2014年8月26日火曜日

遥かなる大地へ・プラクティカルマジック・エスケープフロムLA・ゴーストオブマーズ・木下和重キャンドルセグメンツ

6/16

10時起床、業務スーパー経由でホルンへ行き仕込み。
1時間ほど情報紙の取材受ける。
引き続き仕込み、15時過ぎに終了。
SEIYUで買い物し夕方帰宅。
ロン・ハワード監督「遥かなる大地へ」を観る。「まあ一応観とくか」ぐらいの気持ちで借りたけどかなり楽しい映画だった。
メール連絡。
ナツ作の冷やし中華で夕食。
細馬さんの詞「にわとして」に曲をつけてデモ作成。アーバンなのが出来た。
メール連絡。

**********

6/17

10:30起床、即出勤。
若生さん、甲斐さん、大森さんご来店。
昼は忙しかった。
夕方早退け。
グリフィン・ダン監督「プラクティカル・マジック」を観る。これは、まあ、思った通りか。
夕食準備。
セブンス、かえるさんの作業に精を出す。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。

**********

6/18

10時過ぎ起床、サトー商会経由で出勤。
思いがけず静か。
健一さんご来店、映像制作のスケジュールについて聞く。
夕方早退け。
駅前TSUTAYA寄るが何も借りずに出たら創一君にバッタリ会う。
帰宅。
ジェーン・カンピオン短編集、中村楽気店のマヘルなどビデオ棚から引っぱり出して観る。
セブンス作業。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
ジョン・カーペンター「エスケープ・フロム・L.A.」を観る。ブシェミ、ステイシー・キーチ、パム・グリア、ブルース・キャンベル、ピーター・フォンダなどオールスターキャスト。特にフォンダのサーフィンのシーンは(バカバカしさにおいて)圧巻。

**********

6/19

10時起床、業務スーパー経由で出勤。
今日も思いがけず静か。
昼過ぎに大森さんご来店。
藤野君ご来店、京都ツアーの話など。
ナツはセブンス用の曲を書き上げて早退け。
メール連絡。
夜、ますみさんと神田君ご来店、「震える舌」を観たというので、あの未曾有の衝撃についてしばし語り合う。
店で食事して帰宅。
セブンス作業大詰め、なぜか成り行きでDepeche Modeを熱唱することになる。
カーペンターの「ゴースト・オブ・マーズ」を観る。低予算映画の鑑のような小気味良い作品。
ナツ帰宅、「商店街」を仕上げる。
メール連絡。

**********

6/20

10時過ぎ起床、即出勤。
庄司君ご来店、losingのドラムをオファーするが29日はNGとのことで残念。
志賀さんご来店、りんごのお菓子の話。
昼過ぎ静かになる。
夕方早退け、帰宅して一部楽譜のリライト。
19:30須貝さんと皆木君来る。機材を積んで火星へ。
ナツ、瀬川さんと合流し、セブンス練習0時まで励む。全員曲を書くっていうのは面白いな。
須貝さんとNO WAVEの話しながら帰宅。
メール連絡。

**********

6/21

10:30起床、即出勤。
昼に米山さんご来店。謎のビデオテープの話。一旦Sへ行ってからチフリグリへ来るとのこと。
16時閉店、須貝さんと皆木君来て、ナツと同乗させてもらい米ヶ袋へ機材取りに行ってからチフリグリへ。
瀬川さんと合流、木下さんも交えてリハを始める。
米山さんは道に迷いつつかなり遅れて到着し、即、"pipeline"のリハをする。
里ちゃん、塚本さんらご来場。
セブンス・コンチネント本番。3度目のライヴにして宴会芸の域に達する。内容的に面白かったし、木下さんのヴァイオリンも素敵だったのに、録音をし忘れていた。
続いて大崎l-eからやってきた、ギョベクリ・テペ+平野敏久さん。プロジェクターで映写している映像に応じて、サイン波みたいなキーボードやヴァイオリンの単音、微弱なホワイト・ノイズが奏でられるエクストリームなパフォーマンスに静かに興奮。こういうのは楽しくていつまででも観ていられる。
木下さんのセッティング中、瀬川さんが急激に食べ物の話をしてきたので腹が減ってきて困った。
トリは木下和重キャンドル・セグメンツ。事前に須貝さんから話を聞いても何だかさっぱり分からなかったが、実際に観るとあまりのシンプルさに呆然としてしまい、自分の凝り固まった感性がいかにみじめかを思い知る。
須貝さん渾身の素晴らしい企画が終了。楽しかった。
打ち上げでもらったチェリーコーラが気管に逆流し死にそうになる。
よしぎので皆さんと歓談。平野さんや坂本さんと映画の話をしたり、l-eについて聞いたり、潤さんのSエピソードで爆笑したりして、0時過ぎに須貝さんの車で引き上げる。
自宅に機材降ろしホルンまで乗せてもらい自転車で帰宅。
メール連絡。

**********

6/22

10:30に起きようとしてなかなか起きられず。しかし何とか起きて出勤。
今日は忙しくて良い日。
ポコ介君、森君ととしお君、大森さんらご来店。
losing関係のメール連絡に励む。
閉店後、藤野君と相原君来て1時頃まで歓談。
SEIYUで買い物して帰宅、夕食。
losing準備。
「人生は、時々晴れ」の特典映像を見る。

オーストラリア・愛アマチュア・オンリーラヴァーズレフトアライヴ・プライベートベンジャミン・キラースナイパー・スノーピアサー・ラストエクソシズム2 悪魔の寵愛・リトルブッダ・サイドウェイ・デッドカーム 戦慄の航海・素晴らしき放浪者・Ten minutes solo improvisation festival

6/9

13時起床。
バズ・ラーマン監督「オーストラリア」を観る。絵にかいたような壮大なロマン巨編で、いろいろ詰め込み過ぎな感はあるが逆にそこがいいのかもしれない。ネット上の感想で日本軍の扱い方について本気で怒っている人たちが居て面白い。
ナツはホルンへ作業しに行く。
メール連絡。
ハル・ハートリー監督「愛・アマチュア」を観る。25年前に観ていたら最高にはまっただろうなあ。深夜にテレビ放映で偶然観たいタイプの映画。
小雨のなか業務スーパー経由でホルンへ。ナツと入れ替わりで仕込み作業などする。
22:30帰宅。
メール連絡、夕食。
ジャームッシュの「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」を観る。うーん、ちょっと格好良過ぎるかなあ。嫌いではないけど。あの迷惑な女の子が一番良かった。

**********

6/10

10時前に起床、業務スーパー経由で出勤。
まずまず忙しい。
仕込み終え夕方早退け。
業務スーパーなど寄り帰宅。
チキンカレー作る。
ハワード・ジーフ監督「プライベート・ベンジャミン」を観る。昔レンタルで観た筈だけどほとんど憶えていなかった。おやつ映画の古典。シャワーのイタズラのシーンで爆笑。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
「BUG」ショック醒めやらぬまま、フリードキン「キラー・スナイパー」を観る。これも面白いな〜。完全にジャンル不明だし。シュレイダー同様、フリードキンも誰をターゲットにしているのかさっぱり分からない映画を生産していて好ましい。こういう人こそ大事にされるべきだ。
メール連絡。

**********

6/11

10時起床、業務スーパー経由で出勤。
今日は昼に予約あり賑わう。
チナツさんご来店。
本儀先生ご来店、ランチプレートの感想を聞かせてもらいたいへん参考になる。
夕方ナツ早退け。
トイレに「真夜中のパーティー」のポスターを貼る。細江の写真が最高。
メール連絡。
夜、志賀さんとチナツさんご来店。
帰宅、夕食。
メール連絡。
ポン・ジュノ「スノーピアサー」を観る。ティルダ・スウィントンの芸の幅の広さに感銘を受ける。それにしても、ポン・ジュノはなんでまたこんなの撮ったんだろう。

**********

6/12

10時過ぎ起床、今日も雨。業務スーパー経由で出勤。
甲斐さんご来店、昼は賑やか。
連続仕込み終え、夕方早退け。
広瀬TSUTAYA、朝市寄って帰宅。
エド・ガス=ドネリー監督「ラスト・エクソシズム2 悪魔の寵愛」を観る。前作が、ありがちなPOVホラーとしてはかなり面白くて笑える作品だっただけに、普通のシリアスなホラーになってしまって残念。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
ベルトルッチ「リトル・ブッダ」を観る。ファンタジーとして肩の力を抜いて観ると悪くない。

**********

6/13

10時前に起床、業務スーパー経由で出勤。
今日はよく晴れた。
森君、創一君、若生さんらご来店。
夕方ナツ早退け。
メール連絡。
19時過ぎナツ戻り店で小一時間ほど作業。
閉店、帰宅。
夕食。
アレクサンダー・ペイン監督「サイドウェイ」を観る。立石君に一旦勧められた直後に「やっぱり観なくてもいいと思います」と訂正された映画だけど、実際観てみたら、なんとなく立石君の迷走の意味が分かった。
メール連絡。

**********

6/14

9時過ぎに起床、早めに出てTSUTAYAでギリギリ返却。
出勤して連続仕込みするが昼は戦慄すべき静けさに包まれる。
明日の懸案事項は、救世主井上さん夫妻の登場により一気に解決。
ランチタイム過ぎになって、桃生さんご来店を皮切りに忙しさの波が到来。
夕方早退け。
フィリップ・ノイス監督「デッド・カーム 戦慄の航海」を観る。ニコール・キッドマンがサム・ニールの妻役をやっていたなんて。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
日記更新。まだ3月上旬だ。
関さんとパピコの応酬。
ルノワール「素晴らしき放浪者」を観る。ブーデュの人物描写の血も涙もない自由さに感銘を受ける。首尾一貫してとても鮮やかな手さばき。
新メニューの相談など。
明日のテンミニッツが楽しみでなかなか眠れず。

**********

6/15

10時半起床、即出勤。
今日はお客さんの切れ目なく忙しい。
森君、相原君、濱田さんらご来店。
夕方、鈴木美紀子さんご来店。
17時に須貝さんにピックしてもらいよしぎんへ。井上さんからドラムをお借りする。
市民会館の駐車場に車を入れて、一旦ホルンで休憩してから19時頃市民会館へ。
出演者の皆さんと合流。
お客さんも戸田君、濱田さん、相原君、創一君、皆木君、神田君、志賀さん、由幹さん、チナツさん、長内さん、ナツら、20名ほど集まってくれた。
最初は僕のソロ。オール即興で人前でピアノを弾いたのは何年振りだろう。ナナオさんの追悼イベント以来かな?
瀬川さんのソロはやはり非常に瀬川さんらしい、周到でプログレッシブな「作品」という感じ。あれを瞬時にまとめ上げるのは一朝一夕に出来る事ではない。
堀谷さんのソロはルーパーを使ったヴォイス・パフォーマンス。梅干しの種の中身を割って取り出したかのように、umiumaの中核に隠されている部分が飛び出して増幅している。蛇足的な最後の数分も良かった。
金田一さんのクラリネット・ソロは相当素敵なものだった。紳士的でユーモラス。金田一さんという人がそっくり音になって現れている。そのままレコードにしたい。
大月さんのギター・ソロも久々に聴けて嬉しかった。手先の技巧よりも和声への素朴な興味が勝っており親しみが持てる。これも即興だと思うと世界が大きく広がりますね。
須貝さんのソロはブログで展開している線描的なものを予想していたが、意外にも逃げ場のないフリークトーンの、堂々たる10分間だった。それにしても、こうして即興演奏の企画で須貝さんと一緒にやれる日が来るとは...と、一人感慨に耽りつつ聴く。
鈴木さんの登場により、第一教養室の空間が一気にサイケな別次元へと変貌を遂げる。極めて水準の高い、胸のすくような、艶かしく美しい演奏。
ラストは朝さん。金田一さんへのオマージュとして室内にガムテを張り巡らし、窓やピアノに頭突きしたり濱田さんの首に四の字固めをかけたりした後、スネア一個をひたすら叩く。これはもう、ここしばらくの間に観たなかではダントツに最高の演奏。夢の中で鳴っているようなデリケートな音波。
というわけで、全員(僕はよく分からないけど)素晴らしかったと思う。自分の企画としては過去最高の夜だったんじゃないかな。
無事定刻通りに終了して撤収、市民会館前で散会する。
再び須貝さんの車でよしぎんへ。潤さんが居たので井上さんが来るまで歓談。井上さん一家が来てドラムを返却し、須貝さんに再びホルンまで送ってもらう。人にお世話になりっぱなしだ。
ホルンで夕食後、ナツと帰るが、途中でナツが忘れ物に気付き戻り、先に帰る。
メール連絡。
メニュー関係、IGLOO関係の作業など。

2014年8月2日土曜日

ECHO・BUG・ミッシング・ラースと、その彼女・1900年・バーニー みんなが愛した殺人者

6/2

11:30起床。
近所へ煙草を買いに行ったらハレカグ山田さんに行き会う。
軽く昼食。
外出し、支払い、買い物など済ませ、駅前TSUTAYA寄り夕方帰宅。
アランテ・カヴァイテ監督「ECHO エコー」を観る。エミリー・ドゥケンヌだけが目的で観たが、村長の妻役の女優エヴァ・イオネスコの名前に見覚えがあり、なんとなく調べてみたら、なんと「テナント」に出ていた少女だった。そして観ようと思っていた「ヴィオレッタ」の監督でもあった。つまり、写真集「エヴァ」の、あの少女である。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
IGLOO作業。
ランチプレートのメニュー表作成。
フリードキンの「BUG」を観る。何もかもが好み。名作と呼んで差し支えないと思う。
IGLOO作業ふたたび。

**********

6/3

10時過ぎ起床、業務スーパー経由で出勤。
かなり静か。おかしいな...。
久美子さんご来店、8月のイベントの話など。
本儀先生ご来店。
夕方早退け。
ランチプレートのメニュー表作りとIGLOO作業。
ジェローム・コルノー監督「ミッシング」を観る。これはちょっと、アレだな。
夕食準備。
IGLOO作業終了。
ナツ帰宅、夕食。
「BUG」の冒頭シーンを見返す。
メール連絡活発。
クレイグ・ガレスピー監督「ラースと、その彼女」を観る。これは決して駄作ではないと思うけど、マイク・リーの存在を知ってしまった今となっては、この適度に物悲しい物語もやや説得力に欠けてしまう。

**********

6/4

10時過ぎ起床、業務スーパー経由で出勤。
開店前にランチプレートの準備。
甲斐さんご来店。
かなり静か。
夕方ナツ早退け。
大森さんご来店。
メール連絡。
帰宅、夕食。
重い腰を上げて、ベルトルッチの「1900年」第一部を観る。ドナルド・サザーランド嫌な奴だな〜。
なんと、DorothyのプロモCDというものが存在している事を知ってしまう。"Still Waiting"のプロモのようだが、なぜか正規リリースされていない曲が2曲も入っている。全て集めたと思っていたのに...。

**********

6/5

10時前に起床、早めに出勤。
恐るべき静けさ。
15時台に早退け。
駅前TSUTAYA、朝市、SEIYUに寄って帰宅。
「1900年」をラストまで観る。クライマックスのシーンに共産党がいい顔をしなかったというのは分からないでもないが、映画としてはとんでもないレベルに達した作品だと思う。いや〜、面白かった。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
レインコーツのBBCセッションを聴く。
リチャード・リンクレイター監督「バーニー みんなが愛した殺人者」を観る。撮影がマイク・リー組のディック・ポープというだけで妙に興奮してしまうが、まあそんなに大騒ぎするような映画ではなかった。ジャック・ブラックはやっぱりいいと思うけど。

**********

6/6

10時起床、出勤。
禁断の静けさ。
ナツ15時台に早退け。
薄田さんと純子さんご来店、スミスの話。
健一さんご来店、鍵をお借りする。
閉店後、小雨のなか火星へ。
2時までひたすら弾き語りの練習。にわかに新曲「薬のように」の展開が出来てきて、一気に完成。すかさずデモ録音。
3時近くに帰宅、夕食はナツ作の炒飯。美味い!
ナツに新曲を聴いてもらう。

**********

6/7

10時前に起床。
開店してすぐにかさこさん、古川さんらご来店。
夕方までなかなか忙しい。
みやけをさんご来店、再会を喜び合う。ムラグカン幻の2ndを拝受。
薄田さんと純子さん、金田一さんも集合。
17:30にSENDAI KOFFEEへ移動。入念かつ遠大なるサウンドチェックののち、手早くリハ。
薄田さん、須貝さん、須藤さん夫妻、大森さん、瀬戸さん、小川さんらご来店。
Foggy Notions本番は、空調との闘い、歌詞/演奏の間違いといった自分との闘いに終始した気もしないでもないが、我ながら今回の人選は素晴らしかったと思う。取り敢えず「薬のように」が演奏できて良かった良かった。
ドランカー金田一さん、疲労しタクシーで去る。
続いて古川さん。ギター上手過ぎて恐い。そして「次はカヴァーをやります」と言ってジュディ・シル...。しかもこの曲を。
終了後、集団移動し近くの「飛梅」で打ち上げ。個人的なハイライトは謎のトマトジュース事件だったが、これは僕の胸に留めておこう。
散会後、みやけをさんとホテル前で別れ、Foggyな天候のもと帰宅。
今日の録音を編集して聴き返す。

**********

6/8

10時起床、早めに出勤して仕込み。
昼過ぎに店を抜けてターンアラウンドへ。中島由夫さんの展示とパフォーマンスを観る。
会場で金田一さん、細谷さん、長内さん、レモンさん、ふみえさん、増子さんらと行き会う。
中島さんの実演を間近で観る。なぜかは分からないが、雑然と区切られた升目の中に、あの朴訥としたドローイングが点々と描かれていくさまを見つめているうち、涙腺が弛んできてしまった。あの画風から、ちょっとカントさんを思い出したのかもしれないし、別の場所から不意に来た何かのせいかもしれない。
帰りは雨が強くなっていたが、充填されたエネルギーにより満足してホルンに戻ると、あゆ子と佐藤さんが来ていた。7月のライヴの話など軽く話しておく。
閉店後、藤野君、創一君、相原君、皆木君、久美子さん、里ちゃん、みやけをさんらが集まり、歓談大いに盛り上がる。
2時散会し、雨のなか帰宅。

奇跡の海・トゥリーズラウンジ・銀座化粧・ヴァキューミング・奇人の晩餐会・フォローミー・ハイホープス キングスクロスの人々・キャリアガールズ・セルピコ・アシクケリブ・スケアクロウ

5/26

13時前に起床。
メール連絡。
先日、神田君に「最後まで観たほうがいいですよ」と言われたラース・フォン・トリアー「奇跡の海」を、今回は頑張って最後まで観る。エミリー・ワトソンの無邪気な天使みたいな顔の表情が苦手だったのだけど、今回は不思議と気にならなかった。それより義姉役のカトリン・カートリッジがかなり良くて、ストーリーにのめり込むことができた。傑作。
ナツ起床、昼食。
ナツはホルンへ片付けに出かける。
スティーヴ・ブシェミ監督「トゥリーズ・ラウンジ」を観る。シーモア・カッセルが出てきたのはびっくりした。
20時頃ナツ戻る。
買い物、ラーメン作り夕食。
成瀬巳喜男「銀座化粧」を観る。撮影三村明!

**********

5/27

9:30起床、業務スーパー経由で早めに出勤。
昼過ぎは実に静か。
夕方早退けし、メディアテークに寄り帰宅。
ティモシー・スポールが見たくて、ダニー・ボイルのTVM「ヴァキューミング」を観るが、残念ながらこれは凡作だと思う。情報量が多くうるさい。
作曲作業超難航。才能が無いんじゃないだろうか。
オクラと玉子の味噌汁、麻婆豆腐作る。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
XTC情報整理。

**********

5/28

10時起床。
昼忙しく、暑さと連続仕込みも相俟って疲労。
藤野君ご来店。
夕方ナツ早退け。
閉店後、TSUTAYA寄り帰宅、夕食。
ライヴ準備大詰め、メール連絡の嵐。
フランシス・ヴェベール監督「奇人の晩餐会」を観る。気分転換に丁度良い。

**********

5/29

10時起床、業務スーパー経由で早めに出勤。
昨日以上に暑い。
本儀先生、若生さんらご来店。
15:30早退け。
ターンアラウンドで原一男資料展を見る。大島渚の落款のある監督協会新人賞受賞の通知、「さようならCP」の初期ラフ・トレードを思わせるクールなデザインのポスターなど、しびれるものが満載。
帰宅後、キャロル・リード監督「フォロー・ミー」を観る。おお、これは面白い!
Foggy Notions作業。
白菜と豚肉鍋作る。
曲作り進まず諦める。「薬のように」というタイトルだけがある。
ナツ帰宅、夕食。
オークションで落札したVHS、マイク・リーの「ハイ・ホープス キングス・クロスの人々」を観る。初期作品で未熟な所もあるが、あらゆる点で後年の作品の原型が既に出来ていて興味深い。

**********

5/30

12時起床、ゆっくり出勤。
Tシャツで過ごせるようになってきた。
ランチプレートの相談。
夕方ナツ早退け。
夜はかなり静か。
帰宅、夕食。
メール連絡。
やはりオークションで購入したVHS、マイク・リーの「キャリア・ガールズ」を観る。「奇跡の海」で観たばかりのカトリン・カートリッジが出ていて嬉しい。何度も見返したくなる強烈なキャラクターが出ていて最高。マイク・リーは全部面白いのかもしれない。
メール連絡。

**********

5/31

9:30起床、業務スーパー経由で早めに出勤。
最高潮に暑い。
森君がペピンの方とご来店。
夕方早退け、広瀬TSUTAYAに寄り帰宅。
曲作り試みるがやはりダメ。
シドニー・ルメット「セルピコ」を途中まで観る。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
「セルピコ」を最後まで観る。構造は似ているが「ダーティハリー」をネガティブに反転させたようなストーリーとキャラクター。
パラジャーノフ「アシク・ケリブ」を観る。非常に楽しいスペクタクル絵巻。
偶然、テレビで「カリスマ」を放映していて驚く。

**********

6/1

11時起床、業務スーパー経由で出勤。
チナツさんご来店。
暑さと忙しさでバテる。
米山さんからセブンスの件で電話。
夕方から静かになる。
SEIYU寄り帰宅。
夕食。
ジェリー・シャッツバーグ監督「スケアクロウ」を観る。初期アル・パチーノの出演作の中では、(『ゴッドファーザー』を別格として)これが一番好きかもしれない。ジーン・ハックマンはそれほど頑張っていないが、とても切なく、いい役だと思う。

人生は、時々晴れ・ハッピーゴーラッキー・アンチクライスト・家族の庭・三姉妹〜雲南の子・シャンプー・ハロウィン・バッドルーテナント 刑事とドラッグとキリスト・ブラザーフロムアナザープラネット

5/19

8時過ぎ起床。
マイク・リー「人生は、時々晴れ」を観る。「ヴェラ・ドレイク」1本で充分に分かってはいたが、これも飛び抜けて面白い。子供二人があの体格という時点で傑作であることを確信。まだまだこういう監督が居るんだなあ。
メール連絡。斉藤さんから最新版マスタリングが送られてくる。
ナツ起床。
マイク・リー「ハッピー・ゴー・ラッキー」を観る。これが元々、長崎さんのお勧めだった映画だが、先に2本観ておいて良かった。役者は常連の人が居るみたいだが、全員とてつもない技術だと思う。
ナツSEIYUへ買い物に行く。
昼食。
ホルンで片付け&仕込み&掃除。
19時作業終了し、J&B、SEIYU寄り帰宅。
日記更新、ようやく2月に入った。
ナツ作の冷やし中華で夕食。
「人生は、時々晴れ」2回目。
メール連絡と日記更新の続き。

**********

5/20

9:30起床。業務スーパー、サトー商会経由で出勤。
若生さんご来店。
夕方早退け、GEOで「バッド・ルーテナント」のレンタル落ちを購入し帰宅。
ラース・フォン・トリアー「アンチクライスト」を観る。確かに重く辛い物語だが、一カ所爆笑シーンあり。
夕食準備。
メール連絡。
今日もマイク・リー、最新作の「家族の庭」を観る。途中までは何ということはないドラマに見えて、「これは一体何なんだろう」と思って観ていたが、レスリー・マンヴィルのキャラクターが次第に突出してくるにつれて、それまで観ていた世界が反転していくのが見事だ。恐るべき傑作。それにしても「人生は〜」同様、これも日本での売り方に違和感をおぼえるなあ。

**********

5/21

12時に目が覚め飛び起きて出勤。
一日中雨。
相原君ご来店。
ナツ夕方早退け。
藤野君ご来店。
帰宅、夕食。
ワン・ビン「三姉妹〜雲南の子」を観る。最後に目が離せない。本当にドキュメンタリーなのか?と思うぐらい良く撮れている。長女が黙々と芋を食べるシーンはリアルニーチェの馬だ!

**********

5/22

12時起床、飛び起きて出勤。
木曜だが忙しく良い日。
瀬川さんご来店、ゴッドファーザー、次のセッションの話など。
連続仕込み。
ナツ早退けして久美子さんと出かける。
里ちゃんご来店。
店で夕食とり帰宅。
ハル・アシュビー「シャンプー」を観る。決して「名作」ではないが気の置けない監督の軽快な佳品という感じ。ゴールディー・ホーンがいいなあ。

**********

5/23

9:30起床、業務スーパー経由で早めに出勤。
連続仕込み。
6月から始めようと思っているランチプレートの相談。
夕方早退け。
日本初回盤CDで「ブラック・シー」を聴く。もちろん何かが違うわけではないのだが...。
意外にも観ていなかった、カーペンターの「ハロウィン」を観る。シーツを被って登場するシーンや、死体にみとれるシーンなど、随所に天才的なひらめきがあるものの、「パラダイム」や「ゼイリブ」のようなキレはない。ある意味で牧歌的な時代のホラー映画。今のホラー映画に比べれば全然マシだけど。
春雨と玉子のスープ、豚肉とキャベツとこんにゃくの炒め物作る。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡など片付ける。
引き続きランチプレートの相談。

**********

5/24

10:30起床、早めに出勤。
かなり静かな土曜日。
里ちゃんご来店。
夕方早退け。
ピーターパンに寄りコーヒー。帰り際に長崎さんとマイク・リーの話する。
BOOK OFFでノア・バームバック2作品のDVDが安かったので購入していたら、青野さんとばったり会う。久しぶりで積もる話もあるのでクロワッサンでお茶する。楽しいひととき。
青野さんと別れ帰宅、夕食準備。
曲作り難航。
ナツ帰宅、夕食。
アベル・フェラーラ版「バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト」を観る。期待に違わぬ面白さではあったが、やっぱりヘルツォーク版の方が好きかなあ。しかしエンドロールで流れる監督自身の歌がかなりカッコ良くて笑ってしまった。
ホルンのBGM編集。

**********

5/25

10時過ぎ起床、業務スーパー経由で出勤。
お客さん切れ目なく良い日。
鈴木さんが藤本さんのテープを届けてくれる。
閉店後、ナツ主催の人形劇研究会。若生さんと認君、瀬戸さん、チナツさんほか集まり、マエストロ哲さんの話を聞く。さすがに深い知識と広い経験をもつ人の話は面白い。
22時頃、TSUTAYA経由で先に帰宅。
ジョン・セイルズ監督「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」を観る。かなり前にレンタルで観た気がするが、細部を全然憶えていなかった。コインランドリーで洗濯機を直すシーンがあったと思っていたのは完全なる記憶違いだった。
曲作り、やはり難航。
ナツ帰宅、研究会の話。

甘い生活・孤独な場所で・鉄砲のタケちゃん・ボブクレイン 快楽を知ったTVスター・カンバセーション...盗聴...・ザ ハリウッド・ライフイズミラクル

5/12

10時起床、天気良く煙草買いに行く。
メール連絡。
昼食の蕎麦を調子に乗って食いすぎた。
フェリーニ「甘い生活」を観る。小学生の頃にテレビで観た時は退屈で寝てしまったが、今はギンギンに目が冴える。
夕方外出、駅前と広瀬のTSUTAYA寄ってホルンへ。
18時からハヤケン、井上さんとリハ。ハヤケンから借りたカシオトーン初代機はなかなかいい音だが、これで弾き語りをするのは試練かもしれない。やるけど。
23:30練習終了。店で夕食とり、ドンキで買い物して小雨のなか帰宅。途中ナツと行き会う。
メール連絡などして就寝。

**********

5/13

7時前に目が覚めたので、「シャキーン」でテニスを観る。こういうのを聴いて音楽に目覚めてオタクになる子は一杯居るだろうな。
再び寝ると、ファミレスみたいな店で一人で働いている悪夢を見た。トマト缶でトマトジュースを作ろうとしているが何度も失敗し、その間にどんどんお客さんが来て(sekifuのメンバーも全員来ていて、ボックス席からこっちを睨んでいる)収拾がつかなくなる。
11時前に起床。
ニコラス・レイ「孤独な場所で」を観る。最高。
ナツ起床し、昼食後に出かける。
選曲検討、メール連絡などしてから僕も夕方出かける。
業務スーパー経由でホルンへ行き仕込み。間もなくナツも来る。
弾き語りを練習。
ナツ帰る。
18時、ハヤケンに拾ってもらいよしぎのへ。
今日は田口さん一日目のレコード寄席。意表を突く「学校関係のレコード」特集で、今回も凄い内容。レジデンツみたいな幼稚園児のキャラヴァン、名作「ふえはともだち」、クラスメートが自殺した学級のサイケな自主レコード、世田谷のバンド編成の小学生の演奏(YMO、Wham!など)、最後に校長先生の熱いスピーチで感動。充実...。
終了後、大勢でくるまやへ移動し食事。
帰りは再びハヤケンにホルンまで送ってもらい、自転車で帰宅。
今日一日の事など話し就寝。

**********

5/14

10時前に起床、業務スーパー経由で早めに出勤。
16時過ぎにバスでよしぎのへ。
田口さん、ハヤケン、井上さん、マヤさん、潤さんらと合流。ハヤケンらと軽くリハ行う。
田口さんを迎えての2日目始まる。
最初はマヤさん。久々で沁みる。何語なのか分からない歌詞の曲がサイケで美しく、終ってから訊ねると古代の言葉に曲を付けたのだという。続いて僕のソロがあり、ハヤケントリオ。結局、全く練習していなかったアンコールの「家猫」が一番出来が良かった気がする。次は田口さん。のだやで入手したレコードの紹介(かなりビックリした)を経て、サイホンや光を使った微弱なノイズとライトショー+素朴な弾き語り。いい! トリは初めて聴く、潤さんの弾き語り。これはもう、相当ビックリした。ソングライターとはかくあるべきである、という見本のような、見事な演奏。特に歌詞の素晴らしさに胸がざわつく。無論、ライヴとセットの小咄(鉄砲のタケちゃん。そのまま映画化できるぐらい秀逸なストーリー)も満喫。
終了後、寿司の宅配の挫折を経ての買い出しがあり、ますみさん、神田君、カドワキさん、塚本さんらを交え2時頃までよしぎので打ち上げ。神田君に「セルピコ」を強く勧められたり、カドワキさんの小岩パンクシーンの話を聞いたり、田口さんの豪快なレコード掘りの話を聞いたりして大いに盛り上がる。
ハヤケンにホルンまで送ってもらい、3時過ぎ帰宅し即寝。

**********

5/15

10時過ぎ起床、業務スーパー経由で出勤。
薄田さんと純子さんご来店。
久美子さんご来店。
昼過ぎ静かになる。
夕方早退け。
帰宅後、「エル・トポ」のコメンタリーを観る。
10ミニッツフライヤーの文章を執筆し始める。
ナスとピーマンと豚肉の豆板醤炒め、キャベツとベーコンのスープ作る。
ナツ帰宅、夕食。
フライヤー文章書き上げ、メール連絡。
シュレイダーの「ボブ・クレイン 快楽を知ったTVスター」を観る。どういう人をターゲットにしているのかさっぱり分からない奇妙な映画で、なおかつ面白い。シュレイダーって、リンチなどよりもずっと奇妙な監督なのかもしれない。勢いで特典映像も観る。

**********

5/16

10:30起床、業務スーパー経由で出勤。
雨。
甲斐さんとチナツさんご来店。
小池君ご来店、これから東京へ持って行くというダダカン作品を見せてもらう。
椋尾さんご来店。
夕方、ナツ早退けしてデモへ。
帰宅、夕食。
メール連絡。
コッポラの「カンバセーション...盗聴...」を観る。「フレンチ・コネクション」もそうだが、これは「ジーン・ハックマンが頑張る」というジャンルなのだと思う。
「ボブ・クレイン」の監督コメンタリーを観る。

**********

5/17

10時起床、業務スーパー経由で出勤。
小熊さんが来て白石のイベントのチラシを置いていく。
10ミニッツのチラシ完成。
夕方早退け。
夕食準備。
シュレイダーの「ザ・ハリウッド セックスと野望」を観る。うーん、これはちょっと...。
ナツ帰宅、夕食。
他のDVDに入っていたトレイラーを観て「これは絶対に面白いだろう」と思っていた、エミール・クストリッツァ「ライフ・イズ・ミラクル」を観る。案の定面白い。面白過ぎる。映画で出来る事の限界ギリギリまで行ってる感じがする。

**********

5/18

10:30起床、出勤。
昼過ぎ、パンゲアへ行き、ますみさんにチラシを預かってもらう。碧衣さんにもチラッと会えた。
Vol.1に寄ったら戸田君に偶然行き会うが、同時に須藤夫妻も居合わせていて一瞬どうしたらいいか分からなくなる。ジョニー・キャッシュのCDを購入。
ホルンに戻る。キャッシュのCDは普通のベスト盤だと思っていたが、80年代の再演ものだった。
ポコ介君ご来店。
閉店後、創一君、藤野君、相原君、久美子さんらが来て歓談。2時に散会し帰宅。
メール連絡片付け寝る。