2014年10月19日日曜日

ありふれた事件・バベル・ブロークバックマウンテン・ツリーオブライフ

7/21

夢の中で、まったく抗うことのできない悲しさの大波に打ちのめされて泣き崩れる、という状態になった。頑張って自転車に乗って泣きながら会場入りし、楽屋のベンチで泣いていたら、トクマルさんがやってきて「どうしたんですか」と言うので「今日は亡くなった友達のために演奏します」と話したら「僕はそういうのは嫌いです!」とプンプン怒って行ってしまった。すぐ近くでその様子を見ていた麓さんが僕の隣に座って、「トクマルさんも親しかったから、つらいんですよきっと」と言った。麓さんが開いた雑誌のページには、余白に歌詞のアイディアがたくさん書き込んであって、麓さんは「言葉に詰まると、雑誌をめくって色んな記事やイメージを眺めて着想を得るんです」、と言う。たまたま麓さんが開いたページに、下着姿の女の人が顔を覆って泣いている写真が載っていて、それを見た途端、またもらい泣きしてしまう。という夢だった。
10:30起床。朝から海獣を観に行こうと思っていたのに、やはり起きられなかった。
ライヴに向けての最終メール連絡をバタバタとやりとりする。
ナツも起床、互いの夢の話する。
フラスコのパンフの文章を脱稿し送信。
昼食。
14:30に相原君来て、久々にP-150など大物機材を積み込み出発、皆木君宅でギター3本積み込んでメディアテークへ。
ナツ、あゆ子、瀬戸さん、ゆかさん、芦田君、瀬川君らと合流、波多野さんや斉藤さんも到着。ちょうどトクマルさんのリハが始まるところだった。皆でスタジオシアターの座席で静かに待つ。
45分押しでlosingリハ開始、押したおかげで仕事上がりの須貝さんも間に合って良かった。
losing本番。今回はP-150を使うので不安だったが、メンバーの絶大な力により事無きを得た。
トクマルさん本番では、芦田君のフリューゲルや鈴を座席から静かに見守る。
終演後、野田さんと再会し挨拶。仙台に何度も来て下さっているので、仙台に住んでいる人のように思えてくる。
撤収後、トクマルバンドの皆さんとlosingメンバーの何人か、スタッフの皆さんで萬寿山へ移動し打ち上げ。偶然薄田さんと純子さんも来ていたので、離れ小島のオアシスとなる。
過去何十回繰り返したのだろう、萬寿山前での皆さんとのお別れを経て、帰りは斉藤さんを伴い、相原君の車で送ってもらう。
家に帰ってから、斉藤さんはアクビもせず疲れた様子も見せず、目だけを赤く血走らせながら、ひたすらロボのように朝6時までマシンガントークをし続けた。特に映画の話を始めると止まらない。おかげで長い一日が楽しく終わった。

**********

7/22

10時前に起床。
相原君迎えに来て出発、車内に芦田君のピッチあり。
斉藤さんを駅前まで送ってから若文へ。
本儀先生と合流し、第一音楽練習室で12時から録音開始。
今日は完全に芦田デイ。何曲かペダル、ギターのODを行う。「人々の傘」で思ったよりも難航し、室内の照明を消したりつけたりする。録音中にしばし仮眠するが、テイクのチェックは怠らなかった。
19:30に予定の作業すべて完了し撤収。芦田君はよく頑張った。
相原君、藤野君と合流し若文前でしばし歓談後、相原君の車で芦田君と一緒に送ってもらう。
ナツに電話し店の状況聞く。
SEIYUへ買い物に行き、夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
昨日の録音を編集。yumboのようなyumboでないような、面白い音だ。
8/9、8/11の準備で怒濤のメール連絡に励む。
ナツは寝室で人形制作のため、隣の部屋で録音を聴きながら寝る。卓にレコーダーを置いたために、ほぼ斉藤さんのドキュメントとなっている。

**********

7/23

10:30起床、業務スーパー経由で出勤。
暑さにやられ、昼の忙しさも手伝ってグロッキーになる。
昼過ぎ、店を抜けて青文へ支払いをしに行く。いつも思うけど仙台の地下鉄は高過ぎると思う。
本儀先生、久美子さんとめぐたんご来店。
夕方ナツ早退け。
創一君、森君ご来店。
夜は静か。メール連絡に勤しむ。
TSUTAYA寄り帰宅。
夕食は冷やし中華。美味い!
メール連絡。
「ありふれた事件」を観る。いわゆるPOVのホラーなどは子供のオモチャに思えてくる、血の通った素晴らしい力作。山下敦弘や白石晃士がフェイクドキュメンタリーで実践している、言葉では言い表しようのない不快感と気まずさを画面に定着させる路線のヨーロッパ版という風情で、大変面白い。

**********

7/24

10時前に起床、業務スーパー経由で出勤。
今日は時間に余裕ありバテず。昼もほどほどの忙しさ。
ベルトルッチ本読む。
夕方早退けし、BOOK OFFで「家族の庭」DVDやパンフ何冊か購入し、SEIYUで買い物して帰宅。
2時間ほど仮眠。
夕食。
アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督「バベル」を観る。なかなかよく出来ていると思うが、最終的には菊池凛子の凄い顔だけが印象に残る。
8/9の準備、「ありがとう」手直しなど。
ナツ帰宅。
メール連絡。

**********

7/25

9:30起床、サトー商会経由で出勤。
張り切って仕込み、準備するが昼はかなり静か。今日は店番一人なのでお手柔らかにとは言ったものの...。
哲さんご来店。
夕方ナツ一旦戻り、火星へ南陀楼さんのトークを聞きに行く。
ベルトルッチ本読む。
としお君と森君ご来店。
帰宅、夕食。
アン・リー監督「ブロークバック・マウンテン」を観る。あの3本の初期作品とこの映画が同一監督というのはイメージしづらいが、この映画自体はかなり面白い。寂寥感と熱烈さが同時に来る。

**********

7/26

10時前に起床、酷暑のなか出勤。
昼は賑わい、有り難い忙しさ。
甲斐さんご来店。
昼すぎから連続仕込みの末、夕方早退け。
駅前TSUTAYA寄り帰宅。
8/9の準備。
あまりの暑さに耐えられず、今シーズン初めて冷房をつける。
日記を清書、ようやく5月まで辿り着いた。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡と日記更新。
テレンス・マリック監督「ツリー・オブ・ライフ」を観る。斉藤さんに勧められたマリックだが、観ていると頭の芯がジンジンしてくるような映画だ。しばらくの間、自分が観たものが何だったのかよく分からない。
久美子さんから電話で明日のお誘いあり、ナツが行くことにする。

**********

7/27

10時過ぎ起床。
ナツは久美子さんと10-BOXへ、石川さんの蔵書市を見に行く。
出勤途中に後輪パンク。やむなく停めて徒歩出勤しバテる。
ナツも出勤、「転形」など、なかなかいい本を仕入れてきた。
本儀先生ご来店。
今日も忙しく有り難い。
徒歩で買い出しに行き再度バテる。体力落ちたな。
閉店後、久美子さん、相原君来て歓談。東京帰りの創一君も合流、2時ぐらいまで楽しく過ごす。
やはり徒歩で帰宅し、疲労して寝る。

0 件のコメント:

コメントを投稿