2013年7月24日水曜日

三人姉妹・ファニーゲームU.S.A.・Mr.Pのダンシングスシバー・選挙2・TOKYO JOE・息子のまなざし・ある子供・ジャン・ルノワール越境する映画・ロルナの祈り・ロゼッタ

7/15

13時起床、すぐにナツと出かける。
エルパークでフラスコの「三人姉妹」観劇。フルオーディションで集まった役者さんたちの熱意が予想以上のものだった。照明も素晴らしい。
ナツはダイシン、僕は生協で買い物しホルンへ。片付け、仕込みなど。
19時作業終わり、夕食の買い物して帰宅。
ナツ帰宅、夕食。
ハネケ「ファニーゲーム U.S.A.」を観る。まさかとは思ったが本当に全編「ファニーゲーム」を再現している。どういう意図なのかさっぱり理解できないが、奥さんのあの溶け落ちそうな顔面と肉体のみじめさは、ナオミ・ワッツでは再現できないことは明白だった。

**********

7/16

9:30起床、10時頃朝市経由で出勤。
清水さん、横田やの横田さんご来店。
金田一さんから電話、幡ヶ谷の様子など聞く。
ルノワール本読む。亡命後に書かれた本人の書簡が次々に紹介される内容にしびれる。
岩住君ご来店、芝居の話。
若生さんご来店、おやつ貰う。
19時頃早退け。TSUTAYA、ダイエーに寄って帰宅。
ジンギスカン、白菜と卵のスープ作っておき、満を持して田代廣孝監督「Mr.Pのダンシングスシバー」を観る。あんまり「ダンシング」じゃなかったなあ...。
途中でナツ帰宅、夕食。
「Mr.P」を最後まで観る。

**********

7/17

10時過ぎ起床、ゆっくり出勤。
亀岡さんご来店。メディアテークで展示があり寄ってくれたという。
昼過ぎに店を抜け、チネ・ラヴィータへ「選挙2」を観に行く。ドブ板の象徴みたいだった前作から一転して、憑き物の取れたような山さんの姿。これが本来の顔なのだと思う。一見弛緩した山さんのアティテュードの周辺にカメラが向けられると、ジワジワと真綿のように締め付けてくる「無関心」という不気味極まりない人々の姿。この、ジワジワ感を時間をかけてあぶり出していく編集は神業に近いものがある。やけに偉そうな運動員や地方議員のみっともない姿に、客席から苦笑まじりのクスクス笑いが漏れる。
店に戻り、入れ替わりでナツ早退け。
夜、としお君ご来店。NHKに森君が出た時の映像を見せてもらう。
帰宅。小栗謙一監督「TOKYO JOE マフィアを売った男」を観る。ミリキタニにダブるところがあるな。本人はもちろんだけど、弟や息子の証言が大変面白いので、もう少し家族との関係を掘り下げて欲しかった。
途中、ナツ帰宅。
アンディが演奏にも参加しているという情報を見つけ、数年振りにThe Wallflowersの3曲を聴く。

**********

7/18

11時起床、ゆっくり出勤。
昨日同様静か。
今日はナツが「選挙2」を観に行く。
ルノワール本読む。
FALL三品さんから工藤さんの陶展のDMが届く。
ナツ戻る。「選挙2」の面白さを共有出来て楽しい。
細谷さんご来店、マヘルの話、映画の話など。
19時過ぎ早退け、ダイエー経由で帰宅。
ナツ帰宅、ラーメン作り夕食。
XTCデータ整理に勤しむ。

**********

7/19

10時過ぎ起床、出勤。
今日はよく晴れて気温も戻ってきたが、意外にも静かな金曜。今週大丈夫かな...。
細谷さんがたけしさんという友達を連れて来る。
椋尾さんご来店、「運ちゃん」大ヒット。
ルノワール本読む。著者の愛情がひしひしと伝わってくるなあ。
ライナーを書いたプカプカCDが届く。ジャケがまずオカシイ。
人形制作のため、19時頃ナツ早退け。
TSUTAYAに寄って帰宅、夕食。
タイトルが気になって借りた、ダルデンヌ兄弟監督「息子のまなざし」を観る。主役のオリヴィエ・グルメという役者が素晴らしく、ラストまで目が釘付けになった。この監督、ものすごく面白い。他のも観てみよう。
深夜、久々に大きめの揺れ。

**********

7/20

10時過ぎ起床(寝坊)、出勤。
今日も土曜としては静か。
連続仕込み、合間にルノワール本読む。
里ちゃんご来店。
18時頃ナツ早退け。
SEIYUで買い物し帰宅、夕食。
ダルデンヌ兄弟「ある子供」を観る。想像以上に悲惨な話でありながら、徹底した主人公の少年のダメっぷりがむしろ気持ちいい。引ったくり〜逃避行〜カタストロフの流れの完成度が尋常でなく高い。オリヴィエ・グルメさんも刑事役で出演。なんでこんな面白い監督を知らなかったんだろう。
そういえば昨日からちよじが帰っていない。

**********

7/21

11時まで寝てしまう。慌てて起床、投票所経由で出勤。
今日は田多さん、小川さん、細谷さん、清水さん、北野君、川村さん、里ちゃん、藤野君らご来店。
非常に忙しい昼のさなかに、雄哉さんが娘さんのはるのちゃんを連れてひょっこり現れて嬉しかった。すっかり父親の顔になっていた。
ルノワール本読了。面白くて一気に読んでしまった。
閉店後、ナツはポンコ練習のため、TSUTAYA経由で先に帰宅、夕食。
選挙結果をテレビで見る。毎度の事ながら落胆。
ダルデンヌ兄弟「ロルナの祈り」を観る。「ある子供」のジェレミー・レニエが少し成長して、またもや悲惨な(しかし切ない!)バカ者を演じている。ロルナは真意を計りかねる演出で塗り固められているが、真意が分かった時に分厚い壁が一気に氷塊するような感覚が凄い。
ナツ帰宅。ちよじも帰宅。
ダルデンヌ兄弟「ロゼッタ」を観る。ダルデンヌ兄弟は今のところハズレが1本も無いが、恐らくこれが最高傑作なんじゃないだろうか。全てのシーン、全てのショットに感動し震える。笑い、ペーソス、恐怖...全部が揃っている。ダルデンヌ映画における諏訪太郎的存在のオリヴィエ・グルメも大活躍するし...。もしかしたら、これは10指に数えてもいいぐらいの名作かもしれない。


0 件のコメント:

コメントを投稿