2012年12月31日月曜日

螺旋海岸notebook・yumbo忘年会・砂漠の流れ者・2012BEST50

12/29

10:30起床し即出勤。朝市はもう混み過ぎで移動もままならない。
夕方ぐらいまで密度の濃い忙しさ。
創一君が帰省前にご来店。
そして今年一番ビックリした、原鉄さんご来店!しかも福ちゃん、こたさんと待ち合わせしており、夢のような状態となった。
続いててるてさん御一行、田多さん御一行もご来店し、しばらく満席となる。
「螺旋海岸 notebook」を読了。写真集も待ち遠しいなあ。
夜、芦田君ご来店。明日から家族旅行だという。交流のあるバンドやミュージシャンについての話、悪徳高速バスの話など22時ぐらいまで。
閉店後、芦田君と別れてナツと萬寿山で食事。料理人が違うのか、いつもと量・質ともに違う気がする。
ナツと別行動。ドンキでバルクを買い、ネットカフェで忘年会用のプリントアウトなどして帰宅。
CD-Rを焼きつつ、内容を聴き返す。今年も色々あったなあ。

**********

12/30

ハチクマの意思がネットにアップされており、それをナツと喜んで読んで騒ぐ夢を見る。「布団の中で寝る時は間にクッションを入れてほしい」などと書いてある。

10:45に叩き起こされ、雨のなかグズグズと出勤。なぜこんなに寝足りないんだろう。
今日はほぼ一日、忘年会のためのカレー作りに勤しむ。
岩住ファミリーご来店。前野ファミリーに並んで、今年最もお世話になったファミリーだと思う。
関さんとモモさんご来店。楓子ちゃんの誕生会の前に来てくれた。待望のBGM集vol.6を拝受。
米山さんご来店。お土産にとんでもなく有り難いものを頂く。菅野修ファンであることを公言していて良かった!
戸田君ご来店。まだ関さんたちが居たので、期せずして楽しいプレ忘年会となる。
夜は昨日に引き続き田多さん御一行、清水さんと北野君らご来店。今年の営業のシメとなった。
閉店時間にぼちぼち忘年会メンバーが集まる。あゆ子、小野君、大月さん、前野ファミリー、山路さん、瀬戸さん、大森さん、若生さん、藤野君、森君、としお君。0時ぐらいまで、編集した今年のベスト・テイクを聴き返しつつ歓談。たいへん幸せな会となる。
帰りは雨が上がっていた。1時頃帰宅。

**********

12/31

今日は思い切り寝ようと考えていたので14時まで寝ていたが、あまりにも暇なので起床。
15時過ぎ、ナツは店へ片付け(と若生さんの忘れ物受け渡し)、僕はSEIYUへ買い物に行く。
藤野コレクションより「砂漠の流れ者 ケーブル・ホーグのバラード」を観る。一年をしめるのに相応しいな。
ナツ帰宅後、年越しそばを作る。またそばを茹で過ぎてしまった。
細谷さんとメールのやりとり。

以下、今年のBEST50まとめ(日付順)。
01.【ライヴ】ワッツタワーズ@渋谷 O-West (1/11)
02.【ライヴ】sakana@吉祥寺 マンダラ2 (1/12)
03.【書籍】ジョナス・メカス「メカスの難民日記」(みすず書房)(1/21)
04.【書籍】こるねBooks「鹿沼のポンプ小屋」(こるねBooks)(1/30)
05.【映画】「闇のカーニバル」(山本政志)(2/15)
06.【映画】「トウキョウソナタ」(黒沢清)(2/20)
07.【映画】「CURE」(黒沢清)(3/16)
08.【中古レコード】Occult Chemistry "Occult Chemistry" (7"/Dining Out/1980) (3/24)
09.【ライヴ】さりとて@仙台 PANGEA (4/7)
10.【映画】「北国の帝王」(ロバート・アルドリッチ)(4/9)
11.【ライヴ】Morrissey@仙台 Zepp (4/19)
12.【中古レコード】V.A. "Aurora Music" (Cassette book/かげろう-Assemblage/1984) (4/26)
13.【中古レコード】Randy Newman "Guilty: 30 Years Of Randy Newman" (4CD/Warner Archives-Rhino-Reprise/1998) (5/15)
14.【ライヴ】高玉卓司@仙台 喫茶ホルン (5/20)
15.【演劇】A級Missing Link「限定解除、今は何も語れない」@仙台 エルパーク仙台スタジオホール (5/21)
16.【映画】「ル・アーヴルの靴みがき」(アキ・カウリスマキ)(5/28)
17.【中古レコード】sakana "光線" (CD/SSE Communications/1994) (6/24)
18.【中古レコード】Mania D "Track 4" (7"/Monogam/1980) (7/1)
19.【演劇】劇団無国籍「ゴトウカナエの失踪」@仙台 エルパーク仙台スタジオホール (7/6)
20.【映画】「殺人の追憶」(ポン・ジュノ)(7/10)
21.【映画】「ほえる犬は噛まない」(ポン・ジュノ) (7/17)
22.【映画】「冷たい熱帯魚」(園子温)(8/1)
23.【映画】「オアシス」(イ・チャンドン)(8/21)
24.【映画】「シークレット・サンシャイン」(イ・チャンドン)(8/31)
25.【映画】「ペパーミント・キャンディー」(イ・チャンドン)(9/5)
26.【ライヴ】jugz@仙台 ギャラリーチフリグリ (9/16)
27.【映画】「恋の罪」(園子温)(9/20)
28.【新譜】Donald Fagen "サンケン・コンドズ" (CD/Reprise-Warner Music Japan) (10/16)
29.【新譜】原マスミ "人間の秘密" (CD/Office Pagevan) (10/20)
30.【新譜】Peter Blegvad & Andy Partridge "Gonwards" (CD+DVD/Ape House) (10/23)
31.【発掘音源】sekifu "fledged" (CD-R/葦) (10/25)
32.【写真展】伊東卓「ROOMSⅡ」@仙台 SARP (11/1)
33.【イベント】田口史人「レコード寄席番外編」@仙台 駄菓子屋よしぎの (11/10)
34.【書籍】河添まみこ「映画が私を変えた 『追悼のざわめき』&小人症の妹」(アニカ)(11/13)
35.【写真展】小岩勉「FLORA#03」@仙台 SARP (11/16)
36.【新譜】무키무키만만수 "2012" (CD/Beatball-Superstars) (11/20)
37.【映画】「うつせみ」(キム・ギドク)(11/24)
38.【映画】「ニーチェの馬」(タル・ベーラ)(11/30)
39.【発掘音源】The Velvet Underground & Nico "ヴェルヴェット・アンダーグラウンド&ニコ〈45周年記念ニュー・デラックス・エディション〉" (2CD/Polydor-USM Japan) (12/10)
40.【映画】「春夏秋冬そして春」(キム・ギドク)(12/10)
41.【映画】「演劇1・2」(想田和弘)(12/15・17)
42.【書籍】想田和弘「演劇VS.映画 ドキュメンタリーは『虚構』を映せるか」(岩波書店)(12/17)
43.【映画】「キクとイサム」(今井正)(12/18)
44.【発掘音源】タコ "タコBOX vol.1 甘ちゃん" (4CD/Fuji Super Discs-Disk Union) (12/20)
45.【ライヴ】鈴木健雄クインテット@幡ヶ谷 forestlimit (12/24)
46.【再発】小山景子 "記憶の運河" (CD/Fuji Super Discs-Disk Union) (12/24)
47.【写真展】志賀理江子「螺旋海岸」@仙台 せんだいメディアテーク (12/26)
48.【書籍】志賀理江子・せんだいメディアテーク「螺旋海岸 notebook」(赤々舎)(12/26)
49.【中古レコード】ムーンライダーズ "火の玉ボーイ コンサート" (CD/Moonriders/2011) (12/27)
50.【映画】「オープニング・ナイト」(ジョン・カサヴェテス)(12/27)
 

2012年12月29日土曜日

uramado outfits vol.5・記憶の運河・螺旋海岸・オープニングナイト

12/22

目が覚めたら薄暗くて、「まだ早朝だな」と思ったが、時計を見たら10時だった。雪がちらついており曇天。朝市経由で出勤。
今日は忙しくてドタバタになるような事もなく、かといって心配になるほど静かになるということもない、程よいお客さんの出入りだった。昼過ぎに岩淵さん、麓さん、阿部理沙さんが揃ってサンタ帽を被ってご来店。
阿部さんから「すなもよう」他の作品のDVDを頂戴する。高城さんの話を聞いたばかりなので、マンガみたいな展開だ。
夜、ナツは「サンタクロースをつかまえて」の初日を観にフォーラムへ。20時過ぎに創一君を連れて戻る。森君の事務所名問題など、もろもろの課題について語り合ううち23時となる。

**********

12/23

まだ9時ぐらいだろうと思ったら11時になっていた。もはやジタバタしてもしょうがない時間なので普通に出勤して普通に仕込みをする。
今日もまた程よいお客さんの出入りとなった日。素晴らしい。岩住君とビリー君ご来店。
19時閉店。今週は体調の波が激しくて大変だった。
雪のなか帰宅。メールを書いたりお土産を準備したりゆっくり風呂に浸かったりしてダラダラと過ごす。

**********

12/24

6:30ぐらいに目覚ましが鳴る寸前に起床。「息子」の三國連太郎のように極寒のなか支度をして、7時過ぎに出発。自転車で駅前まで行き、8時の高速バスに乗車。車内で久しぶりにマンガを読む。ウシジマくんがまだ続いており、ストーリーは何がどうなっているのか分からないがやっぱり面白い。
13:30新宿着。例によってまずユニオンへ。満を辞してsakana「洗濯女」LPを購入。個人的には最近不作な気がする6Fも一応覗いておこうか...と行ってみたら、Liquid Liquid "Dig We Must"の初回や、Christopher Reeves/Peter Jenningsの7"など、手頃な拾い物があった。
ネットカフェで30分ほど休憩し、15:30に幡ヶ谷forestlimitへ。
着いたらいきなり鈴木健雄クインテットの面々がリハの準備をしていて、もう既に場が出来上がっている。後飯塚瞭さんだけでなく、金田一さんもヴァイオリンを弾いているので驚いた。訊くと、浩一郎さんから譲り受けた楽器なのだという。高田洋介さんのサックスが気持ちいい。
工藤さんの到着が遅れるというので所在なくブラブラ。大谷君からPANの7"を買ったり、お米ちゃんや長谷川さんや細谷さんや福岡さんとヘラヘラしたり、朝さんとムキムキマンマンスの話をしたり、久々に会う田村君、佐藤さん、井伊さん、小林君、前島さん、鈴木さんなどマヘルの面々と挨拶したりする。前回のショーボートから入ったという戸谷さんというドラマーにも初めてお会いできた。
やがて工藤さん到着し、久下さん、中尾さん、西村さん、さらに小山景子さんと娘さんが同じ空間に居たりする段になると、密度が濃過ぎて時空が歪む。こういうのが福岡さん企画の面白いところだなあ。
開場後、西川さんと話すうち、気付いたらお客さんが場内にすし詰めになっていて、なんだか場所を取るのが悪い気がして、荷物置き場になっている脇のDJブースの中にすっぽり入ってみたら広々としてて悪くないので、ずっとそこで観ることにする。
最初はジジキから。リハで工藤さんや中尾さんが首を傾げながら練習していた曲で、結局完成形の見えないまま本番となったので、どうなるんだろう?と思っていたが、もう10年ぐらい演奏している曲のように演奏するので笑ってしまった。
続いてPAN。前にアートランドで観た時はまだUSツアーの時の編成だった筈だから、小林君、芦田君を含む今の布陣は、ヘタすると違うバンドになってるんじゃないか?と思ったし、実際、まろやかなコーラスと大らかな流れに乗った大谷君の歌が出てきた時は、「おっ、随分変わったな」と思ったものだけど、あの柄崎さんのスタイルが全編に貫かれているのは見事な効果を生んでいたし、もはや金子さんの境地に達したのではないかと思われる大谷君の歌とも相俟って、ちゃんとPANの新生面を示したものになっていると思った。
次は待望の小山景子さん。ドラムが娘さんで、ベース西村さん、ピアノ工藤さんで「春の丘」を2回演奏。「再びのバビロン」とか聴きたかったなあ、などと贅沢は言うまい。目の前に小山さんが居て歌っているというだけで充分。
次はマコメロジー。今井さんと作ったという曲が泣けた。それにしてもお米ちゃんの持つまろみはやはり注目に値すると思う。
そして期待の鈴木健雄クインテット。これは間違いなく今夜の最高のバンドだった。○○野郎Aチームも真っ青の、ばけもののような風体で登場した朝さんが金田一さんと抱擁した時点で目頭が無意味に熱くなる。鈴木さんが発信器を鳴らし、朝さんが音を出し始めた途端に、胸をしめつけられるような感動をおぼえる。いつも思うことだけど、朝さんほど心に直接触れてくる音を出すドラマーは世界中探しても居ないと思う。この美しさ、怖さはハンもミルフォードもとっくに超えている。しかしこうやっていくら賛辞を重ねても追いつかないぐらいの場所に朝さんは居る。
素晴らしきノイズを浴びて空洞のようになった状態で登壇し、マヘル始める。リハをしていないため、あらかじめ配られたスコアをめぐってその場で指示を出され演奏。返しがどうなっているのか把握する余裕なく、ほぼ工藤さんの声・ギターと戸谷さんのドラムを聴きながら弾く感じ。名曲「休日出勤」に参加できたのが嬉しかった。
最後は再びジジキが演奏してしめるという粋な演出。工藤さんは相変わらず超人だった。
終了後、物販で小山さんのCDを購入。LPはいくら探しても見つからなかったから、今回の再発はとても有り難い。
出際に朝さんと挨拶できて良かった。
打ち上げには出ず、小林君と新宿まで一緒に移動。別れてから立ち食いで鴨汁そば。今日初めてのまともな食事かもしれない。
ライヴでは疲れなかったのに、京王新線のホームからネットカフェへの徒歩で疲れてしまった。ほぼ即寝。

**********

12/25

6:30起床。早めに出るに越したことはないと思い、すぐさま新宿を出て東京へ移動。ちょうど7:36の仙台行きがあったので乗車。即寝するが首が右にガクンと折れて強烈な痛さで目を覚まし、また寝て...という事を30回ぐらい繰り返しながら9:40頃仙台着。駐輪場から自転車を出し、ベースを担いで朝市で買い物。
10:40頃ホルン着。いつもの仕込みをする。
今日は瀬戸さん、大典さん、小濱君、伊藤さん、としお君ら友人知人が多くご来店。皆さんの顔を見て日常に戻る。
夕食を作ることにして19:30に早退け。SEIYUで買い物して帰宅。
買って来たレコードを全て聴き、最後に小山さんの「記憶の運河」を聴く。まずライナーを読んで、自宅録音でPOLY-800を使用しているという事実に興奮する。実際に音を聴いて更に興奮。なにこれ名曲しか入ってないじゃないか。
ナツ帰宅、ラーメン作る。
食後ダラダラ過ごすうちに疲れと眠気マックスとなり、早めに就寝。

**********

12/26

9:50にものすごい北風の音で目が覚めて、「キタカゼトタイヨオ」の事を思い出す。
朝市経由で出勤。
甲斐さんと清水さん、入れ代わりでぷりぷりさんご来店。ぷりぷりさんは志賀さんの展示を観に来たと言うが、偶然その場にいた女性の方も他県から観に来ていたと言う。
そういう事もあってか、やはり年内に観ておこうと思い立ち、一時店を抜けてメディアテークへ。志賀さんの「螺旋海岸」を観る。
写真の事をよく知らない僕にとって、基本的に志賀さんはよくカレーを食べに来てくれる「お客さん」なわけだが、この展示を観る体験を通して、一気に「とてつもなく凄いお客さん」に変貌してしまった。もちろん、ずっとホルンにポスターを貼っていたわけだから志賀さんの写真は観ていないわけじゃないけど、実際にあの夥しい点数の写真を観るまでは、(当たり前だが)本当に観たことにはならなかった。立ち並んでいるのは写真という物質だけど、繰り返しジャズのテーマのように現れる表象が連綿と心に蓄積して、なおかつ『意味』から強引に引き離されて意表を突く刺戟的なイメージが現れもするので、とてもスリリングかつ感覚が満たされるような、有機的な喜びを味わうことができた。
ぽーっとして一旦店に戻るが、やはり我慢出来ずに戻って、受付でテキスト集「螺旋階段 notebook」を購入。しばらく読み耽る。あれらの写真の背景にあるもの、そこに至る志賀さんの時間が詳細に言語化されており、心を揺さぶられる。特に北釜の人々の言葉が出てくるくだりになると、ううっと泣けてきそうにさえなる。
18時頃、ナツは前野家へオーブンを借りに行き、そのまま早退け。
森君、としお君ご来店。森君は食事してすぐに若生さんとのユーストをしに行く。
22時過ぎ帰宅、ナツ作の鍋で夕食。
メール返信などしてダラダラと過ごす。

**********

12/27

10時起床し即出勤。朝市が年の瀬特有の混み具合になり始めた。
春名さんから寒中見舞いのカード、大場さんから見事なパンの詰め合わせが届く。こういうのは本当に嬉しいなあ。
各種支払いなどしにあちこちへ行く。今月の経営はじつに苦しかったが、なんとか乗り切れそうだ。
今日はかなり静かということで、「螺旋海岸 notebook」の続きを興奮のうちに読み進める。
16:30早退け。今日届いたムーンライダーズ「火の玉ボーイ コンサート」を聴く。これは去年のライヴの「プレミアムーンチケット」という特別席に付いていたCDで、この手のライダーズの非売品で唯一持っていなかったものなので、ようやくこれで一区切りついた感じだ。しかし、仙台電力ホールの演奏が入っててビックリしたな。
豚肉とコンニャクとタケノコの炒め物を作る。ワンパターンだけどこれが一番手早く出来る。
ナツ帰宅、食事。
メール返信など片付ける。
藤野コレクションより、ずっと観たかった「オープニング・ナイト」を観る。カサヴェテスはいつも金太郎飴的な映画を撮るというイメージをずっと持っていたけど、「オープニング・ナイト」はそんな勝手な思い込みを楽しく裏切ってくれる、時に気味悪く、時にきらびやかな変化に富んだ映画だった。 こんなに寒々しいストーリーなのに、豊かな重層的な作りにワクワクさせられる。そして何もかもがカッコイイ。いわゆる現代的なシュッとしたカッコ良さではなく、予想を遥かに超えたマジックを見せられた時にだけ感じるカッコ良さ。

**********

12/28

10:30頃起床し即出勤。
今日もまた静か。昨日よりちょっといいかな?というぐらい。おかげで志賀さんの本はレクチャーの章を全て読み終えることができた。9回目・10回目のレクチャーは、もうやめてくれというぐらい泣ける。
忘年会で作るカレーのことをぼちぼち考え始める。
夜、城田君ご来店。ようやく밀양のCD-Rを渡せた。
18時頃ナツも城田君もデモへ出かける。
としお君、森君ご来店。岩淵さんの映画の事など話す。
帰りは雪が降る中、SEIYUに寄って買い物をして帰宅。
滞っていた日記のまとめを2時ぐらいまでかかって書く。この一週間は気付いたら色々あったんだな。

2012年12月22日土曜日

演劇2・演劇1・キクとイサム・すなもよう・ヲンナコドモ

12/15

RaincoatsのブートLPを見つけて喜ぶ夢を見て、10:30ぐらいに起床。雨のなか出勤。
明日が投票日ということで、ちょっとぼんやりする隙があると選挙の事を考えている。まさか民主、ましてや自民や維新に投票する愚かな人は日本には居ないと僕は固く信じているけれども、それでもふと、いい知れない不安が心を過る。
夜、ナツの太っ腹な提案により、仙台フォーラムへ「演劇」を交替で観に行くことになり、取り敢えず今日は僕が夜の回の「演劇2」を観に行く。
上映時間2時間50分ということだけど、始まったが最後、平田オリザのやる事なす事、およびそれを克明にとらえる想田監督の聡明さに胸がすく想いが連続で去来し、僕には一種の「ヒーローもの」のように思えて、またすぐに最初から観たいと思うほど面白かった。極端な話、あの映画に出てくる平田オリザ以外のすべての人物がダメ人間に見えてしまうぐらいの素敵さだ。事前にパンフを読んだり評判で目にしていた「ロボット演劇」のシーンはさほど気にしていなかったけど、実際に観たらムチャクチャ面白い。
フォーラムを出る時は完全に平田オリザの影響を受けて、あの超フラットで穏やかな微笑をたたえて自転車に乗り、たいへん幸せな気持ちでホルンへ戻る。
森君ととしお君がちょうど帰るところに行き会ったが、相変わらず事務所の名前は決まっていないようだった。
23時頃帰宅。藤野君から借りた映画を観ようかなと思っていたけど、やはり今日は「演劇2」の余韻を残しておきたい。

**********

12/16

10時台起床。片平小で投票し、ゆっくり出勤。
南陀楼さんご来店。昼は異常な忙しさだったが、その後極端なまでに静かになる。
睦子さんご来店。「演劇」の話が出来る相手が居るのは嬉しい!
夜、若生さん、藤野君、創一君らが遊びに来る。選挙の結果は夜には分かっていたが、1時頃までひたすらバカ話に邁進(または逃避)する。こうなったら、このメンバーで国を作っちゃう方が賢いような気がした。

**********

12/17

9:30頃颯爽と起床、ナツと仙台フォーラムへ駆けつけ、「演劇1」を観る。青年団の周到な稽古風景や、ツアーの段取り確認、劇場での一致団結した仕込み風景やリハーサルの様子など、芝居作りの細部を見せてくれる。僕はフラスコのおかげで演劇の世界につま先だけ突っ込ませてもらった経験があるから、こうした風景には少しだけ馴染みがある。あのストイックで一心な機動力は、ライヴハウスなどでは絶対に見ることのできない、演劇独特のものだと思う。ああいうものを想田和弘のような人が映画にすることには深い意義があるし、演劇を知らない人にこそ広く見て欲しい映像だと思う。それにしても志賀廣太郎までが仕込みやバラシに参加しているのには驚いたけど、やはりそういうのも素敵だなあ、演劇だなあと思った。「2」同様、要所要所で無音になる演出も非常に効果的で、何やら得体の知れない、暖かいものを感じる。終わり方も最高。やっぱり全然長さを感じさせない内容だったことに驚嘆。
終了後、想田監督の関連書籍「演劇VS.映画」を購入し、隣の喫茶ビジュウで食事。ハヤシライスとエスプレッソ。お店の人に「ホルンの方ですよね?」と声をかけていただき、嬉しいようなくすぐったいような気持ちになる。
ホルンで片付けをし、本格的に風邪をひく前に先に帰る。
16:30頃ナツ帰る。
(このあとの記憶無し)

**********

12/18

10時起床、朝市経由で出勤
風邪気味でフラフラする。里ちゃんともちゃん来るが、熱っぽい感じもあるので、必要な仕込みを全て終えてから、15時ぐらいに早退けする。
夜までバッタリと睡眠。
ナツ帰宅後、夕食。復調。
藤野コレクションから今井正監督「キクとイサム」を観る。これは傑作...。メロドラマ的に流されない屈強な画面と相俟って緊張感を維持し、次の展開を暗示する音楽が凄い。現代ならむしろ都会の人間の方がキクたちに優しくするのだろうけど、寒村の大らかなコミュニティーの中でキクたちが守られている描写を見ていると、実際はこうだろうなと思う。もちろん、物語の進展の中でそのゆるやかなコミュニティーが無自覚な差別へと崩れてゆくさまが、何よりも哀れなんだけど。

**********

12/19

10:30頃ナツ先に出勤。 僕はなかなか起きられず11:20ぐらいに出た。
今日は冷え込み厳しく、非常に静か。
濱田さんご来店。2月のライヴの相談。楽しくなりそう。新作のラフミックスを頂戴する。
19時頃店を抜けて近所のtiki-potoへライヴを観に行く。最初に出たWagaさんは3年前にプレハブ食堂で対バンして以来。テルミンを鳴らしている姿が印象に残っていたので、シンプルな弾き語りに意表を突かれる。一見朴訥とした語り口の底に、そこはかとないユーモアとサイケな手触りがある。続いてcero高城さんの弾き語り。風邪で絶不調ということだったが、このまえYouTubeで観た、似たようなコンディションのRandy Newmanに比べれば全然ちゃんとしたパフォーマンス。あんな声、よく出るなあ。噂に聞いていた「鬼火」のカヴァーはあまりに美しくて、高城さんがシングルにして出せば売れるんじゃないかと思ってしまった。学生の頃に作ったという最後の「すなもよう」は名曲だと思った。
藤野君来ており少し話し、ホルンへ戻る。途中、高城さんがホテルへ向かって歩いていたので、
ホルンに寄ってiPadで場所を確認し、高城さんをホテルまで送る。
閉店後、僕はSEIYUで買い物して帰宅。夕食。
今日届いたSteely Dan "Janie Runaway"、Donald Fagen "Countermoon"のプロモ盤を開封。"Janie Runaway"は数種出ている"Two Against Nature"のプロモの一つだが、これは他のと違ってエディットver.が収録されていない。まあジャケがいいのでコレクターズ・アイテムか。"Countermoon"は逆に、エディットが入ってるけど盤のみ。
葛根湯を飲んで早めに寝る。

**********

12/20

今朝はナツが「演劇1」を観に行くため早起きして先に出る。僕は10:20頃ゆっくり出勤。
今日も間違いなく静かだろうと思っていたら、昼は驚愕の忙しさだった。
13:30頃ナツ出勤するも、忙しさは依然として変わらず。
志賀さん、純子さん、森君らご来店。風邪っぽさは抜けたものの、労働でヘロヘロとなりあまり接客出来ず。
18:30、夕食を作ることになりSEIYU経由で先に帰宅。
ポストに大場さんと千夏さんのone too many morningsのカードが届いていた。
風呂掃除、洗い物片付ける。今日届いたSteely Dan "Cousin Dupree"プロモ、タコ "BOX vol.1 甘ちゃん"を開封。"Cousin Dupree"は、エディット収録のこのプロモよりもストックコピーのCDシングルの方が断然レア。
鶏だんご鍋を作る。ナツ帰宅、夕食。
「冷たい熱帯魚」DVD特典のコメンタリーを見始めるが、急激に眠くなる。
布団に入ってタコBOXをiPodで聴きつつブックレットを熟読。ヲンナコドモ!死人に口なし!

**********

12/21

10時過ぎ起床し朝市経由で即出勤。
今日は成り行きで一日中仕込みをし続けていた気がする。
森君ご来店。事務所名はどうなったのだろう。
18時ナツはデモへ。創一君ご来店。東京の土産話を聞く。その後、北野君、藤野君が連続でご来店。
ナツが里ちゃんとデモから戻り、20:30頃先に帰る。SEIYUで買い物。
日記まとめ作業、メール送信などする。
ナツ帰宅、夕食。
創一君が奇跡的にiPhoneで録音していた8/19の音源を送ってもらったので、早速聴いてみる。これは嬉しいなあ。

2012年12月15日土曜日

ニューせんだいノート・倫敦から来た男・雲国土・オアシス・マカロニ

12/11

10時起床し、朝市経由で即出勤、即仕込み。
昼は慌ただしく過ぎ、ようやく日常に戻った感。お昼、健一さんご来店。メディアテークで上映をした帰りに寄って下さった。
夕方、交替の早退けをさせてもらう。Vol.1に寄り、「エクソシスト特別版」DVDを500円で購入。帰宅して特典映像を観るが、どうも「ディレクターズカット版」の特典映像と同じものなような気がしてならない。「エル・トポ」の音効係を呼んでSEを入れてもらった、というくだりは初めて聞いた気もするんだけど...うーん。いずれにしてもディレクターズカット版はやや冗漫な印象があったので、そのうち本編を観直そう。
灯油を買いに行き、メール書きなどする。
22時過ぎナツ帰宅。甲斐さん編集の「ニューせんだいノート」が出来上がり、何冊か頂いて来た。表紙、本文ともに小岩さん撮影による人形群が網羅されており、ポンコレラの歴史を詳細にナツが語ったインタビューもあり、とても有り難い一冊となった。この冊子自体が、フリーながら見所多く読み応えもあり、今後店に置けるのが嬉しい。
今日は東京へ引き上げる直前の細谷さんとか、薄田さんなどもご来店したらしく、タイミングが合わなくて残念だった。
親子丼を作り夕食。タル・ベーラ監督「倫敦から来た男」を観る。やはり順番として、これを観てから「ニーチェの馬」を観るべきだったとは思うが、これを先に観ていたら「ニーチェの馬」を観たかどうかは分からない。少なくとも、観たとしてもかなり後回しになったかもしれない。ミロスラヴ・クロボット、ティルダ・スウィントン、レーナールト・イシュトヴァーンなど、役者の顔が皆凄くいい。娘に襟巻きを買ってあげるくだりは淋しくて好きだなあ。
芦田君から土日の録音が送られて来たので、取り敢えず土曜日のをiPodに落として寝ながら聴く。

**********

12/12

今日もズルズルと寝てしまい10時起床。10:40ぐらいにTSUTAYA、朝市経由でゆっくり出勤。
昨年のページェント期間と同じく、今年もかなり静かな日が続く。コツコツと仕込み。
福田さんから頂いたマクラウドのサンプルをメガプレイ。
夕方、藤野君ご来店。2DAYSの反省というか回顧。
18:30ぐらいにナツ早退けし久美子さんと遊びに出かける。
夜、森君ととしお君ご来店。新事務所のネーミングを考えて欲しいというので「オフィスなごり雪」をはじめとする名前をいくつか提案したがことごとく却下される。
22時頃森君たちが帰り、極寒のなか帰宅。忘年会の準備、コピー作業、メール送信など片付ける。森君の事務所の名前を考えるうち、「オフィス来夢来人」「オフィス萬寿山」「オフィス酒と泪と男と女」などの果てに、「オフィスSWITCHBACK」という最高にクールな名前を思いつく。
1時前にナツ帰宅。豆大福を食う。

**********

12/13

10時起床し即出勤。仕込み、足りない材料あり2回買い物に出る。疲労。
あまりにも静かで心配になる。やはり冬はこうなのか。
15:40ぐらいに早退け、藤野君宅へ行く途中、梅田町に住んでいた頃にたまに行っていた古本屋が営業しており、懐かしくなって入る。待ち合わせ場所で創一君と合流、藤野君宅へ。
藤野君宅で目にしたVHSコレクションは映画好きの夢であり、原盤コレクションはレコード好きの夢であり、いたがきの巨大バナナケーキはスウィーツ好きの夢である。いまどきこんなに夢のある家も珍しい。そしてやはり、ここでも禁断の話題に黒い花が咲く。
今日返却したのとほぼ同じ本数のVHSを借りて、20時頃ホクホクと藤野君宅を辞す。
近くのコンビニで作業後、SEIYUで夕食の買い物して帰宅。IGLOOの作業を一気に片付ける。
ナツ帰宅、おでん作る。
しばらく前に買ってあった「オアシス」を観る。奇妙な事に、2回目の鑑賞のほうが感動が大きく、見事に涙腺を刺激されてしまった。

**********

12/14

10時台起床し即出勤。今日も静かなんだろうな〜と思っていたら、ムチャクチャ忙しい昼となった。看板の所に1個、みかんを置いたのが良かったのかもしれない。
18時、ナツは新作プラカード人形を手にデモへ。
藤野君ご来店。20時頃、里ちゃん、久美子さん、めぐたんと共にナツ戻る。
閉店10分前、討議の結果僕が夕食を作ることになり先に帰る。SEIYUで買い物。
豚肉とコンニャクと豆苗の中華炒め、豆腐とネギの味噌汁を作る。
ナツ帰宅し夕食。
藤野君から借りた「マカロニ」を観る。20年ぐらい前に何度も観た映画だが、現在はDVD化されていないのか、レンタルで見かけなくなってしまった名作だ。印象は全く変わらず、やはり素晴らしい作品である。ジャック・レモンの「おかしな二人」も観たいなあ。

2012年12月11日火曜日

ウイークエンド・DOGU・ワイルドアニマル・春夏秋冬そして春

12/6

今日も微妙に寝坊して10:40頃に出る。かなりの強風。自転車に乗っていると顔に落葉がバンバン当たる。
昼過ぎ、かなり静かなのでIGLOO作業のため早退けする。Love RecordsでCDの外袋をまとめ買いする。店長さんと近況話す。いくつも異なるデザインで出ているSlitsのPeel Sessionsの'89年版があったので購入。
ネットカフェで밀양のジャケ、インサートの作業。2時間ほどで終了し、フリーダムでコピー。裁断料など入れても随分安くしてもらう。
18時過ぎ帰宅。洗い物片付け、メール返信など。
ジャケ組み立て、CD焼き作業に精を出す。
22時前にナツ帰宅、夕食。
その後も黙々と2時過ぎまでCDを焼き続け、袋詰めをし続ける。映画が観たい。

**********

12/7

やはり微妙に寝坊して10:30ぐらいに出る。朝市経由で出勤。日に日に寒さが増している気がするが、昨日みたいな強風よりはマシだ。
今日も静かだろうなあと油断していたら昼はなかなか忙しかった。が、やはり昼を過ぎると劇的に静かになる。
夕方、森君が青年団の俳優の方々を連れてご来店。
17:30頃、久しぶりに強力な長い揺れが来る。棚の物が落ちたりはしなかったので大したことはないといえば大したことはないのだけど、やはり精神衛生上良くない。
地震のためにデモが中止となり、僕は準備のため早退けすることになる。ゆっくり風呂に浸かってから楽譜の整理、荷物出しなどする。
20時過ぎに大月さんが迎えに来て機材を積み、火星へ。山路さん、あゆ子と合流。
今日は芦田君が遅くなるだろうし、ナツも店が終わってから来るので、取り敢えず4人でやってみましょうかと2曲ほど練習するが、死んだ魚みたいな演奏になる。
ナツ合流し、本格的に練習。23時前まで、2日間のライヴ用に用意した曲を練習。
練習を終えて帰り支度が終わった頃に芦田君来る。新幹線が2時間ぐらい遅れたのだという。2日間の打ち合わせをして散会。
帰宅後、残りのCDRを2時過ぎまでかけてコツコツと焼く。ナツと最近の懸案事項について話す。

**********

 12/8

8時台に起床。ナツが先に出勤。僕は一服してから9:30頃出勤。
今日はライヴのため時間をずらして10時開店するも、昼までものすごく静か。普段から12時開店と周知しているわけだから当たり前か。
一度、楽譜などの忘れ物を取りに戻る。
東風より、出来上がった「サンタクロース」のパンフが送られてくる。「砂漠」スタッフによる激早&いい仕事。
夕方の閉店時間近くになり、yumboメンバー、藤野君、triola波多野さんと手島さんらが合流。
17時前にナツはtriolaを連れてSENDAI KOFFEEへ移動。ホルンで主に芦田君のユーフォの練習などしておく。
冷たいみぞれの降るなか、17:30頃にSENDAI KOFFEEへ。ちょうどsakanaがリハを始めるところだった。西脇さんとポコペンさんにお会いしたら緊張するかなと思っていたが、不思議とお顔を見たらホッと緊張がほぐれた。sakanaのリハが始まり、あの歌声とギターの音が一気に溢れ出て来て圧倒される。本当に恐ろしいほどの凄い音楽だと思う。
機材の不調などもありやや押してyumboセッティング、triolaとの曲のチェックをササッと済ませ、開場。今夜もかなり寒いので、お客さんには申し訳ないことをした。12月の週末のイベントは難しいのだけど、今日は知り合い多数のご来場があり、とても有り難かった。
最初にyumbo。仙台では今年最後ということで気合いが入る。今日はパンゲアのクニさんがPAということで、かなり快調。お風呂に入っているような気持ちで演奏出来た。triolaと演奏するのは頼もしくて楽しかったなあ。
続いて、待望のsakana。今年はなんだかんだ言って吉祥寺に1回しか観に行けなかったから、最後の最後に物凄い贅沢をさせて貰っているなと思う。今回の選曲は名盤campolanoからと新曲(完璧。素晴らしい!)が中心で、曲ごとに「おお、おお!」と唸ってしまうのだけど、途中で不意打ちのようにロッキンチェアを演ったりもして、心憎い構成だった。しかしながらお二人は今日の新幹線で帰らねばならない事情で、演奏は短め。3時間ぐらい聴いていたいものだ。sakana終了後に、ちょこちょこっとご挨拶。相原さんがポコペンさんや西脇さんのサインをもらっていて羨ましくて、盗もうとしたが失敗に終わる。
ラストはtriola。波多野さんらしい軽やかで伸縮自在なコンポジション、手島さんとの息の合ったパフォーマンスが楽しい。歌ものが意外とはまっていたけど、個人的には「DOGU」とか「交わらない線」というような曲の、プログレッシヴなインストが好きだなあ。triolaのライヴ中、sakanaのお二人が帰京のため退場。triolaがバタバタとお見送りするという微笑ましい場面もあった。
イベント終了、撤収後、triola、yumbo、藤野君、創一君、相原さん、大森さん、森君らでホルンに移動しささやかに打ち上げ。今日はほとんど店の労働をしていなかったので、張り切って10人分のカレーを出す。歓談しつつ明日の盛岡への移動の打ち合わせもする。途中、ウイスキーとアイスクリームを持った岩住君が登場し、一時混沌とするが、明日の移動に岩住君が協力してくれるという予想外の展開となる。こういう人が居るから、バンドというものが維持出来るのかもしれない。
打ち上げ散会となり、ナツと自転車で帰宅。今夜こそ映画を...と思っていたが、さすがに時間も体力も無し。今日届いた、sakana収録の「lakeside / song」を聴く。sakana収録のオムニバスを集める過程で見落としてしまっていた1枚だが、これは目から鱗が落ちる逸品だった。

**********

12/9

13:30頃に起床。午前中に起きて映画を観ることを密かに画策していたのに。
14:30頃、芦田君、あゆ子、大月さんと機材をパンパンに乗せた藤野君来て拾ってもらい出発。triolaと山路さんは岩住君に乗せてもらい、既に盛岡入りしているという。
道中はsakanaをかけまくる。「my dear」「Little Swallow」「Blind Moon」「光線」。
盛岡市内に入ってからは予想以上に路面状況が悪く、スロー運転ということもあり17:45ぐらいの到着となった。 会場の九十九草へ。馬場さん、米山さんと合流。急いでセッティング、必要最低限のチェックを済ませて開場。やはり20分押しぐらいになってしまい申し訳なく思う。
東屋〜九十九草のスタッフの皆さんのホスピタリティー溢れる姿勢(飲食店の鑑である)と超快適な楽屋のおかげで本番前にかなりリラックス出来た。特に東屋の手打ちそばが美味で、これだけでも盛岡を満喫した気分になる。
今日はtriolaからスタート。場所に音がよくフィットしており、羨ましい。yumboって大抵の場所でフィットしないからなー。
続いてyumbo本番。今日は波多野さんたちが早めに会場を出なければ帰れないということで、時間との戦いになってしまったけど、ともかくあの内容を盛岡で演れて良かったと思う。僕のボンヤリのせいで時間オーバーの状態でtriolaがガーッと嵐のように去って行ったあと、粛々と演奏を続け、最後に「悪魔の歌」で終了。
撤収後、大月さん、山路さん、芦田君を乗せた岩住カーと別れ、ナツ、あゆ子と共に藤野カーで出発。帰りは高速の路面も凍っていて、60〜80キロぐらいで慎重に走る。持って来たsakanaは聴き尽くしたので"Pretzel Logic"をひたすらリピート。車内で禁断の話題となり爆笑に次ぐ爆笑となる。長者原SAで食事休憩。
1:30頃に帰宅。日記のまとめなどする。明日は早起きして映画が観られるだろうか?

**********

12/10

10:30に起きるつもりで目覚ましをかけていたのに、結局13時過ぎまで寝てしまう。
起きてすぐにコーヒーを入れ、キム・ギドク監督「ワイルド・アニマル」を観る。パリの風景の中で観るチョ・ジェヒョンはショーン・ペンっぽい危うさがある。チャン・ドンジクはなんかトータス松本みたいだなあと思っていたけど、観ているうちにどんどん良くなる。映画としてはもちろん面白いけど、ドニ・ラヴァンは女の子とイチャイチャしているシーンしか無かった気がするな...。
15時過ぎ、ナツとゴリラ食堂へ。唐揚げ定食。店内で「サ・ヴァ、サ・ヴィアン」が流れて幸せな気分になる。
ナツと別れ、ホルンへ。放置していた8日の宴の片付けと仕込みをする。
19時ぐらいに作業全て終わり、久々にタワーへ。ポイントがたまっているので、小一時間悩んだ末、ヴァン・ダイクの3rdの紙ジャケと、バナナ45周年記念2枚組版の日本盤を購入する。バナナは手持ちのブートとかなり被っていると思うけど、いくつか初見のトラックもある。かといって6枚組版を買う財力は無く、この選択となった。しかし悩んだなー。
21時前に帰宅。郵便物を作ったり、メールの返信を少しずつ書いたり、ポコペンさんと西脇さんの日記を読んで泣きそうになったりする。
今日2本目のキム・ギドク監督「春夏秋冬そして春」を観る。「受取人不明」や「うつせみ」の時も思ったけど、これキドク映画の中で一番好きかもしれないなあ。
メール送信などいくつか済ませ、日記のまとめ作業。iPodでバナナ2枚組を寝ながら聴くことにする。

2012年12月6日木曜日

ゆきゆきてクリスマス・悪い男・ピナバウシュ夢の教室・旭人君

12/1

10時台起床。出勤前にYAMAHAに寄って明日のライヴ用の鈴を探すが見つからず。
開店からしばらくの間、嘘かと思うほどの静けさ。ナツと二人、「ニーチェの馬」のような感じになる。
引き続き鈴を求めてCan Doへ行ってみたが鈴は無し。オモチャのホルンやケーナを衝動買いするが、これらは結局使い物にならなかった。結局、新星堂でちょうど良い鈴を発見。
店に戻ってから徐々に忙しくなり、気付いたら満席になっていた。こういう人の流れの合致って本当にミステリーだ。そんなさなかに岩住ファミリーご来店。
夜、藤野君、大森さん、森君ととしお君ご来店。
閉店後、先に帰宅。ナツも22時過ぎ帰宅。
楽譜の最終的な整理などする。マクラウドから「Kumokokudo」7"完成の報せ。

**********

12/2

9時頃起床。藤野君、あゆ子来て機材積み、五橋で大月さんを拾って出発。
2012年のベスト・アルバムを道中聴き続ける。藤野君相手に「ニーチェの馬」の素晴らしさを力説する。車中であゆ子の鈴用のリズム譜、僕の連絡ミスで大月さんが持って来られなかったフリューゲルのスコアなど書く。
15時過ぎ代官山着。芦田君と合流し晴れ豆へ。間もなく全員集まる。yumboリハ。波多野さん、お米ちゃん、小堀さん、篠原さん、関さんとの練習も兼ねているので少々時間かかる。おそるおそる麓さんに「さみしい」の歌をお願いしたら快諾して下さった。
メンバー数名と小堀さんとで、近くのカフェでお茶する。マロッキアートというものを頼んでみる。甘くて濃くて量が少ない。
さやさんと植野さんがちらっと来たらしいけど会うタイミングを逸する。
福田さんからマクラウドの驚くべき特典内容を明かされる。これはやばい。
岩淵さんの新作短篇+トレイラー上映からイベント開始。早くもスピンオフが!
続いて麓さん。秋葉原で対バンした時はバタバタしていてまともに聴けなかったが、今日はじっくり聴く。「メリークリスマス」は自分にとってちょっと異質な歌だと言っていたのが、他の曲を聴くとよく分かる。麓さんはどちらかというとランディ・ニューマン型の作家であって、あの歌に期待されるようなタイプでは決してない。いくつか「岩淵君の好きな曲を」とカヴァーを歌ったけど、彼自身の曲の方が断然良い。
続いてyumbo。演奏直前になって、場内SE用にDan Hicksのクリスマス・アルバムをかけてもらっていたことを思い出す。
本番は忙しい3部構成で、割と最近の曲/ゆきゆきて聖歌隊との「現実」曲/嘘の町と悪魔の歌という構成。ゲストの皆さんは非の打ち所がなかったと思うけど、yumboの演奏は(もちろん僕を中心に)すっとこどっこいだったなあ。それでもアンコールを頂き、麓さんとのさみしい、ゲストを加えた全員での家で終了。
ご来場いただいていた春名さん夫妻、野田さん、西宮さん、長谷川さん、堀尾さんと梅田さん、mooolsの内野さん、一平さんとツユコさんらと話したり、斉藤さん有泉さん、岩淵さんらと労をねぎらい合ったりする。
機材をまとめて会場から出たら雨。前回の下北インディーの時と同じく、斉藤兄弟の優しい方の人が駐車場まで一緒に荷物運びを手伝ってくれた。
出発後、まっすぐ首都高〜高速へ。佐野SAで食事。だんだん聴くものが無くなってきてiPodでyumboだけをシャッフルし始めたら、緊張するのか知らないが全員が眠らずに仙台に着いた。
4時過ぎ帰宅。晴れ豆に頼んだDVDの音質をちょっとチェックするつもりで観始めて、結局最後まで聴いてしまった。

**********

12/3

14時台に起床。
昨日の録音をCD-Rに落としつつ、再度聴き返す。
16時頃出て朝市で買い物し、ホルンへ。仕込み、片付けなど。最近落札した「冷たい熱帯魚」「オアシス」のDVDが届いていた。
ナツと合流しコーヒー飲む。平和。
北目の味の横綱に初めて入って食事。人気店らしく相席となる。お客さんの入れ代わりも激しい。毎日ヘトヘトになるだろうなあ。SEIYUで買い物して帰宅。
「冷たい熱帯魚」の特典ディスクを観る。メイキング、舞台挨拶など。でんでんカッコイイ。
キム・ギドク監督「悪い男」を観る。チョ・ジェヒョンは「鰐」「受取人不明」で観ているが、この役が一番ハードかもしれない。過去に喉を切られて声を失った、という裏設定があるらしいが、後半、路上で声を絞り出す演技はとても効果的。最後のショットはなぜか「トラック野郎」を思い出して笑ってしまった。

**********

12/4

午前中に大月さんが楽器を取りに来たようだが、爆睡していた。
ギリギリまで寝て10時過ぎ起床。ナツは先に出勤していた。
出勤時は雨。昼は普通に忙しくなったが、不思議と晴れてからは静かだった。
17時頃に早退け。TSUTAYAに寄って出たところで創一君に行き会う。「ニーチェの馬」を強く薦めておく。
SEIYUで夕食の買い物をして帰宅。洗い物を片付け、細かいメール連絡やダビング作業などする。
22時過ぎナツ帰宅。ベーコンとマッシュルームとドライトマトのスパを作る。
先日レンタルDVDの予告篇を観て気になっていた「ピナ・バウシュ 夢の教室」を観る。画面から流れ出る生命感が正視できないほどまっすぐで美しい。「コンタクトホーフ」は老人版もあるらしいけど、ぜひ観てみたいなあ。

**********

12/5

10時過ぎ起床。微妙に寝坊。朝市経由で出勤。
忙しい時間帯が過ぎてダラダラしているところへ、生田ちゃんが旭人君を抱いて現れる。買い物に出ていたナツが戻り、偶然ご来店の久美子さんも参入。まるで甥っ子が生まれたかのような歓びを感じる。
その後も佐藤さん、若生さん(밀양の素晴らしいジャケ原画を持参してくださった)、濱田さん、藤野君、としお君と、友人の連鎖が続き有り難い一日だった。
閉店後、メディアテークでの打ち合わせを終えたナツ戻り、帰宅。
「밀양㐧一集」の文字情報をまとめる作業。併行してメールのやりとり、twitterでの宣伝、日記のまとめなどするうちに2時を回ってしまった。

2012年12月1日土曜日

サニー・ブレス・アニマルキングダム・ニーチェの馬

11/26

13時台起床。
14時頃、ナツとホルンへ。細谷さんと清水さんのビデオ・インタビューを受ける。雑談のような感じでいいと言うので、本当に雑談のつもりで2時間ほど話す。
終了後、清水さんから、今井さんの事を知らされる。
打ちひしがれつつ、火星へ移動し夕食。久しぶりのセイロンカレー。
ナツはホルンへ作業しに、僕はTSUTAYA、SEIYUに寄って帰宅。
寒さのせいか、頭痛。メールのやりとり、郵便物作りなど。
ナツは風邪っぽいということで早めに寝る。ちよじも元気がなくずっと寝ている。ハチクマだけが元気で機嫌が良い。

**********

11/27

9:50起床。風が強くひときわ寒い。
久々に純子さんご来店。カレーで元気になってくれるといいが。
一昨日届いた、岩淵さんとの対談が掲載された「CDジャーナル」を読む。ドナルド・フェイゲンのアー写にしばし見とれる。
ナツが風邪気味ということで早退け。先週は僕が不調だったから、一人で閉店まで働くのは久しぶりだ。
帰りにTSUTAYAに寄り、観たいものを片っ端から借りる。
カン・ヒョンチョル監督「サニー 永遠の仲間たち」を観る。おやつ映画の部類に入る作品だと思うが、感動のラストまで集中力を途切れさせずに観せる技のレベルが高い。こういう、とてつもなくしょうもない映画に成り下がる可能性が充分にあるのにギリギリのラインでそうならない(させない)センスこそが韓国映画だと思う。コ・スヒ目当てで観たけど、大人のポッキ役のキム・ソンギョンも良かったなあ。

**********

11/28

10:30起床、即出勤。
水曜としては慌ただしい昼。落ち着いてから各支払いを済ませる。何も支払わずに済んだら大金持ちになれるな...と、全く意味のないことを考える。
中里さんから電話あり、パンフの写真変更の件など。
貝羽君ご来店。来年のヨーグルトきの子との共同企画のチラシを持って来てくれた。今回もてるてさんの絵がいい。
ナツは今日も大事を取って早退け。
夜、藤野君ご来店。12/2および8,9の話など。
SEIYUで夕食の買い物をして帰宅。白菜と春菊と鶏肉のうどんを作る。
キム・ギドク監督「ブレス」を観る。終始、怪演に目が離せなかったパク・チアは、観終わってから「コースト・ガード」のヒロインだったことに気付いた。

**********

11/29

10時前に起床、朝市経由で出勤。今にも降りそうな天気だが降らず。
今日はダブル仕込み。
昼が終わって15時ぐらいに、ナツ早退けする。
遠藤さんご来店。ボーダレスアートクラブのカレンダーを頂く。カレンダーって大抵貰っても要らないようなものばかりだけど、これは理想的。
夕方、創一君と若生さんご来店。徐々に忙しくなる。夜は森君ととしお君ご来店。副鼻腔の話をして森君に怖がられる。
閉店後の片付けが長引き、22時過ぎ帰宅。ナツ作のおでん、うどん。
デヴィッド・ミショッド監督「アニマル・キングダム」を観る。イーストウッド見習い、みたいな演出。肝心な所をすっ飛ばす感じは韓国の誰かに似ているが、韓国映画のような緩急は無く、むしろズブズブと生暖かい沼に沈み込んでいくようだ。「ポープ」の、一見普通なんだけど実はメチャクチャなキャラクターがかなり好き。

**********

11/30

10時起床、朝市経由で出勤。相本久美子の「チャイナタウンでよろめいて」が流れていて耳を疑った。確か、アレンジは矢野誠だったな...。
金曜の今日は驚くほど静か。ナツはプラカードに色を塗ったり、僕は図書館をブラブラしたりする。
夜、清水さんと志賀さん、てるてさんらがご来店。
18時、ナツはデモへ。20時前に戻ってから、早退けさせてもらう。
帰宅して洗い物を片付け、メール連絡、途中だった楽譜の作業の残りをやってしまう。
ナツ帰宅して夕食。
タル・ベーラ監督「ニーチェの馬」を観る。かなり期待度が高く、オープニングからワクワクさせられる画面だったが、150分間、一秒も落胆させられることなく終わった。ラストはヘタなホラー映画など問題にならないぐらい怖い。しかしこの映画ほど、観ながら食べているスナック菓子の臭いが合わない映画は無いな。

2012年11月26日月曜日

2012・ワイルドアパッチ・鰐・うつせみ

11/20

10時過ぎ起床、即出勤。
明らかに腰痛が進行している。
待望の무키무키만만수のCD "2012"が届く。危惧していたオーヴァープロデュースでもなく、愚直なほどのストレートさで録音されている内容は当然素晴らしいし、ジャケ、ブックレットなどのデザインのレベルの高さにも驚かされる。フェイゲン、原マスミ、PB & APなどに並んで、間違いなく、今年のベストの1枚。
夕方に腰痛が極まってきたので早退けさせてもらう。自宅で大人しくしている分にはさほど痛くならないので「治ったかな?」と思い立ち上がったりすると途端に激痛。
2日の演奏の準備に着手するも、なかなか思うように進まず。
ナツは人形の撮影もあり遅くに帰宅。

**********

11/21

10:20頃に起こされる。痛みが深刻化しており出勤だけでひと苦労する。ともかく買い物してホルンに辿り着き仕込みだけはするが、開店と同時に早退け。
14時頃、「サンタクロースをつかまえて」のパンフ用に、「砂漠」の中里さんからskypeでインタビューを受ける。意識を集中するのが難しく、いつもの事ながらまとまりの悪い談話になってしまった気がしてならない。あれを記事にするのは大変だろうなあ。
座っていても痛いので、寝転がって中断していた「ワイルド・アパッチ」を最後まで観る。ケニテイとウルザナの対峙するシーンは真空状態のような、感覚が麻痺させられる不思議なシーンだ。そして、老兵の死の間際の言葉「水曜日らしくない」の偶然に笑ってしまう。
19時ぐらいまで睡眠。ハチクマが気を遣って端に寄ってくれている、ような気がする。
22時過ぎナツ帰宅。
新しいモデムに接続し直す。これでネット問題が解決してくれるといいが。

**********

11/22

10:30頃に起こされる。今日も痛み引かず。ナツの英断で休ませてもらい、日中は硬い場所で寝てみる。
夕方起きて、SEIYUまで買い物に行く。やや調子が良い気がしたので洗い物を片付けたりする。
ナツ帰宅後、夕食。
キム・ギドク監督「鰐」を観る。デビュー作で低予算という情報しか無い状態で観たので、さぞかし荒っぽいんだろうなと思ったら、ものすごく丁寧に慎重に撮られた、ファンタジックな力作だった。ストーリーに多少の破綻があっても映像の魅力で押し切るパワーがある。
今日は早めに就寝。

**********

11/23

10:00起床、即出勤。
痛み引かず、ダブル仕込みして帰宅。
中里さんから電話あり、映画パンフのインタビューの修正についての話。
このところのストレスの原因と思われる、放置していた代官山のライヴの準備を一気に進める。
ナツ帰宅、おそろしく忙しい一日だったらしい。
今日も早めに就寝。寝床に入ってからiPodでShaggs、Slapp Happy、ムキムキマンマンスなどを聴きまくる。

**********

11/24

9:20起床、即出勤。久々に朝市で買い物する。
昨日に比べかなり痛み引いており、仕込みに精を出す。
多忙な時間帯が過ぎて静かになり、16時台に大事を取って早退け。コンビニでジャケのコピーや楽譜のスキャンなどして帰宅。
滞っていたメール連絡を一気に片付ける。
ナツ帰宅、夕食。
キム・ギドク監督「うつせみ」を観る。大まかなあらすじしか知らなかったが、映画が進むにつれて、これはなかなかの名作ではないだろうかと感じ始め、最終的には思い切り喝采を送りたくなる映画だった。アイディアの勝利だと思う。
興奮してなかなか眠れず。

**********

11/25

10時台起床、即出勤。
昼はかなりの忙しさ。腰の痛みがほぼ引いていて本当に良かった。あの激痛のある状態では、まず使い物にならなかっただろう。
小熊さんご来店し、「回生」の最新号を頂戴する。今回から若生さんが表紙を担当している。静かな時間帯にパラパラと読みながら、改めて「回生」における小熊さんの日記はとても意義深いと思う。詩は、今回は小熊さんの「雷命」がしみじみとしていて良かった。
夜、若生さん、創一君、相原さんが遊びに来る。狂女、変な物件、ゴミ屋敷の話など。
0時過ぎ帰宅。メール連絡。ちよじの腕の怪我は一旦落ち着いたかに見えたが、一進一退のようだ。

2012年11月20日火曜日

カリフォルニアドールズ(VHS版)・FLORA#03

11/14

9:50起床。予定通り!朝市経由で出勤。
昼下がりに皆木君ご来店。園子温、歌詞の話など。
店は静かだが地味に連続仕込みの日となる。夕方にナツ早退けし、引き続き2種類のカレーを仕込む。
夜、田多さんご来店。モーツァルトの記録をお渡しできた。
21:30頃帰宅。ちよじは化膿したまま塞がっていた傷が開いて腫れが引き、カーラー生活となる。
今日もネットの接続が怪しい。だましだましメール連絡をする。
ちよじ夜鳴きでほとんど眠れず。

**********

11/15

12時過ぎにナツからの電話で起床。
必要な仕込みを終え、16時頃早退け。
志賀さんや小岩さんの写真展に行くつもりだったが、自転車をこぎ出した途端にものすごい眠気に襲われる。SEIYUに寄って帰宅。
とある事情により「カリフォルニア・ドールズ」を観る。画面から溢れ出てくるピーター・フォークの生命力。
冬瓜のスープ、豚肉とこんにゃくともやしと豆苗の炒め物を作る。
23時台にナツ帰宅、夕食。

**********

11/16

10時前に起床、朝市経由で出勤。
「サンタクロースをつかまえて」の仙台用チラシとポスターが来る。
昼過ぎの静かな時間帯に、SARPへ中嶋将人さんの写真展「つく土」と小岩さんの写真展「FLORA#03」を見に行く。中嶋さんの写真は初めて見たが、すべてがクレイオラのジャケみたいで面白い。突然段ボール的なセンスとも言える。不思議な人だ。小岩さんの写真はいつにもまして放射する熱量が凄い。時折ポツポツと置かれた暗い写真がまた、「シークレット・サンシャイン」における暗部の描き方を思わせるペーソスがある。最後のショットなんか最高。
店に戻ると伊藤さんがご来店しており、自作の人形を見せてもらう。発泡スチロール、毛糸、ゴムひも、フェルトという何処にでもある素材だけで、CGには決して表現できない高みを瞬時に見せてくれる。これが本当の技というものだ。
18時頃ナツはデモへ。
スパムフォルダを片付けていたら、マクラウドのメールが埋もれているのを発見。企画倒れに終わったのかと思っていたkumokokudoトリビュート7インチが、ようやく完成間近という嬉しい報せ。工藤さん、川手さん、大谷君、テニス...と、関わっているメンツを見て5年前の欧州ツアーを思い出す。特に、工藤さんと大谷君と僕とマクラウドだけで、いくつかの過酷なショーをこなしたのは忘れられない思い出である。yumboにとっても初めてのアナログ盤だし、楽しみだ。
藤野君ご来店。創一君と家に遊びに行く件について話し合う。
帰宅後、「ワイルド・アパッチ」を観はじめるが、1時間ほど経ったところで底なしの睡魔に襲われ、仮眠を取るつもりで布団に潜り込み、そのまま泥のように就寝。
**********

11/17

9時過ぎ起床。結局10時間ぐらい寝たことになる。ナツはめぐたんの学芸会を観に朝から出かける。
とにかくネットの接続不良が酷いので、Yahooにネットワーク調整を依頼。
9:45に出て朝市経由で出勤。
割と静かなのもあって仕込み4連発を着々とこなす。
「ユリイカ」のポン・ジュノ特集が届く。
16時過ぎに早退けし、駅前のTSUTAYAに寄りキム・ギドクを借りる。雨。
帰宅。ネット改善されておらず、相変わらず切れたり繋がったりを細かく繰り返す。繋がっているわずかな空隙を狙ってメールを送ったりする。諦めて洗い物をしたりする。
ナツ帰宅、夕食。
青野さんにダビングするXTC補遺集の選曲・構成をしていったら、12枚組・全246トラックになってしまった。

**********

11/18

10時台に起床、朝市経由で即出勤。
午前中から強風が吹いており、立て看板が吹っ飛んだりしつつ営業。
岩住ファミリーご来店するが昼は忙しくコミュニケーション不能。冷たい奴らだと思われてないといいが...。
夜、創一君、相原君、若生さんご来店、かもめ問題など話し合う。相原君のインド、ネパール話が面白かった。
帰宅して即寝。

**********

11/19

11時頃目覚ましを止めた記憶はあるが、結局15時台まで寝てしまう。起きてすぐに入浴、ホルンへ行き片付けと仕込みをする。
SEIYUで買い物をして帰宅。若生さんご来宅。ナツはしじみ汁、僕は豚肉ともやしとコンニャクの炒め物を作り夕食。
2時ぐらいまで歓談し楽しいひとときを過ごす。

2012年11月14日水曜日

Shifty Adventures In Nookie Woods・愛の山河・映画が私を変えた・コーストガード

11/7

ものすごい時間に目が覚める。いつの間にか布団に猫2匹。観念してゆっくり入浴して開店直前に出勤。
藤本さんより、待望の音声ファイル詰め合わせが送られてきた。おかげで一日中、気もそぞろとなる。
夕方、ナツはめぐたんとプラカードを作りに出かける。
夜、藤野君ご来店。盛岡ライヴの件など。
20:30頃ナツ戻る。閉店して夕食。
先に出てTSUTAYAに寄り帰宅。速攻ですべての音声ファイルを次々に開き、メモを取りまくる。驚愕と興奮で鼻血が出そうになる。

**********

11/8

10時台にゆっくり起床。急ぎの仕込みが無くて良かった。
細谷さんご来店。ムキムキマンマンス、10ミニッツ、公民館運動、インタビューの話など。
16時に早退け。TSUTAYAに寄ってSEIYUで買い物して帰宅。
複数の約束をローラー作戦で処理すべく奮闘。7割方終了した。
タイ・ウェスト監督「インキーパーズ」を観る。近年で最も怖いホラー映画、と謳わずに売っていたら、もう少し好感が持てたかもしれない。
リクエストに応え冬瓜のスープを作る。
10日のよしぎのへの出演を決める。しかし2日後ということもあり、何をやるかで3分ぐらい苦悩する。
ナツ帰宅し夕食。
再燃したXTC業務、メール連絡などで時間が過ぎてしまう。

**********

11/9

10:30に叩き起こされる。恐慌状態で出勤。人間の限界を超えたスピードで仕込み。
開店後、真弓と鈴木先生、細谷さんと中西さんという2組が同時にご来店するというかなりサイケな状態となる。
誕生日プレゼントに、ナツから新しいバス・メロディオンを貰う。いつかの札幌へのツアー中に紛失して以来、ずっと欲しいと思っていたのだった。しかもピックアップ付きで、グレードアップした機種。
夜、自宅にハヤケンが来て明日の打ち合わせ。発案した机上の空論を実際に試してみる。
ナツ帰宅、3人で夕食。
春名さんから電話あり、試写会で観た直後の「サンタクロースをつかまえて」の感想・批判・質問。春名さんはいかなる場合も春名さんであり、いつも僕が油断している部分を鋭く突いてくる。そういう人と付き合いを続けさせてもらっていることを、心底嬉しく思う。
楽しく歓談の末、ハヤケンは機材を預かってくれて、1時過ぎに帰っていった。

**********

11/10

10時起床し即出勤。
大森さんが来て誕生日のお祝いにとおやつ頂く。
お義父さんとお義母さんご来店。ムネさんのコンサートへ行くのだという。
一時はどうなることかと思った連続仕込みが、どれも抜群にタイミングが合い天狗になっていたら、恐るべき水関係の大ミスを連発し頭が狂いそうになる。
John Caleの新譜が届く。謙虚な気持ちで聴いてみる。"I Wanna Talk 2 U" "Midnight Feast"など、名曲あり。
早健の「怒りのあと」をアナグラムにした「とわのりかい」のメロディーを考え、歌詞を書き上げる。
18:40頃店を抜けさせてもらい、バスで駄菓子屋よしぎのへ。早健の一念発起により企画された、田口さんの歓迎会的なイベント。布田さん、城田君、塚本さんらと会う。
最初が佐藤貴宏さんの「TVバンド」。左下の人とギターの人がヤバい。佐藤さんも「(ギターの人は)逸材なんですよ」と嬉しそうに語っていた。次は自分のコーナー。昨日の打ち合わせで捻り出した3種類の「怒りのあと」を早健と共に演奏する。続いてよしぎの斎藤さんのトーク「学級崩壊の思い出」。あの話し声と独特のリズム、表情、服装。全てが芸として確率されており戦慄が走る。続いて早健ソロ。いきなり友部さんのカヴァーが渋過ぎる。堂々たるアクト。続いて佐藤実さんによるマシン「Sex God Sex」のライヴ映像披露。asunaさんのライヴの時に実物を見せてくれるという。どうしようかな...。トリは無論、田口さんのレコード寄席番外編。まず、なんだか分からないレコードを集めるようになったいきさつを話してくれたが、これだけで既にその場に居る皆の心が一つになるほどの威力がある面白さ。ソノシートやピクチャー、ポータブルプレイヤーの話、音楽を売る以外の目的で作られた夥しい種類のレコードについての話を経て、田口さんが全仕事を追っている赤星建彦の壮大な物語がメインディッシュとして続く、圧巻の構成。紹介されたレコードはほぼ全てが面白かったが、とりわけUNIVERSE RECORDでプレスされた芸者さんのロックバンドのシングルには気が遠くなった。
終了後歓談していて、りょうこさんから衝撃的な昔話を聞く。
1時過ぎ、田口さんたちと早健カーに同乗させてもらい、ホルン前まで送ってもらう。帰宅し、遅い夕食。録画したものを観るがカードがフルになってしまい編集出来ず残念。
購入したカレーのミックスCDRをちょっと聴いてみる。これ確実に知ってるな...と思ったらPANTAだったりする。

**********

11/11

10:30起床し即出る。
午前中にSARPで城田君の写真展「downhill」「slide」を見る。一連の城田君のランドスケープ的な写真のなかで、今回が最も美しかった。鳥喰さんが一家で来ていた。
ホルンへ戻る途中の市民広場で「PTA祭り」なるイベント開催中。
ムチャクチャ忙しい一日。昨日のミス連発の反省を踏まえて、今日は極力落ち着いてやれた筈。カレーが足りなくなり追加仕込み。材料の買い出しなどで何度も出入り。
17時にピーターパンへ。昨日のメンツもちらほら来ている。創一君と特等席に座って田口さんのレコード寄席本編を観る。
19時過ぎ、ホルンに戻り用事を済ませる。相原さん来てCANの缶バッヂを貰う。ナツはQUEENのを貰う。創一君、伊藤さん、久美子さん遊びに来る。久美子さんには1989年の大野一雄カレンダーカード集を貰う。ひたすら歓談。ポール・トーマス・アンダーソン、工藤冬里の事など。伊藤さん0時頃帰る。更に2時半まで歓談。
3時頃帰宅。ちよじの前足悪化。明日は病院に連れて行かねばならなそうだ。

**********

11/12

16:30まで思い切り寝る。
久々に、タクシーでちよじをおおくぼ動物病院へ連れて行く。腫れがピークに達して破れなければ切開するので連れて来いとのこと。注射3本打ってもらう。
帰宅。ナツはホルンへ行っている。洗い物片付け。
早健がシンセを届けてくれる。お土産に駄菓子など貰う。
ネットの繋がりが悪く、何ひとつ作業進まず。今日はメールをわずかに2本書いただけ。
ナツ帰宅。SEIYUへ追加の買い物に行く。夕食。
キム・テギュン監督「クロッシング」を観る。映画の80%ぐらいまではグッと惹き込まれて観たけれども、それまでの壮大な努力を思うと、最後の重要なくだりを幻想的なモンタージュで処理してしまったのは少し勿体ない気がした。まあ、ああでもしないと痛々しくて観ていられない、という事なのかもしれないけど。
就寝後はなかなか熟睡出来ず、何度も目が覚める。

**********

11/13

8:50起床。ちよじはもう少し様子を見ようということになる。
10時過ぎ、朝市経由で出勤。開店後、こりゃあ今日は静かなのかなあと油断していたら、やはり忙しい火曜日となり有り難い。
河添まみこ著「映画が私を変えた」が届き、隙を見ては夢中で読む。生い立ちや、映画出演までの経緯も非常にまっすぐな言葉で綴られていて大変感慨深いものがあるが、やはり「追悼のざわめき」の撮影が始まってからの文章は途方もない説得力があり、心を鷲掴みにされる。
18時頃早退け。どうしても「追悼のざわめき」が観たくなり駅前のTSUTAYAへ寄るが、貸し出し中だった。SEIYUで買い物し帰宅。
一気に「映画が私を変えた」を最後まで読む。ご主人のあとがきの素晴らしさに意表を突かれ、数年振りに読書で泣いてしまう。このご主人は、ただ者ではない。
22時前にナツ帰宅。アンチョビとドライトマトとムール貝のスパを作る。
日記のまとめ。ここのところ細かい更新が出来なくなってきた。
キム・ギドク監督「コースト・ガード」を観る。「受取人不明」に負けず劣らず奇怪なストーリーに舌を巻く。「黒く濁った村」で村長の腰巾着の役だった役者(岡本信人似)がかなりイイ。

2012年11月7日水曜日

国境・この世界の片隅で・My Lost City

11/2

9:20起床。小雨のなか朝市で久々にレバー買って出勤。そういえばこのところ、朝市のBGMを注意して聴かなくなった。
昼は目の回るような忙しさだったが、昼を過ぎると極端なぐらい静かになった。淡々と次の仕込み。藤野君ご来店し日常モードに戻りホッとする。
岩淵さんたちのメールのやりとりで、12月の東京ライヴのタイトルが「ゆきゆきて、クリスマス」に決まったことを知る。誰がこのタイトルを推してくれたのか分からないが、これ以外にはあり得ない、最高のタイトルである。
ロイ・オービソンの"You Got It"とXTCの"Mayor of Simpleton"がカップリングされたプロモの7"が届く。一応、これが日本でのラスト・アナログということになるのか。
夕方、芦田君来る。ナツはデモへ。雨が止んで良かった。
今日は19時で閉店し、帰宅。ちょうどあゆ子が着いたところだったので、すぐさま機材を積んで火星へ。全員と合流する。
新たにアレンジしたいくつかの曲や、HEAVENで演った曲の問題点を修正したものをひと揃い練習。やっているうちに23時を回ってしまったので、通しリハはやらずに散会する。
0時過ぎ帰宅。
ETVの日曜美術館の再放送で手塚治虫を見たり、YouTubeでタモリ倶楽部の冨田勲を見たり、'76年の細野さんのオールナイトニッポンを聴いたりする。

**********

11/3

10時起床し、即出る。朝市が閉まっているのを見て愕然とし、今日が祝日であったことに気付く。やむなく生協まで行って買い物。
 とにかく今日は何も考える余地が無いほど忙しかった。たま〜にこういう日がある。田多さん、里ちゃん、若生さん、小熊さん、芦田君とoono yuuki bandの皆さん、濱田さん、大森さん、創一君、 高熊君らがご来店。豪華!
特に一日の最後はお客さんの波も引いて、創一君や高熊君と歓談したりして楽しく終わった。
帰りにナツとゴリラ食堂で夕食。唐揚げ定食。
22時頃帰宅。HPの更新、メールのやりとりなど。
創一君に勧められたマンガ「この世界の片隅で」を家で発見。しばらく前にナツが買っていたものだ。寝る前に上・中巻を読む。

**********

11/4

偉大なる寝坊。大急ぎで仕込みするがもちろん間に合わず。
16時頃先に帰り準備。
約束の時間になってもあゆ子が来ないので電話してみたら、渋滞につかまっていて到着遅れるとのこと。藤野君に電話してみたら、彼も渋滞につまかっているとのこと。ということは、いま会場に居るのは誰だ?
18時過ぎあゆ子来て機材を積んで会場入り。既に本儀先生と手伝いの高橋さんが、片想いの皆さんやyumboメンバーと共にセッティングを進めていた。少しして、機材を積んだ鳴子帰りの藤野カーも到着、信じ難い突貫工事でセッティング、リハを済ませ開場となる。
客席に皆木さん、佐藤さん、須貝さん、里ちゃん、相原さん、創一君、若生さん、城田君、由美さん、濱田さん、西宮さん、魚雷さん、久美子さんらを見かける。いつも思うけど、観客の方々が多種多様な才能と魅力に富んだ人たちなので、「この人たちが一堂に会するとは、凄い眺めだなあ」と感心してしまう。
yumbo本番。何ヶ所か致命的なミスがあったが、新曲に関してはほんの少しずつ進歩している、と思いたい。「わたしたちの勝利」と「次のパイナップル」は完全な自己満足の選曲だったけど、演って良かったと思う。
そして満場の期待を上回るエネルギーを放出する片想い本番。誰もが思う事だろうと思うけど、非常にミカバンド的でありながら、色んな意味でミカバンド以上の事をやっている。特にオラリーさんの突き抜けた声がsirafuさんのポップセンスに更なる魔法をかけていると思う。YouTubeで聴いて静かな感動をおぼえていた「管に寄せて」を聴きたかったけど、ふだんあまり演らないという「国境」が名曲だったので得をした気分だ。
ラスト2曲の「ハピネス」「これが現実だ」は合同で演奏。急拵えだし、もっとメチャクチャになるかと思ったが、最前列で創一君が号泣していたので多分大丈夫だったのだろう。
撤収後、片想い一行とお別れしていつもの萬寿山へ。本儀先生、手伝いの高橋さん、藤野君も合流し楽しいひととき。魚雷さんが家に来るというので切り上げて1時近くに帰宅。魚雷さん、久美子さん、創一君、若生さん来て賑やか。3時半ぐらいまで歓談。

**********

11/5

15時過ぎまで睡眠。
ユラ〜ッと起きて外出、朝市で買い物。公園で昨日の録音を編集する。薄暗い淋しい公園で臨場感溢れる片想いの演奏を聴くという不思議な状態となる。
ホルンでナツと合流。仕込み始める。ナツは玩具研究のため妙ちゃん宅へ。
19時頃作業終わり、SEIYUに寄って夕食の買い物をして帰宅。
関さんに頼まれていたUSBメモリを作成。併行してメールのやりとりなど片付ける。
「この世界の片隅で」読了。なるほどねえ...。
ナツ帰宅。おでん、トラウトサーモン、 納豆。
昨日の録音をゆっくり聴き返しつつ寝る。

**********

11/6

10:20に叩き起こされ雨のなか即出勤。
さすがに今日の天気では客足伸びず、「演劇」のパンフやメカスの図録などを熟読。
夕方に早退けしてSEIYUで夕食の買い物して帰宅。メールをアホのように書き続ける。
豆腐とワカメの味噌汁、八宝菜作る。
ナツ帰宅し食事。
23時頃睡魔が極限に達し、ハチクマと仮眠。ややこしいアルトマンの映画みたいな夢を見たが忘れてしまった。
角張さんにyumboのCDとトレードしていただいた、ceroの「My Lost City」を聴く。最近聴いた日本のバンドの中ではjugzの対局にある音楽。どちらも等しく苦労の跡が滲み出ている人間臭い音楽であることに変わりはない。

2012年11月2日金曜日

編曲・清書・選曲・連絡・編曲・清書・連絡

10/29

12:30頃、母から電話あり起床。しばらく風邪をひいていて酷い目にあった。体重がかなり減った。弟が3人目の奥さんを連れて北海道から来て、野球観戦をして帰って行った。
11/4関係と12/2関係の連絡を交互にする。
日中に外出。あゆみブックスでドン・ブライトハウプト著「スティーリー・ダン Aja 作曲術と作詞法」を見かけ購入。ブックオフにも寄り、英文法の本を購入。そして今日の主目的であるユニクロで冬物を購入して帰宅。
容量を軽くするため、yumboのアーカイブを整理。
いましろたかしを読んでいたら急激に眠くなり、ハチクマと仮眠。入れ違いで、ナツはホルンへ。
23時頃目が覚める。レンコンスープのセリ雑炊。

**********

10/30

10時前に起床、朝市経由で出勤。
火曜日ということでまずまずの忙しさ。家賃の支払い、追加の買い物など。
夕方になって恐ろしく眠くなる。ブライトハウプト氏のAja本を読む。
森君ご来店。しばし歓談。
ライヴ準備の時間が欲しいので18時頃早退け。
片想いの曲を分析してアレンジ作業。
22時頃ナツ帰宅、夕食。
疲労のため楽譜の清書が手に付かず。猫と"Gonwards"に逃避する。

**********

10/31

10時過ぎに叩き起こされ、朝市経由で即出勤。
ほんの少しだけど仕込みのスピードが上がっている気がする。以前なら間に合わなかった時間から始めて、ちゃんと間に合った事に地味に喜ぶ。
今日は忙しくはならなかったが、お客さんの来る時間帯がうまく分散して結果的には平均点という感じだった。仕事の合間にAja本を読了。正直言って、本当にごくごく一部の人しか必要としていない本だと思うけど、この人の知識と情熱は買う。
夕方、ナツはガス局へヒーターのための部品を買いに行ったり、SARPへ写真月間を観に行ったりする。
藤野君来店し、まさかのリクエスト。
閉店時間にナツ戻り、夕食。先に帰宅する。
洗い物を片付け、楽譜の清書に取りかかる。
23時頃ナツ帰宅。
Steely Danを流しながら作業すると、面倒臭い陰気な仕事が非常に気分よく進むことが発覚。
間違いなく寝なければならない時間帯にビートルズ・ブームが勃発。店で聴く用にチャチャッと編集する。

**********

11/1

10:30頃叩き起こされ即出勤。
今日は割と静かでのんびりしている。昨日編集したビートルズを繰り返し聴く。いいんだけど、何かが足りない気がする。
15時頃早退けし、写真月間をやっているSARPへ。まず布田さんの「TEAM_SUMITA」を見る。ポートレイトを1枚1枚ゆっくり見ていると、どの人も誰かに似ている、という事に気付く。布田さんに「これ○○さんっていう知り合いにそっくりなんですけど」と言うと、「あー、その人は○○さんという人です」と教えてくれる。
続いて卓さんの「ROOMSⅡ」。去年の第一弾も凄まじく好きだったが、今回はタイルを捨てて、よりクロス寄りの写真が多く厳格さを増している。ぶら下がっている照明器具のヒモの写真だけが僕にはよく分からない、と言うと、「あれは他人とは思えなくて...」と言っていた。ますます訳が分からない。CDジャケの話も念を押しておく。
SEIYUで夕食の買い物をして帰宅。
最終的な曲目を決め、足りない楽譜を調べて書き足す作業。これが案外難航して、気付いたら外はまっくらになっていた。突然の雷、豪雨、雹。
豆腐とワカメの味噌汁、ナスとこんにゃくとタケノコと豚肉のガラスープ炒めを作る。
21:30頃ナツ帰宅し食事。
楽譜作業の続き。併行してメール連絡なども片付ける。細谷さんとムキムキマンマンス関係のやりとりもあり。

2012年10月29日月曜日

Gonwards・I Married Myself・サンタクロースをつかまえて・fledged・Peace・무키무키만만수・Live

10/23

11時頃起床。昨夜書いた楽譜を清書。
13時半、あゆ子に迎えに来てもらい機材を積んで出発。ホルンにプロジェクターを取りに寄ったら、ポストに"Gonwards"のボックスが入っていたので鞄に忍ばせておく。
14時過ぎHEAVEN入り。既に岸野さん、芦屋さん、スフィンクスさん、松前さん、Max Tundraさんが入っており、着々と準備が進む。手慣れたもので、何も手伝う事がない。
既に楽しいTundraさんのリハが終わって岸野さんたちのセッティングをしているところへスタッフの藤野君、若生さん到着。ヒゲの未亡人のリハを陶然と眺める。
16時メンバー集合、yumboのリハ。予想よりステージ密集する。
開場後、岸野さんより「場内BGMをカンタベリー系の何かに替えて欲しい」という指令あり。「たまたまですけど、鞄にPeter BlegvadとAndy Partridgeの新譜が入ってますよ」と言うと「それで行きましょう!」ということになる。家に帰ってから正座して聴くつもりでいたCDの音がHEAVENで解禁されてしまった。島さん、前野一家、森君としお君、純子さんと薄田さん、岩住君、戸田君ご夫妻、 睦子さんら錚々たる方々がご来場。
最初の松前さんソロのセッティング、こちら側に斜めに向けられたシンセが美しい。そして1曲目からとめどない夢の世界が広がり、心が小4ぐらいに戻って目がハートになってしまった。いつかEXPOのライヴも観たいなあ。
続いてyumbo本番。今回は瀬戸さんと大森さんを加えた8人編成。唄屋では実現できなかった編成なので気合いが入っていたが、気合い以前の問題で、スピーカーに深刻なアクシデントがあったということを後になって知る。本当なら全部やり直したいところだけどそうもいかない。
そして偉大なるヒゲの未亡人本番。全てがキラキラと輝いているステージを凝視しながら、かつてスターパインズで関さんと共に喜悦の涙を流した事や、避難した火星で創一君と出会い、岸野さんの話をした事などが走馬灯のように巡る。「I Married Myself」は感動と笑いで死にそうになる。
今日のラストはMax Tundra。マクラウドを多少シャキッとさせたような外見とキャラだが、繰り出す音楽は過剰なまでに屈託のないどポップだった。コード一つで心を掴む術を心得ている。
達人級の対バンに囲まれたものすごいイベントが終了。お客さんも楽しそうに帰って行って良かった良かった。目と鼻の先の萬寿山で打ち上げ。岸野さんの煙草に火をつけながら「これが人生のピークかもしれないなあ」などと思う。
帰宅したら2時だった。iPodで寝ながら"Gonwards"を聴こうと思っていたが、横になるなり疲れ果てて死ぬ。

**********

10/24

9:30起床し即出る。一旦ホルンへ行きDVDを持って出てTSUTAYAで返却、朝市で買い物して再びホルンへ、という面倒臭い事をする。
純子さんと薄田さんご来店。
ものすごく静かだな...と思って油断してマゼランで田島征彦の絵本やメカスのパンフを買い、高熊君と喋ったりして遊んでいたら、昼過ぎから忙しくなる。夕方以降は明日の不在に備えての連続仕込み。
「サンタクロースをつかまえて」のチラシにちよじ登場の報。
藤野君から電話あり、Sirafuさんとの連絡の件。
里ちゃんご来店。素敵な贈り物あり。
夜、ナツ早退け。
22時過ぎ帰宅して夕食。
3時頃床に就くが、興奮して眠れず。4:30ぐらいに観念してiPodで"Gonwards"を通して聴く。

**********

10/25

6時起床。眠ったのは正味2時間ぐらいだろうか。新幹線で「人間の約束」を聴いていたらいつの間にか眠っていて、夢の中で「ブレーメン」が流れる。11時前には新宿着。ユニオンへ直行するが、John Caleの新譜はまだ入ってきておらず、買うものなし。7インチの台紙をまとめ買いする。ユニオンを出て関さんと合流。ハイチへ行こうと言うが、「もう閉店してる筈だけど...」と行ってみたらやはり店が無くなっていたので、近くにたまたまあった「ボンベイ」で食事。ほんのり甘みのあるサグ・パニール。sekifuの「fledged」を100円で買う。999,900円借り。仕事の合間の時間が無いところを来てくれて感謝。煙草を吸ってポツポツと近況など話して別れる。何かを見落としている気がして再びユニオンへ。やはり買うものなし。ネットカフェで休憩後、西新宿VINYLへ。前に目をつけていたJohnny Japes and His Jesticlesのシングルを購入。これだけはネットで買うよりも安いし、状態も良い。新宿から大江戸線に乗り込んだら、駆け込み乗車をしようとした男性が盲人男性と激突しそうになりホームで派手に転倒。車内から見ていたが、モロに顔面を強打していたので「これはやばい!」と思ったが、やがて無言で起き上がり、静かに乗車して席に座った。シーンとする車内。
六本木へ移動。何年振りだろう。六本木ヒルズに掲示された、巨大なイーストウッドの広告にクラクラしつつTOHOへ。岩淵さん、向坪さん、麓さん、斉藤さんらと合流。
16:20より「サンタクロースをつかまえて」上映開始。再編集によってリズムも良くなり、非常に快適になった。何より整音が成功している。八木山教会の信者さんの「歌うことは3回祈ること」発言、おばさんの聖歌の暗唱、車内でのケーキのバウンド、麓さんの歌が流れるモンタージュなど、名場面も粒だっている。改めて観ると、この映画の中で僕だけが何だかネガティブな発言をしている。あのインタビューの直前まで、萬寿山で面白おかしくはしゃいでいたのに...。上映後、岩淵さん、麓さんと共に登壇させていただき、舞台挨拶と質疑応答。あまりに分不相応でガッチガチに緊張していたが、岩淵さんに話を振られるまま、調子に乗って出しゃばってしまったのではないかと反省する。会場外に芦田君が居り、「映画どうだった?」と訊いたら、チケットが売り切れていて入れなかったのだという。
一服してから、雑誌の取材のため新宿の東風へ移動。事務所にお邪魔するなり、大きな段ボールにギッシリ詰まった「演劇」のパンフが目に入り「うわーっ」と思うが、極力平静を装う。取材1本目は「ele-king」九龍ジョーさん、松村正人さんから取材を受ける。岩淵さんは終始謙虚で真面目に受け答えしていたが、僕は映画祭の緊張から解き放たれた事もあってか、萬寿山に居る時のようなモードに入ってしまい、「その場では楽しいけど多分記事としては使い物にならない」的な事ばかり喋ってしまった。
続いて「CDジャーナル」村尾泰郎さん、川上健太さんから取材を受ける。ここでもほぼ同じ事が繰り返されたが、1本目の反省を踏まえて、もっとしっかりしなくてはいけないと自覚していたので、多少はマシだったかもしれない。
終了後、岩淵さんと東風を辞して、近所で遊んでいた麓さん、芦田君、斉藤さんと合流。手近な中華屋で食事。疲れ切った岩淵さんと別れてジョナサンへ流れてコーヒー。ようやく完全にケの状態に戻ってホッとして、麓さんと楽しく交流。0:30まで話し込む。
皆と別れ、手配してもらったホテルへ。どさくさに紛れて向坪さんからいただいてしまった「演劇」パンフを少し読む。ロビーにPCがあったので、10分だけ使ってナツと連絡を取り合う。明日の仕込みの打ち合わせなど。

**********

10/26

疲れている筈なのになかなか寝付かれず、結局総合すると2時間ぐらいしか眠っていない気がする。
6時過ぎにチェックアウトして東京駅へ移動、新幹線で9:30ぐらいに仙台に戻る。朝市で買い物して出勤。
今月は決まって金曜が不調だったので油断していたが、今日はまさかの忙しさ。
昼過ぎに店が落ち着いてきて、ナツは「光に向かって咲け」を観に行く。
細谷さんご来店。밀양のDVDを受け取る。ビデオインタビューの話が出たので、ついに追い風が吹いてきた、などと話してみる。○○野郎Aチームで映像を観て気になっていた韓国の女子2人組について教えてもらう。バンド名は무키무키만만수。
森君ご来店。めでたい話。
ナツ戻るが、18時にはまたデモのため出かける。
名古屋や東京から来た方々がご来店。Ettと知り合いだという方が居た。
ナツ、里ちゃんと戻る。映画の話など。
帰宅後、藤野君がHEAVENに預けていたキーボードを届けてくれる。今度こそ、もう2度と運びたくない。
sekifu「fledged」を聴く。この素晴らしい楽曲集は、sekifuの魅力のほんの氷山の一角を切り取ったものに過ぎない。やはり、この度外れて規格外のバンドのマスターピースをプロデュースするのは困難なのだろうか。
向坪さんからどさくさに紛れていただいてしまったものPart 2、想田監督の「Peace」を観る。感動の嵐。ちょっとした事がひどく面白く見える。
YouTubeで무키무키만만수の動画を貪るように観る。ただの勢いや酔狂ではなく、Y Pantsなどにも通じるようなオブスキュアな感覚が備わっている。ネットでCDを探し、オーダーしてみる。

**********

10/27

予定より30分寝坊。
朝市経由で出勤。急いでダブル仕込み。
予想の5割増しの忙しさ。酷いミスを厨房内で連発し、精神状態悪化。
しかしながら、最大のミスをどうにかするためにナツから示唆されたことで生まれたエッグマサラのリニューアル版はめっけものだった。
多忙を乗り越え、夜、創一君、妙ちゃん、藤野君、ナツと歓談するという栄誉に与る。このメンツいいなあ。皆で旅行がしたい。
帰りにナツとMEALSに寄ってダブルエスプレッソ。東京でいかに自分が調子に乗っていたか、という事など話す。
帰宅後、12月の件でやりとり、「Peace」の特典映像を全て観る。ライムスター宇多丸さんの好感度アップ。
難しい人間関係の話。
2匹とも帰って来なくて心配していたが、3:30頃にちよじ帰宅。ハチクマは?

**********

10/28

今日も予定より30分寝坊。どうやら目覚ましのスヌーズ機能が解除されてしまっているらしい。起きたら炬燵の周りをハチクマがうろちょろしていた。
雲行きも怪しいし、今日こそ静かなんじゃないかと思っていたが、やはり5割増しの忙しさ。昼過ぎに久美子さんや南陀楼さんらがご来店。
徐々に静かな時間帯となり、外は本降りとなる。今日は買い物の用事が多く出たり入ったりする。本儀先生や田多さんらご来店。
カナダで大きな地震があったという報。藤本さんにtwitterで呼びかけてみる。
18時頃早退け。タワーに寄り、Randy Newmanの再発「ライヴ」と、ノーチェックだったAimee Mannの新譜 "Charmer"を購入。ポイントが一気にたまった。
Zoffでメガネのつるの調整をしてもらい、ジュンクでナツに頼まれたいましろたかし「原発幻魔大戦 首相官邸前デモ編」を購入。SEIYUで夕食の買い物をして帰宅。
藤本さんからレスあり、地震は西海岸だったので家は全く揺れなかったとのこと。
レンコンのスープ、焼きがんも、かぼちゃの煮付けなど作る。ナツ帰宅し夕食。
Aimee Mannは前々作ぐらいから作風が膠着してきている気がするが、今回はなかなかいい曲があるし、この声はやっぱり強いと思う。
Randy Newman「ライヴ」は、分かってはいたけどとんでもない名作。
日記をまとめる作業をしていたら急激に眠くなり、1時ぐらいまで睡眠。起きてから「グエムル」DVDの特典映像を観たりして、再び日記の作業。

2012年10月23日火曜日

○○野郎Aチーム・牛の鈴音・人間の秘密・yumbo練習・黒く濁る村・受取人不明

10/18

9:40に叩き起こされ、9:50出勤。このタイミングはなかなかいい。
今日は森君、本儀先生、純子さん、久美子さん、佐藤ゆかさん...など、友人知人率が高かった。
アレンジ作業の時間が欲しいということで、必要な仕込みを終えて16時過ぎ早退け。
細かいメールのやりとりなどしつつ、6時間かけて2曲のアレンジを書く。中途半端な残り3曲の仕上げや清書は明日・明後日に持ち越し。
ナツ帰宅して食事。いつもより早めに寝てみる。

**********

10/19

10時頃起床、即出勤。なぜか土曜日だと思い込んでいて、朝市で肉を買い過ぎた。
かなり寒くなってきたせいもあり、静かな金曜日。仕込みが忙しい日ではあった。
Randy Newmanの"Faust"の日本盤、XTC "A School Guide to XTC"、Monstranceのアルバムなど届く。取り敢えず"Faust"だけは店で聴き、感動にうち震える。
ナツが新作の馬プラ作成。
今日は18時で閉店し、ナツはデモへ、僕はバスでチフリグリへ。
3c123さんは会うなり、「今日は月並みな事しかしませんから」と言う。
exART_NEのイベントを観る。最初はSotaro Okamotoさんの映像「輪郭なきに沿う」の上映+長尾朋子さんのダンス。長尾さんって何処かで見たことあるなあ...と思ってダンスを凝視していたら、たまにホルンに来てくれる人だ!と思い出した。後で話したら、長尾さんも「ホルンの人が居る」と思っていたらしい。
続いて、○○野郎Aチームによる実演。同じ位置に椅子が並べられているので呑気に座っていたが、細谷さんがプロジェクターを真後ろの壁に投射するので見づらく、席を立って移動。いきなり韓国の若い女子二人組の楽しげな演奏が披露され、面白いなあと思って観ていたら、様々な街の抗議活動やセブンとダダの戦いなどの映像が続く。途中、細谷さんの変なアジテーション。傍らではドヨンさんと3c123さんが黒い網のようなものをほぐしており、それはいずれ客席を含むギャラリー全体を包囲できるほどの巨大さであることが明らかになる。ギャラリーの外では中西レモンさんが三線を弾きながら祝詞みたいな歌を歌っている。いつの間にか、網で包まれた会場内にはばかでかい透明なミミズみたいなもの(ポリで出来ているようだ)がグングン膨らんで伸びている。中で座っている人たちが少々気の毒になってくるが、案外あれはあれで楽しいのかもしれない。最終的にはビニールシートの上にどっかと座ったドヨンさんの全身を3c123さんが剃毛。ドヨンさんもお返しに3c123さんの眉を剃ろうとするがあまり剃れず。
いいものを観た...とほくそ笑みつつ帰りのバスに乗り込む。車内では進路を巡って母親と娘が親子喧嘩している。ホルンへ戻りナツと合流。夕食。23時前に帰宅する。
途中までだった残り3曲のアレンジを2時間ほどで書く。買ったCDを聴く時間が全然無い。

**********

10/20

10時頃ハチクマの鋭い爪で叩き起こされる。朝市経由で出勤。
お昼に野田さんがご来店し驚いた。Rensaの七尾さんを観に来たのだという。だぶって持っているという「人間の秘密」を売ってもらい喜ぶ。
楽譜の清書を店で書こうと思い、静かになった頃合いに一旦帰宅。須貝さんが来ているというので急いで戻る。バタバタしていてあまりお話できなかった。Michael Pisaro/Taku SugimotoのCDをいただく。
夕方に野田さん再来店。お昼は忙しく全然話せなかったが、もう静かになっていたのでしばらく音楽談義に付き合ってもらう。
本儀先生ご来店。ここぞとばかりに"Sunken Condos"をかける。
19時過ぎ、ナツはエルパへトリキングを観に行く。いいなあ。
創一君ご来店。23日の事、○○野郎Aチームの事など話す。
閉店時間にナツ戻る。店内で腰を据えて楽譜の清書。
23時前に帰宅。家でも楽譜の清書と転調。
作業が終わったのは1時頃だったので、比較的短いイ・チュンニョル監督「牛の鈴音」を観る。観ている間、観ていていいものなのかどうか分からなくなってくるようなところがある。それは多分、この監督の不可解な演出法によるところが大きいと思う。
寝る前に「人間の秘密」を聴く。「アイス!アイス!アイス!」「ブレーメン」「教室」「千年にひとり」「月化」...どれも馴染み深い曲だが、どれも新鮮に脈打っている。ソロで録音された「血と皿」が本当に、あり得ないぐらい素晴らしい。

**********

10/21

10:30起床し即出勤。
野田さんに教えてもらって来たというお客さんがご来店。絶対に前に何処かで会ったことがある...と思ったが、どうしても思い出せない。
夕方、大森さん、清水さん、金田一さんらがご来店。
17時過ぎ、一旦帰宅してキーボード周りを片付ける。
18:30に相原さんと創一君が来てキーボード、その他の機材を車に積む。HEAVENにキーボードを降ろして火星へ。皆と合流しyumbo練習開始。今回は瀬戸さんと大森さんのダブルフルートがようやく実現ということで、全曲フルートをアレンジしたので、やり慣れた曲も慎重に練習し直す必要がある。そしてピアノを使わずに大月さんのギターをフィーチャーするという裏テーマもあるので、今回はポイントが見え易くていいなと思う。23時過ぎ終了。
あゆ子に送ってもらい帰宅して夕食。テレビで久しぶりに小室哲哉を見る。

**********

10/22

9時か10時ぐらいにナツがお母さんに電話している声で一度目が覚めたが、再び眠り続けて、結局14時ぐらいまで寝てしまう。
SEIYUへ食料を買いに行く。 
TSUTAYAの返却が迫っているカン・ウソク監督「黒く濁る村」を観る。実はそれほど期待していなかったけど、「シルミド」の3倍は面白かった。「グリーンフィッシュ」でも「宮迫みたいだなあ」と思ったチョン・ジェヨンの怪演も良かったけど、何と言ってもホ・ジュノの超能力みたいな演技、ないしはあのユ氏というキャラクターのアイディアが好きだ。
ナツの一念発起により部屋を片付けて炬燵を出す。さっそくハチクマが、まだ電気もつけていない炬燵に突っ込んで行く。
ナツは店のゴミ出しなどをしに行く。
明日のライヴ関連や、映画祭関連のメールのやりとりなど。
「地獄の歌」のアウトロを書こうとするがなかなかうまく行かず。
ナツ帰宅。夕食にラーメンを作る。
キム・ギドク監督「受取人不明」を観る。先日観た「サマリア」も面白かったけど、こちらの方が映画的なアイディアが各シーンに粒立って凝縮されていて、物凄く暗い話なのに不思議と爽やかな感動がある。全登場人物の心理的な演出も極限まで複雑化されていて、ある種の曲芸の域に達していると思う。
寝る前にどうにか「地獄の歌」のアウトロを書き上げる。

2012年10月18日木曜日

シルミド・自殺サークル・俺はロッキンローラー・Sunken Condos

10/15

9時台に一度目が覚めたが、二度寝して13時台まで寝てしまった。
メールの返信などしてゆっくり過ごす。
夕方、ナツと出かけて久々にらーめん竹で食事。カツ丼大盛りを堪能。
ホルンで少し仕込みなどして、19:30ナツとSENDAI座へ。若生さんセレクトによる「モスラ」を観る。全体的に面白いと思ったけど、実はフランキー堺がネズミを捕まえるシーンが一番面白かった、と言ったら特撮ファンの人は怒るだろうか。
途中から佐藤正実さんが現れて、中華まんとか焼きそばなどを頂く。終了後、皆でモスラ談義。
ナツは店でもう少し作業があるというので先に帰宅。洗い物、遅い夕食の準備など。
ナツ帰宅。不在の時に届いていたデュークスのLP "Psonic Psunspot"を持ち帰ってもらう。これもようやく買い直せた1枚。
カン・ウソク監督「シルミド」を観る。あまりにも悲しい話で、このストーリーにはソル・ギョングのあの悲しそうな顔以外あり得ないと思う。

**********

10/16

またしても、9時台に目が覚めたが、二度寝して10:10起床。朝市経由で出勤。
やはり火曜日は忙しくなることが多い。時々、静かな火曜日があると途端に心配になるほどだ。
先日激安で落札した「グエムル」のDVDが届く。
睦子さんご来店。
ルピシアに紅茶を買いに行ったら、瀬戸さんが居て接客してもらう。
必要な仕込みを終え、16時過ぎに早退けする。タワーに直行し、Donald Fagenの新譜を購入。駅前のTSUTAYAにも寄り、SEIYUで夕飯の買い物をして18時頃帰宅。
矢も盾もたまらず"Sunken Condos"を聴く。1曲目"Slinky Thing"の、音はもちろん、歌詞に仰天する。なぜ、これが自分には書けないのだろうか、と阿呆のような事を思う。ライナーには「ストイックに無駄を削ぎ落とした」作品、というような事が書かれているが、むしろ相変わらずの情報量の豊かさに圧倒された。豊作と言っても過言ではない。楽器構成も面白いし、参考になるなあ...。"Morph the Cat"なんかもまた聴き直してみよう。
ナツ帰宅し、仕込んでおいたお好み焼きを焼く。美味い。
数年振りに「自殺サークル」を観る。前に観たのは、暇を持て余した深夜のネットカフェだった。その頃は園子温は1本も観たことがなくて、観終わってから「この監督の映画はもう観ないだろうな」と思ったのを憶えている。もしも園子温が「冷たい熱帯魚」や「恋の罪」や「ヒミズ」を撮らなかったら、これを観直すこともなかっただろう。
寝ながら歌詞カードを参照しつつ"Sunken Condos"をもう一度通して聴く。

**********

10/17

今日も10時台に叩き起こされる。まあそんなに急ぎの朝ではないので慌てることもないんだけど、起きてから出勤までに余裕が無さ過ぎるのは辛い。しかも首を寝違えたみたいで痛い。
朝市経由で出勤し淡々と準備。
ようやく「俺はロッキンローラー」読了。2008年版あとがきがあまりにもサイケデリック過ぎる。
16時過ぎ、ナツは玩具研究会のため若生さん宅へ出かける。
夜、皆木さんが友人たちとご来店。
20時過ぎナツ戻る。閉店後、ゴリラ食堂で夕食、コーヒー。久美子さん来てナツと飲むということで、もどし過ぎたひじきを貰って先に帰る。雨が少し強くなっていた。
すべてのDonald FagenのスタジオトラックをiTunesに突っ込んでFagen祭り開催。Steve Khanとのデュオ"Reflections"もアナログから落とすため久々に聴いた。どう考えてもこんな事をしてる場合じゃないんだけど。
ナツ帰宅。今日はいつもより1時間早く寝る目標を立てているので、映画は観ないことにする。

2012年10月15日月曜日

밀양

10/12

またもやギリギリに叩き起こされる。砂浜を楽しげに散歩する素敵な夢を見たが全て忘れてしまった。
今日はややテンションの低い日だったので、ゆっくりと「俺はロッキンローラー」を読み進める。読めば読むほど困惑させられる本だが、最後まで読むと何か凄くいい事がありそうな気持ちにもさせられる。
夜、ナツは恒例のデモへ。20時前に久美子さんとめぐたんを連れて戻ってくる。
밀양の練習のため、ちょっと先に抜けて火星へ。古川さん、貝羽さん、芦田君、皆木さんが集まり、全曲をおさらいする。やはり4人揃うと音にふくらみが出るし、それぞれに技というかアイディアがあって豊かな感じになる。即興チームのへもさんが見学に登場。22時過ぎ古川さんが先に帰り、へもさんも帰ったあと、4曲ほど練習を重ねて散会となる。
0時過ぎ帰宅。練習の録音や動画などを編集。メールを連発。

**********

10/13

また10:30に起こされる。パターン化している。まずいなあ。朝市経由で出勤。
途中、あゆみに寄って「Pen+ 大人のための藤子・F・不二雄」を購入。
岩住親子、みかささんらご来店。
14時過ぎ、藤野君に迎えに来てもらい、へもさんと同乗してジャンクボックスへ。皆木さん、貝羽さん、古川さん、佐藤ゆかさん、芦田君、大森さん、鰹谷さん、井上さんらと合流してリハ。
リハを終えてホールに降りたら、細谷さんと金田一さんとパク・ドヨンさんが観ていた。
本番までに須貝さん、純子さんも到着して全員揃う。
楽屋でドヨンさんにお願いして、「木とわたし」の韓国語をチェックしてもらう。発音だけではなく、不自然な言い回しになっていたセンテンスなども直していただき、よりネイティブな言葉に近づけることが出来た。
開演後、ヨーグルトきの子を観る。新メンバーを加えた編成。jugzの小西さんに皆木さんのヴォーカルを聴かせてみたいなと思う。肉厚な過剰さに微細な情報を数多く含んでいる。古川さんは밀양ではギター初心者だけど、バンドでは僕なんかよりもずっと上手にベースを弾いていた。
続いて밀양本番。須貝さんと井上さんの活躍に煽られ、即興組のエネルギーが充満して素晴らしい。僕の歌や声は蹂躙されて潰されてしまったかもしれないけど、演奏中は温泉に入っているような気持ちいい感覚と、サーフィンしてるような(したことないけど)スリリングな感覚が同時にやって来て、始終楽しかった。
続いて、大月さんから噂を聞いていたumiuma。밀양の後だけに、お客さんがパーッと解放される感じでとても良かったと思う。このバンドもヴォーカルが凄くいい。
貝羽さんのソロ「mu」も観ることができた。歌詞の情報と音の情報のバランスがとても面白い。ちゃんと身体で音楽を作っている。
楽屋では主に映画談義など。へもさん、純子さん、大森さん、鰹谷さん、芦田君、細谷さん、ドヨンさん、3c123さんというような顔ぶれが異常過ぎる。
仕事終わりの藤野君に迎えに来てもらい、へもさん、芦田君と同乗してホルンに送ってもらう。
ナツと店で食事して帰宅。今日の録音を聴き返し、自分の歌のヘタさに閉口。さかなを聴いて矜持を正す。

**********

10/14

二度寝したが奇跡的に出勤予定時間前にムクッと起き上がる。
向井さんからメール。この懸案事項が魚の小骨のように心に引っかかって、もう一ヶ月ぐらいになる。
サトー商会、生協で買い物して出勤。休む間もなく忙しい日。「俺はロッキンローラー」読了出来ず。
芦田君来る。フリスビー持参。
あゆ子来る。今日は石川さんの葬儀。タイミングが合えば밀양を観に来るという。
16時頃藤野君に迎えに来てもらい、芦田君とチフリグリへ。既に大勢メンバーが集まっている。
紛糾するかと予想していたリハは、拍子抜けするほど整然と、恙無く行なわれた。スペース的にも全く問題なし。これなら25人体制でも演奏できる。
藤野君、芦田君と近くのくるまやで食事。台湾ラーメン。デトックス効果。
チフリグリに戻る。お客さんで塚本さん、小野君、濱田さん、城田君、みきこさん、睦子さん、田多さんらが来ており、こちらも錚々たるメンツ。あゆ子も間に合った。「歌う?」と訊いたら断られた。
今日は大森さんが誕生日ということで、各自にサプライズを周知。
19:30からマヤさんを観る。オリジナルももちろんいいけど、「鉱夫の祈り」を今のタイミングで演ってくれたのは流石だった。それにしても凄い声だなあ。
続いて밀양本番。今日はナツ、瀬戸さん、創一君も加わって17人全員が揃った。昨日の演奏の問題点も踏まえて、あまりガチガチにならないように緩急を付ける。PAで増幅していない分、今日の方が集団の音がより生々しく出ていたし、内容もずっと良かったように思う。僕の歌は相変わらずヘタだったけど。
終了後、皆さんと順次挨拶して散会。再び藤野君に乗せてもらい、家で機材を降ろしてからホルンで降ろしてもらう。ナツと合流。少し片付けをしてコーヒーを飲む。ひとつ大きな山を越えて脱力。それにしても밀양は楽しかった。
帰宅後、録音した音源をチェックしてメンバーに送る。
0:30頃、意を決して園子温監督「紀子の食卓」を観る。ちょっと長いのでどうかなあと思ったけど、やっぱり面白くて最後まで夢中になって観る。「自殺サークル」ももう一度観直そうかなあ。
寝ながらiPodで今日の밀양を聴き返す。曲間の即興演奏が妙に泣ける。またやりたいなあ。

2012年10月12日金曜日

ハーブ&ドロシー・サマリア

10/9

8時台起床、朝市経由で出勤。ゆっくり仕込み。
スキャンする밀양のスコア清書。
忙しい時間帯が過ぎて、15時台で早退け。TSUTAYA、SEIYUに寄って帰宅。
メールを送ったあと、映画でも観ようかと思っていたがハチクマを眺めていたら猛烈に眠くなり爆睡。21時過ぎ、ナツからの電話で起きる。
ナツ帰宅。夕食はニラともやしと豚肉の香味炒め、トロサーモン、味噌汁。
佐々木芽生監督のドキュメンタリー「ハーブ&ドロシー」を観る。出てくる作品を観ているだけでも楽しいし、作者とヴォーゲル夫妻のやりとりも素晴らしい。ハーブが元職場の郵便局を訪ねるシーンで、自分がコレクターだということは誰にも言わなかったと語るのを観ていて、「これ、郵便屋さんじゃん!」と笑ってしまった(分かる人にしか分からないと思うけど)。

**********

10/10

昨日は早起き出来たのに、今日はギリギリの起床。
朝市経由で出勤してダブル仕込み。開店してすぐに森君御一行、大助さんらご来店し賑わう。
夕方、ナツ店を抜けて玩具研究のため若生さんの所へ。
藤野君ご来店。忙しい時間が過ぎて、11〜12月の話や、レコード談義(特にレコードの匂いを嗅ぐ話など)。
閉店時間に三角フラスコの面々(瀧ちゃん、小濱君、森君)と布田さんが集まり、チラシ用の撮影。良い知らせ(というか聞き出した)も。ナツも戻ったので先に帰る。
シャワーを浴びて家事。
23時過ぎナツ帰宅。久美子さんからの横浜土産、写真集「Dancing Kazuo Ohno」を受け取る。

**********

10/11

今日は2人して寝坊。幸い急ぎの仕事は無いので助かった。
今週はなかなか調子がいい。合間に創一君がなぜか貸してくれた内田裕也の「俺はロッキンローラー」を読もうとするがなかなか進まず。
17時頃早退け。帰り道は雨。リクエストに応え豚汁を作る。
今日届いた「僕のプリティ・ガール」を開け、分かってはいるけどタイムを計測しつつ聴く。日本盤のライナーっていつも面白いけど、このシングルのライナーではXTCのデビューが'79年ということになっていて絶句してしまった。
ナツ帰宅、夕食。里芋ウマー。
キム・ギドク監督「サマリア」を観る。とてつもない透明感。韓国の監督は本当に何をしでかすか分からない人が多くて凄いな...。
石川裕人さんの突然の訃報。

2012年10月9日火曜日

Pina・밀양練習・ヒミズ・緋牡丹博徒

10/4

大寝坊して完全に予定が狂う。
夕方に早退けし、一旦家に戻って今夜の曲作りの準備。
今日届いた"Drums and Wireless"と"Transistor Blast"の重複しているテイクを聴き比べ、"I'm Bugged"のおかしなマスタリングに着目してしまい、とんだ時間の浪費をしてしまう。
20時過ぎに火星へ。先日スケッチ的に書いてあった曲はどれもまとまらず廃棄し、代わりに急に思いついた曲が1つだけ9割方仕上がり、更に2つほど新しい案が出る。歌詞のアイディアを練らなければいけない。2時終了。
ホルンに寄って在庫状況などチェックして3時過ぎ帰宅。

**********

10/5

虫を食べる夢。5階建てぐらいの雑居ビルのような建物の屋上いっぱいに、虫を炊き込んだご飯が敷き詰められている。屋上いっぱいと言っても3畳分ぐらいの広さしかない。僕と細谷さんがビルの縁に座って、虫入りのご飯を食べている。何か会話したと思うが何を話したのかは憶えていない。屋上からは映画のセットのような夕暮れの町が見渡せる。細谷さんは平気でムシャムシャ食べているが、僕はなるべく虫の混ざっていないところを箸でより分けて食べる。突然、それまで町のあちこちから騒々しく鳴り響いていたラジオの音楽が小さくなる。どうやら、すべてのラジオが同じ局に合わせたらしく、音が整理されたために小さく聴こえているようだ。その曲はa-haの「テイク・オン・ミー」だった。

10時過ぎにナツに叩き起こされる。
朝市経由で出勤、ダブル仕込み。
トッド本読了。
「She's Having A Baby」日本盤CD届く。
ナツデモへ、20時頃里ちゃんと戻る。
早退けして夕食作る。
新しい曲の案が浮かび、大まかにまとめる。
ナツ帰宅。原発事故以降、初めてサンマを食べる。
「Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち」を観る。メチャクチャ面白い。とにかくあの行列のダンスがいつまでも脳裡に焼きついてしまった。

**********

10/6

今日は11時に起きてゆっくり出勤。 毎日こうだと楽なのに。
土曜日ということで有り難い忙しさ。榊原さんご来店。初めてお会いした。
睦子さんご来店。
若生さんご来店。
夕方静かになったので、パク・ワンソ「母さんの杭」を読む。これももう返却しなきゃなあ。
19時過ぎナツ早退け。夕食を作ってもらうことになる。
帰宅して夕食。サンマと栗の煮付け、山芋のソテー。
火星で概ね書いてあった曲にもう少し肉付けして「外はまっくら」という曲に仕上げる。先にスケッチ的に録ってあったデモの中で一番光っていた曲は発展して「悪魔の歌」となる(危うく『続・愛の沈黙』という題になるところだった)。

**********

10/7

連休の中日であったことに気付く。
日曜の仕込みが終わって解放された気分になる。
細谷さんがパク・ドヨンさんを連れてご来店。会話らしい会話は出来なかったけど、全身から魅力的なオーラを発している人物。燃えるネズミのTシャツはマジで欲しい。
藤野君に車で来てもらい米ヶ袋へ。今日の練習用にベースとアンプを運ばせてもらい大変助かった。
夜、少し店を抜けてネットカフェで밀양用に歌詞のプリントなど一気にしておく。
古川さん、貝羽さんと曲練習。大森さん、佐藤ゆかさん、純子さん、創一君が見学。
徐々に人が減り、最後は貝羽さんと2人だけになる。23時過ぎ、貝羽さんの驚異的な吸収力と忍耐力のおかげでデモ7曲録り終える。創一君のお土産の葡萄を食いまくりながら、北海道の話、派遣の話などして数々の奇遇に驚く。
帰宅後、録音したデモを編集してメンバーに送る。

**********

10/8

吹雪の中で着るものがない夢を見たが詳細は憶えていない。
14時台まで寝る。一旦8時台に目が覚めただけに残念。
今日返却しなければならない「ヒミズ」を観る。面白い。やはり、映画というのは面白くなければダメだと思う。諏訪太朗は本当に素敵だなあ。
もう暗くなった夕方にナツと出て、あちこち迷った末に東洋軒で食事。
ホルンで片付けしてから、一人SENDAI座二番館へ。山下耕作監督「緋牡丹博徒」を観る。お客は僕と藤野君と、もう一人知らない女の子。任侠映画はもともとほとんど観ていないけど、山下耕作は何故か80年代の「修羅の群れ」だけを観ていたのを後で思い出した。馴染みのないジャンル映画でも、若生さんのようなスペシャリストの解説付きだと理解が深まり楽しい。ここでも脇役の山本麟一に目が行ってしまう。
TSUTAYAに寄り22時過ぎ帰宅。外はすっかり寒くなった。
ここ数日の日記のまとめ、"Third Stone from the Sun"のアナログとCDのヴァージョン聴き比べ、メールの返信など。

2012年10月4日木曜日

エクステ・シークレットサンシャイン

10/2

9時台起床。朝から降っており肌寒い。朝市経由で出勤。
寒いし雨なので今日は静かだろうと思っていたが、有り難いことに忙しいお昼だった。
細谷さんご来店。思い切って金田一さんともども밀양に勧誘してみる。
夕方までしばらく静かになり、トッド本の続きを読み耽る。ミートローフの章は1本の映画になりそうなぐらい面白かった。大停電のオチも最高。早くXTCの章に辿り着きたい...。
夜、細谷さんから、お二人とも2日間参加OKという電話をいただき喜ぶ。
大森さん、若生さんご来店。
甲斐さん、清水さん、森君が来て、ポンコレラの取材を受ける。僕は専ら厨房から情報の補足などをする程度。ポンコレラおよびナツのこれまでの仕事が(ザッとではあるけど)回顧されるのは嬉しい。話を横で聞きながら、あんなのも、こんなのもやったんだけどなあと、余計な事を言いそうになるが、森君がけっこう余計な情報を付け足しまくってくれたのでいいか。
9:30頃終了し、ナツと萬寿山で夕食。えびチャーハンを頼んだらいつにもまして量が多い気がする。満腹となり帰宅。
園子温監督「エクステ」を観る。大杉蓮のフィルモグラフィとしては(色んな意味で)突出した作品と言えるだろう。
寝る前に久々にトム・ロビンソンの素晴らしさを思い出して、"Blue Murder"や"Glad to Be Gay"などに浸る。

**********

10/3

これはさすがに認めざるを得ない、というレベルの寝坊をする。が、不思議なものでどうにか開店までには支障なく間に合うものなのだ。
久美子さん来る。プロジェクター貸し出しの件。
午後に雨が上がるが、夕方まで静か。トッド本を読み進める。"Wave"の章が大きな山場となっている。夜にはXTCの章に突入していた。
今日はもう閉店してもいいんじゃないかと思うぐらい静かだったが、突如忙しくなる。健一さんを皮切りに、森君と原西さん、里ちゃんらご来店。あの局地的な忙しさは不思議だった。
19時過ぎ、ナツは火星での「みちのくらし」へ行くため早退け。
今日の最後のお客さんは岩住君。
帰宅後、また少したまってきたメールの返信をまとめて書く。
ナツ帰宅後、セル版「シークレット・サンシャイン」の特典のメインディッシュと言える音声解説つきで全編を観る。全体としては楽しい思い出話や技術的な裏話、演出論などが中心だったが、解釈を観客に委ねるような挑戦的なシーンについてのイ・チャンドンのコメントがことごとく心にヒットする。ラストシーンのコメントではついにナツ泣く。イ・チャンドンは本当に素晴らしいと思う。
ナツから「みちのくらし」の土産話を聞く。世の中には色んな人が居るなあ。

2012年10月2日火曜日

スタジオ黄金狂時代・愛のむきだし・斬る

9/28

10:30起床。明らかに寝坊していても、あまり慌てなくなってきたのは何故だろう。
朝市経由で出勤。あゆみに寄り、ずっと欲しかった「トッド・ラングレンのスタジオ黄金狂時代」を満を辞して購入。
今日は一日中肌寒く、小雨が降り続いた。
昨日に引き続き、仙台滞在中の田中さんご来店。そこへ戸田君ご来店。シュールな図である。そして今日は若生さん、里ちゃん、森君ととしお君など、友人率が高かった。有り難い事である。
暇な時間帯にちょこちょことトッドの本を読む。まださわりの部分だけどかなり面白い。
夜、ナツは恒例のデモへ。戻ってから、夕食を作る口実で20時頃早退けさせてもらう。SEIYUで買い物し帰宅、コンニャクと豚肉と豆苗と里芋の炒め物、ワカメと豆腐の味噌汁など作る。
ナツ帰宅し夕食。黒ニンニクというものを初めて食べる。何というか、中崎さんが好きそうな食べ物だ、という表現が最もしっくりくる味だった。
激流のようなメール連絡を深夜までこなす。映画も観られないのでストレスがたまる。

**********

9/29

10時過ぎ起床。完全に予定が狂ってしまっているが平然と朝市経由で出勤。
里ちゃんご来店、検査が終わってポーク単品。
夕方岩住君ご来店。ポーク単品。
以前芝居の打ち上げでお会いした高岩さんの友達の杉山さんご来店。岩手土産をいただく。
今日も暇さえあればトッド本を読む。トッドの鍵盤の弾き方が自分と同じであることや、その作法が独特の音列を考え出させていることを知る。やはり独学系の人は似通うのかもしれない。
火星で曲作り。7曲ほどスケッチのようなデモを録るが、この中からモノになるのは何曲だろう。
ホルンで遅い夕食を取り、1時過ぎ帰宅。「シークレット・サンシャイン」DVDの特典盤を途中まで観る。イ・チャンドン監督は小岩さんに似ている。

**********

9/30

今日は珍しく9時台に起きることに成功。出勤前の時間を有意義に使う。
お昼は出版がっこう御一行様がご来店、賑やかになる。純子さんにトロンボーン受け渡し。その場で吹いてみてくれたが充分イケている。
今日もトッド本を読む。ユートピアをまともに聴いたことがないので何ともいえないが、僕の知っていたトッド像からあまりにかけ離れており新鮮なのは確かだ。新鮮過ぎて気味が悪いぐらいだ。
帰宅後、「シークレット・サンシャイン」特典盤の続きを最後まで観てから、ETV特集の園子温を見る。「希望の国」の資金が国内だけでなかなか集まらなかったというのは、まあそうだろうなと思う半面、本当に情けないことだと思う。
「愛のむきだし」を観る。過剰で破格な映画であり、一歩間違うと全然ダメだけど、不思議と最後まで観てしまえるのは、多分に園子温の一貫した人間の性格描写に拠るところが大きいだろう。これだけメチャクチャな事をしていても、言っている事は「冷たい熱帯魚」や「恋の罪」と繋がっているのが凄い。
韓国のパク・ダハムという人とtwitterで交流。

**********

10/1

目が覚めて、まだ10時ぐらいかなと思ったら13時を回っていた。
夕方、ナツと出かけていろは横丁のレイションで食事。噂に違わぬクオリティの高さ。敷居は低く、贅沢な食事が出来る稀有な店だと思う。
ナツは人形制作のため帰宅。
ホルンで片付けなどして、ディスクノートへ行ってみる。今の所に移転してからけっこう経っているけど、行くのは初めて。中古盤の比率が増しているのがちょっと嬉しいが、一方で新品ジャズ棚の充実はテンションが落ちていなくて、目をみはるものがある。'66年のミシャハン、ピエト・ヌードワイクのライヴ盤があったので購入。河内さんとも久しぶりに話したけど、ちょっと前より優しい感じになったかな。偶然、郵便屋さんも入って来たりして、ほのぼのとする。
夜はSENDAI座へ。若生さんの二番館で三隅研次監督「斬る」を観る。時代劇は滅多に観ないので貴重な機会。雷蔵主演で時代劇と言っても、'62年ということで映像はかなりスタイリッシュ。ラストの城内の移動シーンなどは目眩をおぼえるほど過剰で、それまで繰り返されたどの殺陣よりも気迫がこもっている。
終了後、TSUTAYAに寄り道し、23時頃帰宅。
曲の作業をしなければならないのに、徒に時間が過ぎてゆく。こりゃまずいなあ。

2012年9月28日金曜日

大統領の理髪師・田中さん

9/26

10:15起床、10:25出勤。朝市でたまに中学生ぐらいの子が社会勉強みたいな感じで売り子をしていることがあるが、欲しい品物がある場所にそういう子が一人で立っていたりするとドギマギしてしまう。
15時過ぎ、今日は僕が早退けさせてもらう。SEIYUで夕食の買い物をして帰宅。
やめておこうと思いながらもネットを漁っているうち、XTC関連のトラックがどんどん出てくる。今日はPugwashの"Anchor"のリミックス、Peter Blegvadの"Peter Who?"(前にヤフオクで買い逃したプロモだ)などを見つけたが、極めつけはYouTubeの"Go 2"ツアーのサウンドチェック音源。全体が聴けないのが残念だけど、遊びで演奏しているイギーのカヴァーをアップしたところに茶目っ気を感じる。
ナツ帰宅、ベーコンとアスパラのスパを作る。
イム・チョンサン監督「大統領の理髪師」を観る。TSUTAYAから借りている残り1作がかなりの超大作っぽいので、これでワンクッション置こうと思ったのだが、実に思った通りの映画だった。ソン・ガンホとムン・ソリが観たくて借りたわけだが、大統領役が「シークレット・サンシャイン」で犯人役だったチョ・ヨンジンだったのは面白かった。
ひょんな事情で、岩本清顕「SOUGI」を久々に通して聴く。

**********

9/27

何かローカルなフェスに参加する夢。商店街の一角に広場があって、ステージの設営を手伝う。きつい肉体労働だが、僕は不思議と全然疲れないので、一人で5人分ぐらいの働きをして他のスタッフを感心させる。フェスで演奏もすることになっている筈だが、タイムテーブルも何も知らない。広場に面したスーパーみたいな建物の中に、スタッフ・出演者用に100台ぐらいベンチが並べられている場所があって、調子に乗ってベンチの上をピョンピョン飛んで走る。ベンチには色んな人の荷物や機材などが置かれており、そういうものを巧みによけて走っていくと、ずっと端のベンチに関さんが座っているのを見つける。関さんはベンチに座って、屋外に設置されたステージでサウンドチェックが始まっている様子を退屈そうに眺めている。

10:10起床。ギリギリセーフだ。朝市経由で出勤。今日も八百屋に坊主が居た。
木曜日の昼なのに割と忙しい。森君や藤野君ご来店。連続で仕込みをしたらすっかり疲れてしまった。
Affaire Louis Trio、Lilac TimeのCDが届く。これでアンディとコリンのゲスト参加曲はコンプリートしたことになる。実はそんなに沢山は無いのか?
夜、僕もナツも強烈な睡魔に襲われ、往年の「むらまつ」状態に陥るが、20時頃、前野一家と田中美穂さんの来訪がありすっかり目が覚める。田中さん(髪型が変わっていた!)からお土産をいろいろ頂く。若生さんも途中参加し飲み会となる。見た目は完全にスナック。22時過ぎまで歓談していたが、ナツに後を任せて先に帰ることにする。
帰宅して今日届いたCDを聴き、XTC業務と밀양業務を同時進行で行なう。ナツは深夜に帰宅。
小西さんとのメールのやりとりは、10代の頃の文通の日々を思い出して楽しい。
 

2012年9月26日水曜日

父の地・友へ チング・グリーンフィッシュ・9seeds・Live at Jerry Jeff

9/23

10:30起床し、バタバタと出勤。
今日は一日雨で静かな日曜日だった。「韓国映画史」をちょこちょこ読む。
朝から体調悪く、夕方に極まってきたので、16時過ぎに早退けさせてもらう。
帰宅後、今日届いた"The Big Express" UK盤円形ジャケLPを開けてみる。UK盤はなぜか通常ジャケを先に持っていた。寝ながら、先日届いた「ブラック・シー」LPを通して聴いたら元気になってきた。ネットでLighterthief、Charlotte Hatherleyなど漁る。Lighterthiefはもうちょっと謎が残っているけど、疑問に思っていた沢山のことがあっさり氷解してしまった。
ナツ帰宅、納豆とオクラのおじやを作ってもらう。
来月から年末にかけての밀양、yumboの情報を整理してアップ。連絡関係も心に引っかかっていたが大方済んだ。まだまだ考えねばならないことは沢山あるなあ。

**********

9/24

11時過ぎに目が覚めたら、布団の上に猫が2匹乗っており全く身動きが取れなかった。体の節々が痛い。
米の配達があるため12時までにホルンへ。簡単な仕込み、片付けなど。
14時までに米が届く筈だったが一向に来ないので問い合わせると、どうやら僕が着くほんの少し前に来ていたらしく、再配達を頼み、結局15時半まで待つことになった。おかげでイム・チョルウの短篇「父の地」を読むことができた。
TSUTAYA、あゆみ、タワーなど経巡って帰宅。ナツは人形のブツ撮りで出かけていた。
少しずつ曲の案を整理する。
ナツ帰宅。五目タンメンを作る。
クァク・キョンテク監督「友へ チング」を観る。大ヒット作ということで、チャン・ドンゴンが出ていたりする。サンテク役のソ・テファは高校生時代の方がカッコイイな。

**********

9/25

10時台に起床、朝市経由で出勤。
15時頃、伊藤さんご来店。芝居用にナツが外注されていた人形を納品。完成までにかなりの苦労をしたので、労いに早退けしてもらう。
閉店までに里ちゃん、若生さん、皆木さんと10/13の共同企画者である貝羽さんらがご来店。貝羽さんもすかさず밀양にお誘いする。
帰宅後、DVDを購入してあったイ・チャンドンのデビュー作「グリーンフィッシュ」を観る。ためてためて観ただけあって、絶食後の味噌汁のように沁みる作品だった。処女作ということで、さすがにアラもチラチラ見えるが、そんなものは何の障害にもならない。素晴らしいフィルムノワール。それにしても、ここから「ペパーミント・キャンディー」への跳躍は凄い。
就寝前に、今日小西さんから届いたjugzのダイレクトカッティング7"「9seeds」と、金子さんのCD-R「Live at Jerry Jeff」を聴く。jugzのEPはCD-Rで既に聴いていた作品で、今のところ最高傑作だと思うが、アナログは気の毒になるほど盤質が悪い。しかしながら作品の放つ愛らしいオーラが音の悪さを補って余りあるものがある。一平さんのジャケも美しい。
金子さんのライヴ盤は驚愕の内容だった。こんなに面白く、こんなに孤独で、こんなに美しい音楽はまたとあるものではない。

2012年9月23日日曜日

From Germ to Gem・恋の罪・焼紙

9/19

また出勤予定時間寸前に目が覚める。出勤予定時間を設定するのをやめよう。
お昼に伊藤さんご来店。伊藤さん以外は始めてのお客さんが多かった気がする。
15時過ぎ、今日は僕が早退け。J&Bに寄り、MMの'92年5月号を50円で購入。SEIYUで買い物をして帰宅。
速度はやけに遅いが、今日はネットが途切れることはなかった。
昨日届いていた"Dear God" UK12"を開ける。
午前中から小雨が降ったり止んだりしていたが、夜になって一時本降りとなる。
22時頃ナツ帰宅。冷やし中華を作る。
小西さんに長いメールを書く。
かえる目が「魔法が使えない」をライヴで披露したという情報。曲を提供して自分が演奏に参加しないという事は、プカプカの「テレビ」以来だ。
「怒り新党」をチラチラ見ながらXTC業務。ハチクマが珍しくびしょ濡れになって帰って来る。
アンディが"Gonwards"からの新しいPVをアップ。早く通して聴きたいものだ。

**********

9/20

10時起床、10時10分に出勤。
久々にレバーを仕入れたので、"Apple Venus Vol.1"を聴きつつ張り切って仕込む。
人形制作の仕事が佳境に入っているため、今日はナツが早めに早退。
田多さんご来店。自分が来月出演するイベントの事を教えてもらう。
八巻さんと森君ご来店。
かえる目の「魔法が使えない」は、録画も録音も残っているとのこと。早く聴いてみたい。
TIFFで上映される岩淵さんの映画が情報解禁となる。
最近落札したDuffyのCD "I Love My Friends"と、"Black Sea"の日本盤帯が届く。Duffyはともかく、"Black Sea"の、この黄緑の紙袋、紫の帯を眺めていると、何ともいえない感慨をおぼえてしまう。帯付きはまだ「気楽に行こうぜ」が残っているけど、個人史的には、コレクションにようやく一つの区切りがついた気がする。
夜は少しばかり忙しくなり、藤野君や森君が来てくれたけどカレーが終わっていて申し訳なかった。
帰宅して食事。返却が明日なので「恋の罪」を観る。「冷たい熱帯魚」のショックが強過ぎたので、むしろ園子温を警戒していたのだけど、「熱帯魚」同様、これも偶然予告編を観て「おおっ、面白そうだ!」と借りてしまった。そして当然のように面白かった。冨樫真という女優の悪魔のような怪演が突出して素晴らしいが、この人は後で調べたら仙台出身らしい。しかも「CURE」や「BROTHER」にも出ていた。また観直さないと。

**********

9/21

8:30に目覚ましで一度起きるが、猫と金魚に餌をあげてから、またバッタリと寝てしまった。ハチクマに何度も顔をパンチされるが起きられず。結局10時起床、小雨の降るなか即出勤。
金曜ということで昼はまずまずの忙しさ。
Martin NewellのCD "The Greatest Living Englishman"が届く。仙台に来たばかりの頃に新譜で買った記憶があるが、手放してからずいぶん聴いていない。
図書館で借りたイ・チャンドンの短編「焼紙」を途中まで読む。
18時頃、ナツは恒例のデモへ。20時頃戻り、前野親子ご来店。
閉店後、ナツとゴリラ食堂で食事。麻婆豆腐定食。
帰宅して図書館から借りたキム・ミヒョン編「韓国映画史」を読み始め、いつの間にか寝てしまった。

**********

9/22 

昨日は恐らく0時前には眠っていたようなので、今朝は寝覚めが良く9:30起床。
今日が秋分の日であることをすっかり忘れており、朝市へ行ってしまう。もちろん休み。
夕方ぐらいまで、割と切れ目なく忙しい土曜日。こういう日があると本当にホッとする。
先日落札した矢口博康 "Gastronomic" CDが届く。XTCのファンを30年以上やっているけど、これはまだ聴いたことがなかった。哲雄さんから、先日こちらから送ったCDRへの「お礼」として、自作のCDRが届く。
創一君、みかささんらご来店。
イ・チャンドンの「焼紙」を読了。非常に完成度の高い芝居を観ているような、そのまま面白い映画になりそうな、想像力を掻き立てられる一篇。これが収録されている「現代韓国短篇選 下」は他の作家のも面白そうだが、残念なのは、イ・チャンドンの単体の小説がまるで日本で出版されていない(少なくとも今は『オアシス』のみ)ことだ。
夜、以前にも来て下さった金子さんというお客さんから、畑で穫れた野菜をたくさん頂く。三尺ささげ、四角豆、イタリアンパセリなど、珍しいものが多い。
20時頃早退けし、SEIYUで買い物をして帰宅。
哲雄さんのCDRを聴く。2分弱の短いトラックが3曲だけ入っており、バンドなのか重ね録りなのか不明だが、すべてスリーピースで演奏されている。単音のシンプルなギターのリードが奏でるメロディーはいたって柔和だが、音色や演奏の荒々しさが音楽を特別なものにしている。
ナツ帰宅後、夕食にいんげんと三尺ささげとワカメの味噌汁、麻婆茄子(四角豆入り)を作る。
滞っていたメールの返信など書き、あとはひたすらXTC業務。もうちょっとで밀양の作業に腰を据えてかかれそうだ。


2012年9月19日水曜日

live for today・しとやかな獣・親切なクムジャさん

9/16

今日はややギリギリに起床。出勤してバタバタと仕込み。
ハヤケンがjugz小西さんとかおりさんを伴ってご来店。jugzのお二人とは'08年のペンギンハウス以来。
昼のピークを過ぎたら静かになったので、ハヤケンの車に同乗させてもらいチフリグリへ。小西さんの仙台時代の話、レコード屋の話など。
会場入りしてからハヤケンは我々を降ろして自分の機材を運びに行く。特にすることもないので、小西さん達と歓談。かおりさんの学生時代のいい話に感銘を受けたり、若かりし頃の小西さんがホールでパンクロックを演奏した話にゾクゾクしたりする。
仕込み中、記録の布田さん来る。
リハの段階で、ハヤケンが自宅から運んでくれたオルガンが半音低い設定であることが判明。急遽半音上げでやることになる。練習で培ったものを土台からひっくり返される感じで、けっこう楽しい。
濱田さん、大久君、小野君、塚本さんらと行き会う。店を終えて超特急でナツも駆けつける。
ハヤケン、井上さんとのトリオで演奏。音響とIncusが混ざったような事をやろうとして大失敗するが、全体としては努力の甲斐があった演奏になったと思う。僕の超能力(曲順構成)はどうだったのだろうか。
続いてjugz。1曲目が始まり、小西さんが歌い始めた途端に、チフリグリが円盤っぽくなる。一方で、小西さんの歌って、こんなに金子さんっぽかったっけ...とも思う。演奏が進むにつれて、子鹿のような目をしたかおりさんのサポートの美しさに魅了される。アンコールを含むラスト5曲ぐらいが名曲揃い。さんざん突き放し続けて、最後に熱い抱擁が待っているという、素晴らしい構成。ハヤケンも最後にバンジョーで頑張った。
撤収ないしダラダラした歓談が全て終わると0時になっていた。ハヤケンの車にオルガンなど機材を積み込みチフリグリを辞す。駅前で小西さんたちと別れ、ハヤケンにホルンまで送ってもらう。長く楽しい一日だった。
帰宅後はやはりXTC業務。

**********

9/17

12時起床。風が強い。
メールの返信など。そろそろ自分のライヴの事を真剣に考えねばならない。と思いつつ午後のほとんどの時間をXTC業務に費やす。
17時頃先にホルンへ行き片付け、在庫チェックなどする。18時過ぎナツと合流してSENDAI座へ。若生さん主宰の二番館、記念すべき第一回「しとやかな獣」を観る。精巧な舞台芸術を観るような緊張感が漲る時間。若尾文子はもちろんいいんだけど、浜田ゆう子がとてもいい(『いい』の基準がムチャクチャになりつつあるけど)。船越英二は最後に子鹿のような目をして全てを台無しにする系の弱気キャラで最高。若生さんセレクト、次も楽しみだなあ。
ナツは仕込みがあるため先に帰宅。
パク・チャヌク監督「親切なクムジャさん」を観る。「復讐者に憐れみを」の、あの静謐かつ絵画的な演出や構図は何だったんだと思うぐらいスラップスティックな作りに当初は不安をおぼえたが、やっぱり役者がみんな面白いし、物語の中の仕掛けや人物の関係性は意表を突いていて、凝り過ぎの感もあった「オールド・ボーイ」よりも面白い作品だと思う。
ネットは今夜も不調。

**********

9/18

怖い夢。家の押し入れの中に古いボストンバッグがあって、開けてみたら何年も前にTSUTAYAから借りたVHSが大量に出てくる。延滞金を計算しているうちに目が覚めた。
9時台起床。今朝もネットの繋がりが悪い。10時出勤。
若干予想はしていたが、静かな火曜日。ナツ夕方に早退け。
夜、藤野君ご来店。11月の詳細について。
帰宅、夕食。震災後初めてだと思うが、SEIYUで買った刺身を食べる。チリ産のトラウトサーモンなんて以前はまず買わなかったと思うが、今はとんでもなく美味いと思う。
ネットの繋がりは最悪の状態。繋がったり切れたりを数十秒置きに繰り返して、作業がほとんど進まず四苦八苦する。
小西さんから嬉しいメールをいただく。

2012年9月16日日曜日

ハヤケン練習2・贖罪・冬の小鳥・哀しき獣・復讐者に憐れみを

9/6

(日記をしばらく書けずにいたため、この日の記憶はほとんど飛んでいて書けない)
夕方ナツ先に帰る。
帰宅すると、自宅のADSLの接続が切れていた。
The Helium Kidzや初期XTCを聴きまくる。
寝る前に「チョークヒルズ・アンド・チルドレン」を読み返す。

**********

9/7

朝、プロバイダに電話し窮状を訴えるが、いろいろ考えた末、これはもうプロバイダを変えた方が良いという結論に達する。
忙しい金曜日だったが、僕は今日は木曜日だと思い込んでいた。ショック。
"Life Begins At the Hop" UK7"届く。クリア・ヴァイナル。
昨日捨て忘れた燃えるゴミを一旦家へ持ち帰り、再び店へ。
夕方、ナツは毎週恒例のデモへ出かける。
藤野君ご来店。ここ数日超多忙だったらしい。
21時、ハヤケンと井上さんが来て2回目の練習。曲が更に追加され、全体の構成なども一緒に考える。超能力を発揮。合間に大月さんの凄い話など聞く。通し練習までやったら2時を回っていた。
井上さんが帰ったあと、ハヤケンと雑談。話し込むうちに4時になっていた。
帰宅してそのまま寝床に直行して倒れていたら、ハチクマがおずおずとやってきて甘えるので感動する。

**********

9/8

10時過ぎ起床。朝市経由で出勤。
今日はジャズフェスということでお客さんの出入りが激しい。連続仕込みも相俟って、夕方にはヘトヘトになってしまった。
創一君がマックス・ツンドラとヒゲの未亡人のフライヤーを持って来る。イ・チャンドンの話などする。
19時頃、僕が眠気のピークに達しているのを見かねて、ナツから早退けを許される。
帰宅後、今日届いたレコードを開けると、"Wait Till Your Boat Goes Down"のオランダ盤ジャケ違い7"、"Too Many Cooks In the Kitchen" 7"、"Go 2"日本盤帯だった。
ナツ帰宅後、ある種の特別な人についての話題で盛り上がる。

**********

9/9

9:30起床。朝からXTC業務。
去年のジャズフェスの日のデータからすると、1日目ほど忙しくない筈...とたかをくくっていたら、とんでもなく忙しかった。もう何が何だか分からないぐらい忙しいので、訳の分からないミスを連発する。岩住君や大森さんが来るが、全く余裕無し。
夜、てるてさんご来店。밀양について解説しながら、「ああ、そういうことなのか」と自分で思ったりする。
脱力して夕食。ナツはコーヒーを飲んで帰りたいと言うので先に帰宅。
XTC業務の続き。他にやる事が山積している気がするけど。

**********

9/10

11時頃起床。
午後、ナツと熟考の末、ベニーで昼食&コーヒー。
朝市で買い物し、TSUTAYA、ブックオフ、タワーなど巡る。夕方店へ。ナツも来ておりダブル仕込み作業。合間に北仙台のTSUTAYAへ返却に行く。普段通らない道を、ゾクゾクしながら通って戻る。
仕込み終えて先に帰る。広瀬通りのTSUTAYAに寄り、目当てのものをスバヤク借りる。SEIYUで夕食の買い物。
今日届いた"Rag & Bone Buffet 4-Song Sampler"を聴く。
ナツ帰宅後、冷やしとろろそば作る。めんつゆの割合を間違えてしまったうえに茹でたそばが多過ぎて大変な事になる。
「贖罪」を観始める。今日は第三話まで。蒼井優の第一話はいろいろ無理がある気がしたが(もちろんそこが面白いといえば面白い)、小池栄子の第二話がかなり面白い。原作を読んでいないけど、ストーリーはかなり変えてるんだろうなあ。第三話は安藤サクラや加瀬亮の怪演が非常に好ましく、キョンキョンが霞んでしまう。名物・諏訪太朗もやっぱり出てきた。「ぐるりのこと。」の鍋のシーンの女優も出てきた。

**********

9/11

微妙に寝坊して10時台に朝市経由で出勤。
ペースが落ちるかと思ったけど今週の火曜日もなかなか忙しく有り難い。追加仕込みなどする。
"The Meeting Place" UK7"の通常ジャケ版が届く。初めて見たけど変な感じだ。
討議の結果、今週も交替で休むことになり、今日は僕が15時過ぎに早退け。ネットカフェに寄り、たまっていたメールの返信を一気に送る。
SEIYUで夕食の買い物をして18時頃帰宅。ちよじにカリカリを与えてバッタリ寝る。20時頃目が覚め、ゴーヤチャンプルーと味噌汁を作る。
「贖罪」第四話と最終話を観る。洞口依子がいつ出てくるんだろうと、最後のシーンの最後のショットまで期待して見守っていたが、結局出てこなかったのが、唯一残念な点だったけど、久々に黒沢清を堪能できて満足。

**********

9/12

珍しく寝起きが良く9:45に颯爽と出勤。仕込み中にザーッと降ったがすぐに止んだ。
水曜日ということでさすがに静か。
イ・チャンドンの「グリーンフィッシュ」DVDが届く。早く観たいなあ。
今日はナツが夕方で早退け。歌詞の構想など練る。
帰宅後、ナツ作のバジルチキンスパを食べる。
ウニー・ルコント監督「冬の小鳥」を観る。もともと子役主体の映画というものに不信感があり、ほんの箸休めのつもりで借りてきた映画だが、予想を気持ちよく裏切ってくれる快作だった。子どもの演出が上手いというのは得難い才能だと思う。

**********

9/13

出勤しようと思っていた時間ぴったりに目が覚め、5分で家を出る。朝市経由で出勤。
今日も木曜日ということで静か。夕方には先に帰ることにする。
以前から買おうと思っていた、カメラ付きPCMレコーダーを見にヨドバシへ。シャッターが閉まっていて、「あれ?休みなのか?」と思ったら、対岸に移転していた。全然知らなかった...。目標のレコーダーをすぐに発見し、スキルフルな店員さんに協力してもらい三脚も一緒に購入。
帰宅して、録音、録画、編集など一通り操作してみる。
ナツ帰宅後、ナ・ホンジン監督「哀しき獣」を観る。全体に漂う悲壮感が圧倒的。「チェイサー」もそれなりに面白かったけど、この人は次はどういう映画を撮るのだろう。

**********

9/14

今日もギリギリに起床し、5分で家を出る。朝市経由で出勤。
キム・ジュンミを景気良く流していたら、お昼に関さんのお母様がご来店。お会いするのは初めて。お父様の天ぷらの話など。
今日も金曜日にしては静か。ちょっと心配になってきた。
"Thanks for Christmas"の日本盤CDシングルが届く。美品。
関さんのお母様も驚いたが、柴田君が奥さんと来てくれたのは心底ビックリした。柴田君も僕の店だと知らずに来たので、驚いているようだった。8年振りだけど、話し方が全然変わっていなくて嬉しくなる。
18時頃、ナツは新しいプラカード人形を携えてデモへ。
閉店直前に森君ととしお君ご来店。久しぶりにホットサンドを作る。
TSUTAYAに寄って帰宅。ナツも間もなく帰宅。
パク・チャヌク監督「復讐者に憐れみを」を観る。ちょっとボンヤリしたところもある映画だけど、最終的にはこれもコーエン兄弟的な事件の見せ方のバリエーションなのだと思うことにする。

**********

9/15

9時台に起床。余裕がある!朝からXTCを聴く。
朝市経由で出勤。残念なことに鶏レバーが品薄で買えず。最近どうも巡り合わせが悪いな。その後、アーケードでチンドン屋と遭遇する。狸小路ではしょっちゅう見かけたけど、仙台でチンドン屋を見たのは初めてかもしれない。クラリネットは無く、アコーディオンがリードを取っており、パーカッション、ウクレレなどを使っていた。
須貝さんご来店。須貝さんはカッコイイ。俳優みたいな風貌だなあ、と改めて思う。忙しくてほとんど話せず残念。
夕食を作るため18時頃先に帰宅。午前中に届いていた新プロバイダのモデムを繋いで9日振りにネットが開通。さっそくメールの返信などを書きまくる。
今日届いた"Radios In Motion" USプロモCDを聴いてみたら、"Dear God"がかなりおかしな事になっていて興味深い。これは予想してなかったな。
回鍋肉、豆腐とワカメの味噌汁を作る。ナツ帰宅し夕食。
ネットが復活したので、10日分の日記をまとめる。振り返ってみると、XTCと韓国映画の事しか頭に無い奴みたいだ。事実そうなのか?