2012年8月17日金曜日

大都会の夜景・練習しよう

8/14

昨夜は暑さのあまりパンツ一丁で大の字になって寝ていたら、蚊取り線香の買い忘れが祟って、全身を無数に蚊に刺されて酷い目に遭った。まるで人体実験だ。
朝市はお盆ということで大部分の店が休んでいたが、いつも肉を買っている店が開いていてとても助かった。暑中見舞いに店名入りタオルまでくれた。
去年の例もあるし、今日は暇だろうなあと予想していたが、有り難いことに予想を裏切られてなかなか忙しい昼時だった。それにしても、満席でお客さんを断らなければならないのだけは、いまだに辛い。13席しかない狭い店をやっているほうが悪いのには違いないし、どうしようも出来ないといえばそれまでだけど、わざわざ階段を上がってきてくれた人を追い返すのは、ほんとうに心苦しいことだ。
昼は、ワイキキ帰りの戸田君が蓑西君を連れて来てくれた。あの二人はほんとに仲がいいなあ。
夕方以降は静かになり、画像スキャンのやり直しをしに行ったりする。ナツは人形劇台本を執筆。
20時ぐらいにナツ先に帰る。
帰宅して真っ先に蚊取り線香を点火。
春名さんから、探している本の事で電話あり。僕が書名を根本的に勘違いしていたことが発覚。根本的に勘違いといえば...と思い出し、かえるさんの事をtwitterに書いてみる。
岩淵監督から、メールで嬉しいお知らせあり。大したもんだ。

**********

8/15

なかなか起きられず。10:50頃やっと起床。
今日こそは暇だろうと思っていたが昨日よりも忙しい。しばらく全く余裕無し。たかをくくっていたため仕込み間に合わず。去年のお盆はこんなじゃなかったんだけどなあ。もちろん、嬉しい誤算ではあるんだけど。みかささん、純子さんらご来店。
その忙しいさなかに、"King for a Day"のUS盤CDシングルが届く。改めて見たら、これオリジナルヴァージョン入ってないのか。リミックス2トラックと旧曲2曲。CDシングルとしてはかなり変な作りだ。
閉店後、若生さん、森君、としお君が集まり、人形劇の打ち合わせ。軌道修正ならぬ、軌道逸脱することで作品に生命が与えられるという奇跡が起きた。
22時過ぎ散会し、ナツとゴリラ食堂で食事。鶏照焼き定食。
帰宅後、渾身のブートを焼いたり、よしぎんへのバス時刻を調べたりする。今日も時間無く映画観れず。

**********

8/16

飯場もしくは刑務所みたいな所で知らない人に混じって給食を食べる夢を見た。
8時台に起床、9時前に出る。暑い。
ネットカフェでの濱田さんとしおりさんに渡すブートCDの資料作成を経て10:20出勤して仕込み。
お昼にジョンのサン一行がご来店。相変わらず仲の良さそうなバンドだなあ、と遠巻きに眺めながら思う。そうこうするうちお盆最後の忙しい波が来ててんやわんやとなる。カレー足りなくなりそうなので買い出しに行った帰りに、道の向こうから歩いてくるジョンのサン一行と行き会う。皆でツアー先の町を歩いたりして、なんかいいなあ。
16:30、店を抜けさせてもらいバスで五輪へ。ギャラリーチフリグリで濱田さん、ジョンのサンのライヴを観る。濱田さんソロのセットは、毎回思うことだけど新曲が一番いい。特に今回の新曲「大都会の夜景」(どこかで聞いたタイトルだが)は250分ぐらいの上映時間の映画のエンディングでおもむろに流れても差し支えないぐらいの出来映え。アンコールの「その後の13時間」もいぶし銀の魅力だった。
ジョンのサンを観るのは'09年の三茶以来。バンドというのは転がる石のようにどんどん変化していくものだと思っているけど、ジョンのサンに関してはいつ観ても印象は変わらない。それは決して悪い事ではなく、むしろこの人たちのような音楽/演奏をするうえで、あの印象を保つのはとても困難を伴うことだと思うのだけど、それをあっさりと続けている感じがするのが不思議でならない。名曲だと思った「練習しよう」は聴いた記憶が無くて、立石君に「新曲ですか」と訊いたら、けっこう前からある曲だという。
機材提供と運搬を担っていた藤野君の車に載せてもらい、11月・12月のライヴの相談をしたりタバコ談義などしながらホルンへ戻り、食事。ナツは明日のデモの準備をするというので先に帰る。
斉藤さんに家のキーボードを貸し出す約束をしたので、気合いを入れてキーボード周りを片付け&本体の掃除。汗だくとなる。
0時過ぎ、作りかけのデモ人形を手にナツ帰宅。ほぼ、久美子さんと雑談していたという。
深夜に久美子さんにメール。明日の夜、もう一度個人練習させてもらうことにする。

0 件のコメント:

コメントを投稿