUTAYA、SEIYU寄り帰宅、夕食。
メル・ブルックス「ブレージングサドル」を観る。メル・ブルックスには弱点が沢山あるが、どうしても憎めない。
明日の準備。

**********

11/15

10時過ぎ起床。
仙台駅で思いつきでラーメン。
東北本線で小牛田へ。
駅で瀬戸さんと合流。駅の出口を行ったり来たりして瀬川さんと合流。
small cow fieldスタジオにお邪魔し、さっそく「ゾン」作業を開始。
ピアノとクリックでベーシックを録っていき、瀬戸さんのフルートを乗せておく。
途中、卓爾さんから電話が来たり、志賀さんが帰って来たりする。
20時前に終了、再び駅まで送ってもらい、瀬戸さんとマイケル・J・フォックスの話などしつつ仙台へ戻る。
帰宅、夕食。
ShriekbackやPigbagを狂ったように聴く。
ナツ帰宅、映画論語り合う。

**********

11/16

10時過ぎ起床、業務スーパー経由で出勤。
瀬川君から電話、産まれそう!ということで今夜の予定はキャンセル。
メディアテークでDVD、本など借りる。
須貝さんから電話、次回録音の件。
ナツ夕方早退け。
Ed Bahlmanのプロデュースワークの全貌が気になって調べる。
帰宅、夕食。
ゆっくり風呂に浸かる。
やっとVHSを入手した、ノア・バームバック「彼女と僕のいた場所」を観る。小品ながら、明らかに後の諸作の萌芽と言えるアイディアの煌めきが随所に見られ微笑ましい。
宇多丸のトークを聞いて笑いながら寝る。

0 件のコメント:

コメントを投稿