2012年8月25日土曜日

XTC地獄・チェイサー

8/22

寝坊して10:30に家を出る。朝市経由で出勤。
今日もたいへん静かな平日。岩住君ご来店。有り難い。
睡魔が尋常ではなく、ネットカフェで2時間休憩。派遣の頃を思い出すなあ。
17時頃店に戻ると、本儀先生ご来店。ナツは今日も人形制作のため先に帰宅する。
夜は藤野君ご来店。明日の仕込みを大急ぎでする。
帰宅後、XTCの映像アーカイヴを整理。時々、何を持っていて何を持っていないのか分からなくなる。最近上がった"Chorus"と"Crackerjack"の映像を新たに確保。
今日届いたVHS "Orange & Lemons Interview '89"も観てみる。これも激安だったなあ。それにしても"Orange & Lemons"って。このインタビュー映像、ひたすら喋る3人の映像がほぼ据え置きのカメラで収められている。傑作バンド・ヒストリー人形劇"Road to Oranges & Lemons"が併録されていることを考えると、まさかこれもヴァージンのオフィシャルプロモ映像の一つなのだろうか?

**********

8/23

今日は談合の結果、ゆっくり出勤することになっており、11時まで悠々と寝る。
やはり静かな平日。昼は男性の伊藤さん、夜は女性の伊藤さんご来店。伊藤さんありがとう。
溜め込んでいた支払いをしにあちこち回る。靴の中で何かが踵に刺さった!と思って脱いで見たら、長い時間をかけて折れ曲がった靴底のピンの先端が、靴の内側に達していたのだった。
夕方、ナツは人形制作のため先に帰る。
SEIYU経由で帰宅し夕食。
今夜もXTCの映像整理。終わったら映画を観ようと思っていたけど、藤本さんからとんでもないものが送られてきてまたXTC地獄へ引き戻されるのであった。

**********

8/24

かなりメチャクチャな夢。自分が2人存在しているので、数字の計算のやり方も2種類ある、と考えている。夢の中で、常にその事を意識していて、いずれもう一人の自分に出くわしてしまうのではないかという恐怖と、出くわしてしまった場合には当然、2種類の計算のやり方が衝突することになるので、自分のやり方の正当性を証明できなければならない、というプレッシャーを感じている。夢の終わりまでのかなり長い部分を占めていたくだりがまた不気味で、20階建てぐらいの大きさの高層ビルを全て木で建てる相談に費やされていた。そのために自分で編み出した複雑な計算をしまくって、誰かに説明し続けていた。

10時頃起床し、慌てて出勤。朝市寄るがレバー買えず。
今日も非常に蒸し暑い。いまさらバテなのか何なのか、昼からやけに疲れるものの、今週に入ってからの状況を考えれば、まずまずの忙しさに励まされる。
ナツは猛ピッチでデモ用のプラカード人形を作成し、18時に出かける。
藤野君ご来店。12月の盛岡の話など。
閉店時間にナツ戻り、僕は先にSEIYU経由で帰宅。
食後、ナ・ホンジン監督「チェイサー」を観る。このごろは、ソウルの街並の映像を観るだけで気持ちが落ち着くようになってしまった。 警察批判を含んだシリアル・キラーものとしても一流の出来映えだし、韓国映画特有の乾いたユーモアもある。役者(特に犯人役のハン・ジョンウと被害者役のソ・ヨンヒ)も美術も撮影も素晴らしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿