2014年7月10日木曜日

イノセントガーデン・インベージョン・ブレイクアウト・セントオブウーマン・悪徳・その土曜日、7時58分・カポーティ・女が階段を上る時・HELL・ジーリ

3/17

11:30起床、快晴。
パク・チャヌク監督「イノセント・ガーデン」を観る。印象が薄い。
ナツ10-BOXへすんぷちょを観に行く。
15時過ぎホルンに行き片付け。
藤本さんから小包届く。XTCを聴きながら作業。
業務スーパー、SEIYU寄り帰宅。
メール連絡。
ナツ帰宅、スパ作り夕食。
「ドッグヴィル」再見。いやーほんとに面白い。

**********

3/18

10:30起床、業務スーパー経由で出勤。
非常に静か、知らないうちに雨も降っていた。
仕込み終え14時過ぎに早退け。
yutoricoで純子さんの展示を見る。花札の模写は笑った。
夕食の買い物して帰宅。
金曜のライヴの選曲と練習。
オリヴァー・ヒルシュビーゲル監督「インベージョン」を観る。要するにボディスナッチャーだがキッドマンの緊迫度が高くなかなか面白い。
入浴。
やはりキッドマン主演で打ち捨てられていたジョエル・シュマッカー監督「ブレイクアウト」を観る。しかもニコラス・ケイジ共演なのに、このB級感はどうだろう。前半の不快感は「ファニーゲーム」的だが...。
自主練習し、夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
マーティン・ブレスト監督「セント・オブ・ウーマン 夢の香り」を観る。マーティン・ブレストなんてバカにしてたけど、これはあり得ないほどの大傑作ではないか。アル・パチーノの全身から立ち上る哀しみと狂気。
メール連絡。

**********

3/19

フェスの打ち上げの夢をえんえん見て目が覚め、13時過ぎっぽいなと思ったが11時半だった。即出勤。
森君、伊藤哲さん、志津川のお父さんらご来店。
瀬川さんご来店、ワンダフルオファーあり。
夕方ナツ早退け。
しばらく振りで砂漠の高橋さんご来店。まさか来るとは思わないから、須藤さんかと思ってしまった。海外生活の話など聞く。
としお君、森君ご来店。
帰宅、夕食。
メール連絡。
アルドリッチ「悪徳」を観る。期待通り、ジャック・パランスが情けなくも色気があって手応え充分。悪役のロッド・スタイガーも最高(身を守るポーズには爆笑してしまった)。ついでに、このスタイガーのキャラが、「ツイン・ピークス」でリンチが演じた捜査官の元ネタではないかと思ったがどうかな。

**********

3/20

10時半起床、即出勤。
今日は雨で静か。
仕込み終え、13時台に早退け。
練習。
シドニー・ルメット監督「その土曜日、7時58分」を観る。フィリップ・シーモアが出ているという興味だけで観たが、ちょっと映像的に気合いが過剰かなあという気がして、最後まで乗り切れなかった。
また練習。
ベネット・ミラー監督「カポーティ」を観る。映画としてはそれほど夢中にはなれなかったが、このフィリップ・シーモアは体を張っていて美しいと思う。
しつこく練習、夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
メール連絡。
成瀬巳喜男「女が階段を上る時」を観る。仲代達矢が情けなくてイイ。加東大介も素晴らしいが、やっぱりこういう役なのか...。

**********

3/21

11時過ぎ起床、即出勤。
昼は静かで、山中評伝やふちふな新聞を読んでいたが、麓さん・oonoさん・田中さんが来て賑やかになる。
夕方カフェ・ド・ルシールへ。皆さんと合流しリハ。
瀬戸さん、大森さん、かさこさんらご来場。
最初にKenichi Wagaさん。誰にも真似できない音楽をやっていると思う。
自分の本番では、麓さんが「鬼火」のコードの改良点をみごと喝破。
oonoさん本番。弾き語りを初めて聴く。独特で清冽なギターに耳を澄ませながら、もしもギターが弾けたなら、と思う。そしてつくづく、僕の曲ってどんくさいな、とも思う。
最後に麓さん本番。「HELL」が名曲。相変わらず麓さんの曲は、やり過ごすことのできない歌詞が満載だ。
終了後、萬寿山に移動。oonoさんの奥様、麓ファンのさやかさん、高橋さんも来て楽しく賑わう。麓さんに「死ぬのは怖くないですか」と訊かれて、反射的に「怖くないです」と答えたが、本当は怖い。
1時頃散会、TSUTAYA寄り帰宅。

**********

3/22

10時半起床。頭痛がする。
小野君ご来店、あゆ子の予定の話。
藤野君ご来店、金村修を教えてもらう。
18時早退け。
マーティン・ブレスト監督「ジーリ」を観る。やけに評判が悪いけれども、そういうのに限って観てみたら傑作だったりするんだよな〜と思いながら観てみたら、本当にゴミみたいな映画だった。存在自体が許されるべきではない映画である。目玉である筈の、クリストファー・ウォーケンやアル・パチーノの1シーンずつの出演が余計に悲しさを増長させているが、これらのシーンだけがこの映画の存在価値であるのも事実だ。ブレストはこれ以降映画を撮っていないようだが、どうしちゃったんだろう。
悲しみの入浴。
夕食準備。
ナツ帰宅、夕食。
口直しに「真夜中のパーティー」を再見。素晴らしい。そして二回目の方が泣ける。

**********

3/23

10時半起床。
睦子さんご来店、Seventh Codeの話。
山中評伝読む。
としお君ご来店。
閉店後、卓さん、藤野君、創一君、相原君来て歓談。満を持して「鑑賞界」の相談などで盛り上がる。
深夜に久美子さんも来る、3時頃まで歓談。
4時近くに帰宅、即就寝。

0 件のコメント:

コメントを投稿