2013年2月24日日曜日

朴さん・ホンタテドリ・あなた、バカみたい・シーズソーラブリー・なまこじょしこおせえ・スパルタの海・独立愚連隊

2/15

10:40に家を出ればいいやと思いながら時計を見たら10:40になっていたにもかかわらず二度寝しようとする自分を鼓舞して起床。
意外に忙しい昼。その後も何度か忙しい波が来る。
カサヴェテス本を引っ張り出して読み返す。
本儀先生、藤野君ご来店。
18時ナツデモへ、終わってから里ちゃんと戻る。
疲労。
帰宅後、メール連絡の続き。
カン・テジン監督「朴さん」を観る。同じ家族ものでも「誤発弾」とは趣きを異にする作品で、どちらも面白いけど脚本の上手さでは「朴さん」に軍配が上がる。チェシクの叔母にパクさんが虐められるシーンの露悪的な演出には大衆芸能的な愉しさが詰め込まれていたが、逆にチンピラ上がりのチェチュンとパクさんが和解するシーンの驚くべき簡潔さは、まるでイーストウッドのように巧みだ。
アルドリッチ本を読んで寝る。

**********

2/16

10:30起床、外の積雪に驚く余裕も無く朝市経由で出勤。出がけに玄関の靴箱の角に膝を強打する。
仕込み中に胃痛。
近所の立町薬局へ胃薬を買いに行き、親切にしてもらう。ガスター10という立派な商品がありながら、より手頃なバラ売りの薬を勧めてくれたりして、泣きそうになる。薬で胃もずいぶん良くなったし。
15時過ぎに早退け。TSUTAYA、SEIYUに寄って帰宅、少し寝る。
起きてから親子丼、味噌汁作る。
ナツ帰宅。須貝さんの東京土産、ホンタテドリのLPを受け取る。
ステファン・エリオット監督「プリシラ」を観る。前から気になっていた映画のひとつだが、あのDVDパッケージから受ける印象通りの作品だった。
寝る前にホンタテドリのLPを聴く。我が家のポンコツコンポで聴いているにもかかわらず、ムチャクチャ音がいい。

**********

2/17

10時過ぎ起床、ナツ先に出勤。微妙に二度寝して11時に着。
1時過ぎまで猛烈な忙しさ。極力淡々とこなせるように努力したがやっぱりバタバタしてしまったかもしれない。
シェシズをかけていたら向井さんご来店。やはり、何か人智を超えた能力をお持ちのようだ。
15:30、藤野君に迎えに来てもらう。花壇で濱田さんと合流し、片平で前野さんから丸椅子をお借りし、米ヶ袋で機材を積んでホルンに戻ると、ちょうど藤井さんが着いたところだった。
仕込み後、濱田さんのリズムボックスを忘れてきたことに気付き慌てて戻る。
ふたたびホルンに戻って濱田さんと最終リハ。Auto EmillionをアンプにつないだらNOISEばりに音が歪むことが発覚。これはこれで面白いけど、濱田さんに悪いのでやめる。
藤井さんに言われて判明したことだが、かつて僕はユダヤジャズで藤井さんと一緒に演奏したことがあるのだという。知らなかった...というか単なる偶然とはいえ、光栄過ぎる。
開場後、店内にいっぱいの濱田ファンが集結するさまを見て胸が熱くなる。
最初に濱田さんソロ。仙台では初めて歌うという「太った雨」という曲が印象的。ギターが弾けない僕には一生かかっても思いつかないような曲だ。濱田+澁谷で5曲。ジェリー・ダマーズになりきって頑張ったが、やっぱりどうしてもファミコンみたいな演奏になってしまう。続いて藤井さんのソロ。ビンスパーク以来で久々に観たが、たぶんあの時と同じような選曲にもかかわらず、存分に胸を撃ち抜かれ感動を味わう。岸野さん的な揺るがなさというか...。でももっと危うい魅力がある。すべて名曲。
終了後、藤井さんのCDがすぐさま完売。1枚は僕が買ったけど。
再び藤野君に協力してもらい機材、椅子など降ろしに行き、店に戻って片付けをし、再度家まで送ってもらう(自転車が店にあるのをすっかり忘れていた)。
家でひとりIGLOO作業に没頭。
ナツ帰宅、夕食。IGLOO作業の続きに精を出す。
アルドリッチ本を読んで寝る。

**********

2/18

13時起床。午前中に起きようと思っていたけど、どうしても体が言うことをきかない。
IGLOO作業、メール返信など。
徒歩でホルンへ。片付け、仕込みなど。チャーハンを作っておく。
ナツと入れ代わりで帰宅。裁判所前で自転車の濱田さんとすれ違うが、あっという間だったので「あっ!」と言ったきりそのままだった。
ディスコグラフィー作業。追加情報の多さに我ながら頭を抱える。
ナツ帰宅、夕食。
ニック・カサヴェテス監督「シーズ・ソー・ラブリー」を観る。ジョン・カサヴェテスのオリジナルの脚本がどのぐらい生かされているのか不明だが、割と普通の娯楽映画として見られるようになっている。ロビン・ライト・ペンの「モーリーン」は「こわれゆく女」でジーナが演じた妻の原型みたいなイメージなのだろうか。それにしても、これはこわれ過ぎているけど。
アルドリッチ本を読んで寝る。

**********

2/19

10:30起床、ナツ先に出勤。
「なまこじょしこおせえ」リマスター盤が届く。ユニオン特典のバッヂ(金野さんデザイン)は鞄に付ける。
田多さん、卓さん、創一君ご来店。
必要な仕込みを終えて早退け。TSUTAYAに寄り帰宅。
さっそく「なまこじょしこおせえ」を聴く。曲順はLPと同じだが、インサートが全然違うし、ブックレットも付いているのでお得感がある。レコードの関係者は「世も末だ」と思っているようだけど、こうしてLPもCDも買う人間が居るわけだから少しは意味があるのだと思う。
メール返信。
ナツ帰宅、肉じゃが作る。やっぱりどうしても思うような味にならない。
テレビで蛭子さんのデッサンを見る。上手いとか下手ではなく、情緒がある。
ディスコグラフィー作業の続き。やっているとキリがなくて時間を浪費してしまうので途中で切り上げ、今日借りた西河克己監督「スパルタの海」を観る。なるほどカルトムービーとしてはこんなに面白い映画は無いが、プロパガンダ映画のつもりなのだとしたら誰が観ても大失敗作だ。

**********

2/20

9:20起床、朝市経由で出勤。
驚くほど静かな日。カサヴェテス本読む。
夕方、岩住君(仙台四郎)ご来店。途端に複数のお客さんが示し合わせたように入店(森君含む)。忙しくなる。
閉店後、ナツは久美子さんとゴリラへ行き、僕は先に帰宅。
拠所ない事情によりマヘルのDVDを観ながらメール返信を書く。このDVDのアバンギルドのパーソネルを知りたいけど、もはや不可能だ。近い情報ほど手に入りづらい。
ナツ0時過ぎ帰宅。
IGLOO作業。

**********

2/21

11時過ぎに目が覚めて飛び起きる。
森君と瀬戸さん、清水さん、本儀先生らご来店。
16:30早退けする。
ディスコグラフィー作業大詰め。カセットをデータ化する作業がどうしても面倒だし時間がかかるので最後に残ってしまった。
鶏団子と玉コン鍋作る。
ナツ帰宅、夕食。
たまったメールを書き続ける。

**********

2/22

10時過ぎに目が覚めて飛び起き、朝市経由で出勤。
ダブル仕込み。昼は静か。加藤哲夫さんと交流があったという方がご来店。奇特にも、この日記を読んで下さっているという。デモの事、映画の話など。
ナツやや風邪気味というので、15時過ぎに早退け。
しばらくは静かだったが、夜、あゆ子と大森さん、岩住君、てるてさん、複数の常連さん達にご来店いただき、大変有り難い気持ちで閉店する。
帰りは雪。帰宅して夕食。
メール書き、ディスコグラフィー作業などする。
アルドリッチ本の作品篇が佳境に入ってきた。

**********

2/23

9:30頃ナツ先に出勤。僕は10時頃起きて朝市経由で出勤。 
久々に土曜日っぽい昼。14時ぐらいからかなり静かになったけど、疲労してしまい眠くなる。
夕方、芦田君がひょっこり来る。結婚式とのこと。
山路さんから、山路製めん手ぬぐいと「ムートン山」のCDが届く。
18:30頃早退け。洗い物片付け、豚肉と小松菜とコンニャクの炒め物、味噌汁作る。
カセットをダビングしつつ、メールを書く。
ナツ帰宅、夕食。
岡本喜八監督「独立愚連隊」を観る。佐藤允といえば去年は「みな殺しの霊歌」を観て改めて感心していたが、暮れに亡くなっていたのは知らなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿