2014年5月20日火曜日

フィルカラルド・マシニスト・孤独な天使たち・戦場からの脱出・丹下左膳餘話 百萬兩の壺・ラストタンゴインパリ・パイレーツロック・流れる・モールス

2/3

11時起床。
郵便局で支払い。
昼食後、フィリップ・シーモア・ホフマンの死を知る。
ヘルツォーク「フィツカラルド」を観る。この映画自体が、目的がよく分からない凄みと狂気に満ち満ちている。物語がどうこうではなく(面白いけど)、イメージそのものを提供するための、純粋映画と言える。
ナツは夕方出かける。
ブラッド・アンダーソン監督「マシニスト」を観る。ダメかなと思っていたが、役者がなかなか良くて飽きずに観る。
芦田君が早速七針の録音を送ってくれたので聴き返す。
メール連絡。
鍋作る。
ベルトルッチ「孤独な天使たち」を観る。何気なく借りてきた映画だが、これは物凄い名作。観終わる頃にナツが帰宅したので、夕食ののち、もう一度最初から観る。二度目も涙腺が弛んでしまった。

**********

2/4

10時過ぎ起床、朝市経由で出勤。
店のレイアウトが変わっていた。
大森さん、濱田さんらご来店。
18時頃早退け。
TSUTAYA、SEIYU寄り帰宅。
おかず、味噌汁作る。
ヘルツォーク「戦場からの脱出」を観る。これもよく考えたら相当変な映画だなあ。ヘルツォークってやることなすこと変なのに、映画作りの技術がムチャクチャ高いから、余計特殊な所に位置する映画になってしまうんだろう。
ナツ帰宅、夕食。
満を辞して山中貞雄監督「丹下左膳餘話 百萬兩の壺」を観る。最初から最後まで素晴らしく、幸せな気分に浸る。チャンバラシーンの欠落は、むしろこの映画に合っていると思う。
「モールス」を読んで寝る。
寝入りばなにハチクマが腹の上に落下し、意識が遠のく。

**********

2/5

10時半起床し即出勤、仕込みの鬼と化す。
久美子さん、大典さんらご来店。
買い物で外に出ると強烈な寒さ。鼻がツーンとする。
創一君ご来店、映画の話して癒される。
18時頃早退け、SEIYU寄り帰宅。
ベルトルッチ「ラスト・タンゴ・イン・パリ」を観る。マーロン・ブランドの死んだ奥さんの愛人の設定というか、アイディアが秀逸。
スンドゥブ作る。
ナツ帰宅、夕食。
たまっていたメールの返信をやっつける。
ナツと七針反省会。
「モールス」読んで寝る。

**********

2/6

10時過ぎ起床、ナツが先に出勤。
「モールス」読む。
ゆっくり入浴。
甲斐さんと北野君ご来店。
今日も静か。
XTC来日公演のパンフが届き、熟読。なかなか凝った印刷だ。
ナツ夕方早退け。
帰宅、夕食。
トニー・カーティス監督「パイレーツ・ロック」を観る。この映画の良い所は、ホフマンが死なない、という所だろうな。
「モールス」読んで寝る。

**********

2/7

10時過ぎ起床、朝市経由で出勤。
仕込み終え16時頃早退け。
駅前TSUTAYA、SEIYU寄り帰宅。
ホルモンともやしの炒め物、味噌汁作る。
ナツ帰宅、夕食。
成瀬巳喜男監督「流れる」を観る。これは物凄い世界が開けてきたぞ...。
「モールス」読んで寝る。

**********

2/8

9時半起床、出かけようとしたら自転車の空気が抜けていたのでナツに先に行っててもらう。
空気入らずタクシーで神社庁へ駆けつけ、神事に参加。僕だけラフ過ぎる服装で恥ずかしい。
挨拶もそこそこに、先にホルンへ行き開店準備、仕込み。
今日はどか雪で静か。
藤野君ご来店。
気分転換に図書館行き、借りてきた蓮實の対談集を読む。
ナツ18時頃千夏さんらに会いに行く。
としお君、田多さんご来店。
閉店後、雪のなか45分かけて徒歩で帰宅。
マット・リーヴス監督「モールス」を観る。重々承知していたが、これはやっぱりヨーロッパ版の役者だからあんなに感動したのだと思う。
ナツ1時過ぎに帰宅。
世論の話題で怒り心頭に達する。精神に良くないと思う。

**********

2/9

10時半起床、ナツ先に出る。
今日も雪道を徒歩で出勤。
悪路でも来てくれるお客さんが居て有り難い。
蓮實の対談集読む(深水藤子など)。
閉店後、藤野君、皆木君、相原君来て1時頃まで歓談。楽しい。
2時頃帰宅し即寝。

0 件のコメント:

コメントを投稿